セカンドストリートの買取基準外とは?【コピー品、偽物ではない】

買取のこと
こんな悩みを解決できます・セカンドストリートの買取基準外とは
・「買取不可」と言われた理由
・売れなかった商品で「やらないほうがいい」こと

ここでは、セカンドストリートの買取基準外について解説します。洋服の買取で利用する人なら、少なくとも一度は言われた経験があるのではないでしょうか?

「状態も悪くない」「正規店で購入した本物に間違いない」のに、なんだか後味もよくないですよね。

さる
さる

僕は何十回と売っていますが、もう日常茶飯事…

スポンサーリンク

セカンドストリートの買取基準外とは?【コピー品、偽物ではない】

結論からいうと、セカンドストリートの買取基準外とは「各店舗で決められた基準に満たない品物」のことです。

基本的に多くのリサイクルショップでは、下記のような「査定時のルール」を設けています。

査定する上でのルール

  • どんな状態なら買うのか
  • タグの縫製はどうなっているか
  • 付属はどこまで揃っているか

もし決めたルールに1点でも基準と合わない場合は、店頭もしくはオンラインストアでの販売をおこないません。

買取基準外は偽物ではない

また誤解をされることが多いですが、買取基準外と判断されたものは必ずしも偽物という訳ではありません。
たまたま査定を依頼した洋服やブランド品が、「セカンドストリートの基準に合わなかった」ことが要因です。

買取基準外と判断される商品には、いくつか特徴があります。

買取基準外となる品物例

  • 海外ブランドの洋服で日本語表記タグがない
  • 品質表示タグが切られている、見当たらない
  • 本来の商標側が縫い付けるタグと大きく異なる、など

細かくすると何十箇所もありますが、ここではセカンドストリートで経験した実例をあげてみました。

さる
さる

タグなしZARAの記事も参考になると思います。

基準外判断の後に「やるべきでないこと」

基準外商品をどう処分するべきか、迷ってしまうケースもあります。
先ほども紹介しましたが、基準外は絶対に偽物という訳ではないです。

ほかの人気業者、街の小規模のリサイクルショップなら、買い取ってくれる可能性もあるでしょう。

さる
さる

ただし、基準外商品を売らないほうが場所もあるため注意が必要!

フリマアプリでは売ってはいけない

セカンドストリートで買取基準外と判断された品物を、フリマアプリで売るのは絶対にやめましょう。

というのも、基準外と言われたものは「本物なのか、偽物なのか」が不確かです。
メルカリやヤフオクで販売するのは、規約違反となります。

フリマアプリでルール違反をした場合、売り上げ金の没収、アカウント停止、場合によっては刑事告訴となる恐れがあります。

さる
さる

個人で販売されている場合は、何も事情を知らずに売ってしまう可能性があります。

ほかの買取業者で鑑定をして売る

個人でメルカリ等を利用して売りたい場合は、何件か買取業者で鑑定をしてから出品するようにしましょう。
鑑定するときのポイントとして、AACDと提携している業者が好ましいですね。

AACDとは、全国のリサイクルショップが提携する「コピー品の排除をする団体」です。

加入する業者なら、信用性が高まります。
購入場所の記載、証明写真の有無にもよりますが、メルカリで出品削除される可能性が低くなります。

さる
さる

信用も上がれば、売れる確率もあがりますね!

まとめ

セカンドストリートの買取基準外に紹介させていただきました。

セカストにて買取基準外と言われても、すぐに商品を処分したり、鑑定せずにフリマ出品するのは控えましょう!

手順をまとめますが、まず何軒か別業者で査定してください。
すべて基準外の判断なら、本物、偽物に関わらず売るのはNGです。

正規店で買われたものは問題ないですが、ショッピングモール内のあるインポートショップ、中古で手にした商品は、一度鑑定しておきましょう!

タイトルとURLをコピーしました