ブックオフ大型店舗の買取には要注意!古着、古本、zippoを査定した結果

当記事を読んでほしい人
  • ブックオフ大型店舗での買取を検討している
  • 大型店舗と中型店舗の違いが詳しく知りたい
  • 持ち込み・郵送するときに、なるべく無駄を省きたい

本記事では、ブックオフ大型店で売る時の注意点を詳しくまとめました。

突然ですが、みなさんの近所にはブックオフ大型店舗がありますか?筆者は家の近くに店舗はありませんが、今回たまたま出張先の付近で見つけた店舗で古着、ブランド、ライターを査定してきました!

実はブックオフ大型店舗で品物を査定する際、いくつか注意してほしい点があります。「また大型店舗で店頭買取で売ったことがない」という方は、ぜひ本内容を活用してください!

スポンサーリンク

ブックオフ大型店舗の買取には要注意

ブックオフは下記3つの店舗に分類します。

  1. 基本的には古本、メディア(CD・DVD・ゲーム)だけ
  2. 古本、メディア、衣料品、ブランド品が中心
  3. スポーツや生活雑貨なども含む「総合品目」を取り扱い

大型店とは、3つ目の「総合リサイクルショップ」のことをいいます。

大型店「ブックオフスーパーバザー」

大型店とも呼ばれる「ブックオフスーパーバザー」では、家具、家電、各種スポーツ用品、楽器なども販売、買取しています。

以前そんなブックオフに、古着や古本なを持ちこんだことがあります。
そのときに、受付方法がほかの店舗と違うことに気が付きました。

もしかすると、すでに買取、査定をしたことがある人であれば、ご存知かもしれません。
ここでは、私のようにまだ知らなかった方の為の内容とします!

大型店による買取の受付手順、注意点

通常、ブックオフで売る場合は、まず買取カウンターに商品を持ち込みます。
そして商品を一通り確認し、番号札(レシートのようなもの)を受け取ります。

こちらが受付番号です。

上記は実際に売ったときの番号です。ここでまず感じたのが、大型店は買取受付が細かいということです。それぞれ見ていきましょう!

商品によって持ちこむ場所が違う

大型店では、

  • 古本を持ちこむ場所、
  • ブランド品を持ちこむ場所
  • 衣類を持ち込む場所

など、それぞれ分かれています。

今回、古本と衣類、それからブランド品対象となるものが一部ありましたので、すべて体験した次第です。
番号もすべてバラバラで呼ばれるので、非常にわかりづらかったです。

ほかの方の受付をみていましたが、上記以外で持ち込み場所が異なる品もあるようです。
さらに詳しく知りたい方は、お近くの店舗に確認をとってください!

なお、古着のみを扱う「ブックオフプラス」でも査定をしたことがありますが、すべて一緒の買取カウンターで問題ありません。

受付時点で買取、引き取りするかを決める

どちらかと言えば、2つ目のほうが重要です。
大型のブックオフでは、受付の時点の下記のように聞かれます。

「お値段ついたものは、事前承認、もしくは値段によってキャンセルのどちらかを選べます」

事前承認とは

世間一般的にあまり知られていない、事前承認。
これは、買取で値段がついたものは、すぐに店内へ商品化されるシステムです。

売るということを前もって承認をしていますので、キャンセル、返却といったことが不可能となります。

買取受付=全部売ります、という解釈

もし値段によってキャンセルしたい場合は、後者を選ぶようにしてください!
間違っても事前承認を選ばないように。
※古本、古着が売れるブックオフ宅配買取に、事前承認はありません。

引き取りするかも事前承認

上記では、査定金額がついた場合の話です。
商品の状態や基準によっては、値段がつかない場合もあるでしょう。

ブックオフのみならず、値段がつかないものを引き取るかどうかは、査定終了後に確認しますよね?

ブックオフ大型店の場合、引き取りに関しても「受付での事前承認制」となります。
もし、あらかじめ引き取りと伝えれば、値段がつかないものは説明なしに引き取られます。

手間は省くことができますし、最後に査定結果を見ることはできます。
ただ、初めから金額にこだわっている場合は、持ち帰りを選ぶほうが無難です。

ご自身でも気付かないまま、

「じつは安い金額で買取されていた」

なんてことがあっても、後からキャンセル、返却してもらえません。
自分が何を持ってきたのか、しっかり把握しておくことをおすすめします。

「補足」場所が違うため、態度が違う

大型のブックオフでは、それぞれ受付カウンターが違うと伝えました。
当然、査定スタッフ、接客スタッフも変わります。

過去に査定員をやっていたせいもあり、接客には非常に敏感なのです。

この日、古本カウンターにおいては「非常に丁寧で明るい方」に対応していただきました。
ただ残念だったのは、古着、ブランドでの対応です。

正直いって、あまり高印象とは言えません。感じ方は人それぞれですが、お返し商品の取り扱いには、もう少し配慮が必要だと感じます。

査定番号を呼ばれなかった

ブックオフ大型店は持ち込みもそれなりに多く、忙しそうな印象を受けました。そんな中で次々と呼ばれる査定番号ですが、私の場合はどれだけ待っても放送がありません。

あまりに長く疲労もでてきた為(1時間ちょっと)、店員さんに確認をして結果、終了していたことが分かったのです。

  • 査定を待つのが面倒
  • 接客態度には敏感
  • 本、古着中心を売りたい

という方は、ブックオフスーパーバザーよりも混雑しない「ブックオフプラス」を選ぶと良いでしょう。また店舗が近くにない場合は、ブックオフの宅配買取も視野にいれておきましょう。

【9/29(金)14:59まで】
\web買取限定キャンペーン開催中/
今ならおもちゃ・ホビーが買取金額30%アップ!

まとめ

ブックオフ大型店舗の注意点を紹介しました。

まだ大型店を利用したことがない方は、以上の点を参考に持ち込みしてみてください。
せっかくの大切な時間を使ってまで「査定」するのですから、ぜひ金額以外にも目を向けておくことが大切です!

タイトルとURLをコピーしました