状態?ブランド?セカンドストリートでよく見る「衣料ABC」の意味

生活のこと

当記事の内容・セカンドストリートの「衣料A」「服飾B」などのランクについて

・ランクは、どのように買取査定に影響しているか

セカンドストリートの「査定見積もり書」「商品プライスタグ」で、衣料A、衣料B、服飾Bといった項目が気になっている方も多いのではないでしょうか。ブランドや状態に関することなのか、よく利用する方なら知っておきたいですよね。

今回は「セカンドストリートに記載されたアルファベットの意味」について解説します。場合によっては「買取にも使える内容」です。ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

状態?ブランド?セカンドストリートでよく見る「衣料ABC」の意味

初めて利用した、もしくは普段からタグに目を通してない場合、「衣料ABC」の意味が良くわからないですよね。ABCという時点で「状態のランク」と思われている方も多いです。でも、実はそうではありません!

衣料ABCとは「セカンドストリート独自のアイテムランク」

本題ですが、プライスタグや見積り書に記載されたアルファベットの意味は、「セカンドストリート独自のアイテムランク」です。アイテムランクとは、以下のように当てはめられます。

  • 衣料A:買取、販売する店舗で、ブランドのアイテムとして扱うもの
  • 衣料B:ブランドでも、デザイン、状態、サイズによって、見切り品として販売するもの
  • 衣料C:ブランドでも、デザイン、状態、サイズによって、ノンブランドとして扱うもの

こちらの内容は「セカンドストリートのスタッフに伺った内容」のため、信憑性も高いです。

さる
さる

ただし完全に一致している訳ではないため、あくまでも参考としてください!

セカストの店舗ごとでも異なる

アイテムランクは店舗ごとで異なり、ある店舗が衣料Aと判断しても、別の店舗では衣料Bとなるケースがあります。多数のスタッフが「査定、値付け」をおこなっている時点で、当然といえば当然です。

値付けや査定をする度に「セカンドストリート本部にアイテムランクの確認」などしていられないでしょう。ランクに関して一つ言えるのは、商品購入なら特別気にしなくてOKです。

さる
さる

むしろ、衣料C(ノーブランドコーナー)の商品には、掘り出しものがよく見つかります!

買取査定で、人気ブランドが衣料Cになった場合

先ほどは「商品の購入する場合」の例でしたが、買取査定だと話が変わります。もし自分が高額で売れると思ったブランド服が、衣料Cで「100円」の見積もりだとします。この時点で「店舗、スタッフ」の査定を疑ってしまいますよね!

正直、相場が高いものや人気ブランドが衣料Cとなることは珍しくありません。これまで何度かセカンドストリートで買取利用していますが、日常茶飯事です。

衣料Cになった実体験

2〜3年前に着用しなくなった「リーバイス、チャンピオン」を持ち込んだときの例です。

 

  • 商品1:リーバイス / LEVIS 66前期(1960s)ビンテージ
    買取価格:衣料C→500円 状態により
  • 商品2:チャンピオン / CHAMPION リバースウィーブ 90s
    買取価格:衣料C→500円 状態により

 

査定に違和感はありましたが、何も気にすることなく持ち帰りました。リユースショップの買取ではなくフリマアプリばかりで売られる方は、ときどき「開いた口が塞がらない」体験をするので覚悟してください笑。

さる
さる

ただし、その店舗では今でも買取や買い物で利用させてもらってます。

意外な洋服に値段がつくこともある

一方で、状態やブランドがあきらかに衣料Cレベルの品を「意外な値段で買い取ってくれる」場合も。もちろん店舗によりますが、セカンドストリートに限らずどの業者でも言えますね!それだけ、リサイクルショップの衣類買取に「ハッキリした相場がない」ということ。

今まで「フリマアプリが一番」と思っていた方は、ぜひ店頭にも足を運んでみてはいかがでしょうか。買取や買い物にて、意外な結果が待っているかもしれません!

まとめ

セカンドストリートのABCの意味について話してきました。

衣料ABCのことで「どうしても聞いてみたいことがある」場合は、スタッフに尋ねてみましょう。企業秘密のためハッキリとは答えてもらえませんが、おおまかであれば教えていただけます。

繰り返しですが、アイテムランクについて深く考える必要はまったくもってありません。あまり神経質にならず、楽しんで利用していただくのが一番ですね!

タイトルとURLをコピーしました