状態?ブランド?セカンドストリートでよく見る「衣料ABC」の意味

生活のこと

当記事の内容・セカンドストリートの「衣料A」「服飾B」などのランクについて

・ランクは、どのように買取査定に影響しているか

セカンドストリートの「査定見積もり書」「商品プライスタグ」で、衣料A、衣料B、服飾Bといった項目が気になっている方も多いのではないでしょうか。ブランドや状態に関することなのか、よく利用する方なら知っておきたいですよね。

今回は「セカンドストリートに記載されたアルファベットの意味」について解説します。場合によっては「買取にも使える内容」です。ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

状態?ブランド?セカンドストリートでよく見る「衣料ABC」の意味

初めて利用した、もしくは普段からタグに目を通してない場合、「衣料ABC」の意味が良くわからないですよね。ABCという時点で「状態のランク」と思われている方も多いです。でも、実はそうではありません!

衣料ABCは、セカンドストリート独自の「アイテムランク」

本題ですが、プライスタグや見積り書に記載されたアルファベットの意味は、「セカンドストリート独自のアイテムランク」です。
アイテムランクとは、以下のように当てはめられます。

  • 衣料A:買取、販売する店舗で、ブランドのアイテムとして扱うもの
  • 衣料B:ブランドでも、デザイン、状態、サイズによって、見切り品として販売するもの
  • 衣料C:ブランドでも、デザイン、状態、サイズによって、ノンブランドとして扱うもの

こちらの内容は「セカンドストリートのスタッフに聞いて確認」をしたものです。ただし、完全に一致している訳でもないため、あくまでも参考としてくださいね!

セカストの店舗ごとでも異なる

アイテムランクは店舗ごとで異なり、ある店舗が衣料Aと判断しても、別の店舗では衣料Bになることがあります。様々なスタッフが「査定、値付け」をおこなっている時点で、当然かもしれませんね。1回、1回、セカンドストリート本部にアイテムランクの確認などしていられないでしょう。

このランク付けに関して一つ言えるのは、購入をする場合は「あまり気にするようなことでない」ということ。むしろ、衣料C(ノーブランドコーナー)の商品では、掘り出しものがよく見つかりますよ!

買取査定で、人気ブランドが衣料Cになった場合

先ほどは「商品の購入」を例にした話でしたが、買取査定の場合はすこし話が変わります。もし、自分が高額で売れると思ったブランドの洋服が、「衣料Cで、100円という査定」だとしましょう。まず最初に「店舗、スタッフ」の査定を疑ってしまいますよね!

正直、珍しいことではありません。何度かセカンドストリートで買取を利用していますが、このような査定は日常茶飯事です。

衣料Cになったケース※過去の実体験

これは2〜3年前に、不要となった「リーバイス、チャンピオン」を持ち込んだときの話です。

商品1:リーバイス / LEVIS 66前期(1960s)ビンテージ
買取価格:衣料C→500円 状態により

商品2:チャンピオン / CHAMPION リバースウィーブ 90s
買取価格:衣料C→500円 状態により

査定に少し違和感はありましたが、何も気にすることなく持ち帰りました。メルカリ中心で、リサイクルショップの買取に慣れていない人だと、正直「開いた口が塞がらない」かもしれません。※その店舗では、今も買取や買い物で利用させてもらってます。

意外な洋服に値段がつくこともある

逆に、状態やブランドがあきらかに衣料Cレベルの品を、意外な値段で買い取ってくれる場合があります。店舗によって異なりますが、これはセカンドストリートに限らず、どの業者でも言えることですね!それだけ、リサイクルショップの衣類買取に「ハッキリした相場がない」ということです。

今まで、「メルカリが一番」と思っていた人は、ぜひ一度お店にも足を運んでみてください。買取やお買い物で、意外な結果が待っているかもしれませんよ!

セカンドストリートの衣料ABCまとめ

衣料ABCのことで「どうしても聞いてみたいことがある」場合のみ、スタッフに尋ねてみるのが良いでしょう。おおまかであれば、教えていただけると思いますよ。

まとめると、アイテムランクについては深く考える必要はありません!そあまり神経質にならず、楽しんで利用していただくのが一番ですね。

タイトルとURLをコピーしました