ビジネス本を売るならメルカリとブックオフどっちがおすすめ?【比較】

本を売るならメルカリとブックオフどっち生活のこと

読み終わった本をメルカリで売ろうか、ブックオフで売ろうか、迷うことも多いのではないでしょうか。とくにビジネス書や自己啓発本は最もコスパの良い自己投資と言われますが、それでも毎月のように買うとなれば結構な金額になりますよね。

そこで今回は、ビジネス書を売るならブックオフとメルカリはどっちがおすすめか、ブックオフ常連かつ、メルカリ歴5年目のベテランが徹底比較します。

スポンサーリンク

ビジネス書を売るならブックオフとメルカリどっちがおすすめ?【比較】

さっそく結論からいうと、ビジネス書や自己啓発本が高く売れるのは「メルカリ」です。そもそもブックオフの買取とメルカリを使った売買は「条件がまったく異なる」ため、価格の面では比較ができないんですね。

メルカリとブックオフの売買をおさらい

なぜフリマアプリのほうが高く売れるのか、メルカリとブックオフの基本をおさらいして見ていきます。

メルカリ売買

メルカリとはいわば「個人で売買できる場所が借りられる」アプリです。仲介業者に位置するのはメルカリとなります。

商品が売れたらメルカリへ手数料を支払うことで、販売金額が手元に入ります。手数料は10%で、300円なら30円、1000円なら100円(送料除く)。

また送料は込みと着払いで好きな方を選べます。

ブックオフの買取

対してブックオフは、消費者から不要な品を「買取して販売する」リユースショップです。仲介業者に位置するのはブックオフとなります。

買取もしくは商品を販売するためには、「査定スタッフ」「商品化スタッフ」「レジスタッフ」といった人件費のほかに、光熱費、土地代などの「運営費用」もかかります。これらがブックオフの仲介手数料となり、販売金額の〜3割程度(本の場合)の見積もりになります。

仲介業者の立ち位置が異なる

解説したとおり、メルカリとブックオフの大きな違いは「仲介業者の立ち位置」でしょう。メルカリは「場所貸し」、ブックオフは「買取屋」です。当然ながら業者を挟まないフリマアプリのほうが売れる値段は高くなります。

メルカリに「金額以外」で勝る点

一方で、ブックオフがメルカリに金額以外で勝る点をあげてみます。

即金性

ブックオフは当日買取(店頭の場合)ですので、即金性は高いといえるでしょう。メルカリを使って売る場合、購入してもらえるのに数日、長いと数ヶ月かかることもあります。またフリマアプリは、基本的に「梱包から発送まで」をご自身でおこなわなければいけません。

思い立ったら断捨離できる

メルカリと違って手間がかからない

ブックオフを利用するメリットとして、思い立ったらすぐに断捨離ができることもあげられます。店頭に持ち込んで売るのもよし。自宅から出れない人であれば、無料の宅配買取を使って売るのも良し。量が多ければ、出張買取を活用するのも良し。

「本を売るならブックオフ」と宣伝していることもあり、さすが書籍買取のサービスが充実しています。

さる
さる

時間や手間をかけたくない人には、ブックオフは本買取サービスの定番ですね!

ブックオフの無料宅配買取

引き取り処分できる

意外と知られていないのが、ブックオフの引き取りサービスです。値段のつかない本は、店舗や宅配にて引き取ってもらえます。

まとめて処分を考えている場合、「どんな本なら値段がつくのか」「状態の良いものや種類を仕分ける必要はあるのか?」と悩む必要がありません。

また、本以外の品物も一緒に売れたり、同じく処分引き取りしてくれるのは嬉しいですよね。

トラブルの心配がない

メルカリを使うデメリットに、購入者とのトラブルがあげられます。商品が壊れていた、説明と違う、返品したいなど、思わねトラブルに巻き込まれると、事務局を通したりと意外に面倒です。

これまでの3000件以上の取引のなかで、一度だけ脅されたことがありましたね。個人情報も公開しているので、いろいろ怖かったです。

ブックオフでの買取なら業者相手ということもあり、トラブルを気にする心配がありません。また大手買取業者なので、安定した対応にも期待できます。

金額ならメルカリ、手間ならブックオフ

金額が高いのは当然メルカリ

ブックオフとメルカリのどちらでビジネス書を売ればいいのか、結論としては「金額重視ならメルカリ」「手間重視ならブックオフ」です。

紹介したとおり、ブックオフが金額で勝ることはありません。時間をかけてでも高く売りたいのであれば、一つ一つメルカリで出品しましょう。

一方で、即金性やストレス面ではブックオフの買取がおすすめ。本買取のトップを争う業者ということもあり、安心してサービスを利用できます。

相場が安いものはブックオフ、高いものだけはメルカリなど、状況に合わせて使い分けるのも良いですね!

ブックオフで今すぐ査定

まとめ

ビジネス書を売るならブックオフとメルカリどっちが良いのか、詳しくまとめてきました。

最近のメルカリでは、発売して間もないビジネス書や自己啓発本を「購入と同時に出品する」方も多いです。これは、購入時との差額をなるべく減らして売却するためですね。当然、発売間近という理由から人気の書籍ならすぐに売れます。

本を毎週、毎月のように購入する方は、ぜひ「即出品」で読み終える期限を決めてしまい、より効率よい読書をおこないましょう。

タイトルとURLをコピーしました