【偽物】ブックオフのブランド服、時計の取扱いまとめ【買取、購入前に】

購入のこと

当記事の内容ブックオフの腕時計の取り扱いについて(販売、買取、コピー品対策など)

突然ですが、読者さんは次の2つのどちらかで悩んでいるのではないでしょうか。

  • 手元の「偽物ブランド品」は、ブックオフで売れるのか
  • ブックオフで売っているブランド品の中には、偽物も存在するのか

僕は買取店にて10年以上も働いた経験があり、また今でも常連客になるほどリサイクルショップが好きです。

今回はそんなリユース好きが、ブックオフの偽物事情について詳しく解説します。ブランド品の買取、購入で気になっている方は、ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

【偽物】ブックオフのブランド服、時計の取扱いまとめ【買取、購入前に】

結論からいうと、買取についてはブックオフで「偽物のブランド品を売る」ことはできません。しかし、状況によっては買取できてしまうこともあるでしょう。

ブックオフの基準に沿っていた

ブックオフのブランド買取は、AACD(日本流通自主管理協会)から提供される資料をもとに、査定をおこないます。AACDの詳しい内容は過去の記事で紹介していますが、簡単にいうと「ブランドのコピー品の排除をおこなう団体」です。

AACDには皆さんが知っている有名リサイクルショップも数多く加入しています!

さる
さる

セカンドストリート、コメ兵、トレジャーファクトリー、オフハウスなど。

先ほど、「偽物と思っていたものでも、買取できてしまうケースがある」と解説しました。これは、みなさん持ち込みをしたブランド品と、利用されるブックオフの査定基準が一致した場合です。つまり、意図的に買取をしているわけではありません。

査定基準はコピー品の排除をおこなうものですが、そのブランドに対して「100%データがある」とも限りません。つまり、データが不十分な「ブランド、商品」を持ち込むと、買取をしてもらえる可能性もあります。

ちなみに、ここで言うブランド品とは、高級メーカー、アパレルメーカー、すべてを対象にします。

高級メーカーの一例

  • ルイヴィトン
  • シャネル
  • エルメス
  • ロレックス(腕時計)
  • オメガ(腕時計)

アパレルメーカーの一例

  • シュプリーム
  • ラルフローレン
  • モンクレール
  • ディースクエアード
  • レイバン(アイウェア)

偽物を売ると、犯罪になる

ただし、一つ注意をしなければいけないことがあります。偽物を売ってしまうと、立派な犯罪になるということです。これはブックオフに限った話ではありません。仮に、コピー品と知らなかった場合でも同じです。

さらにいえば、手元に偽物を所有しているだけで、罪になっていることをご存知でしたでしょうか?もし、ブランドを作った会社がそれを知ってしまうと、損害賠償請求されてしまう可能性もありますので、注意してください。

犯罪を避ける、たった一つの対処法

では、そうならないためにどうすればいいのか。方法は一つしかありませんよね!今すぐに、ゴミ袋で処分をすることです。正直にいって、偽物のブランド品はゴミでしかありません。持っているだけで、手を汚してしまうだけの品です。少しでもお金に変えようなど考えず、一度冷静になってみてください。

ブックオフで偽物が売っている可能性は?

では、逆にブックオフが偽物を売っている可能性はあるのでしょうか?ここでの答えは、「誰にも分からない」です。

ブックオフとAACDの基準

少なくとも、ブックオフのブランドに偽物があると思っている方は、ほかのリサイクルショップでも同じことで悩む可能性が高いです。私は、リサイクルショップでブランドを買うのはとてもリスクがあると思っています。またそれ以上に、メルカリのブランド商品は、とてつもなく危険ですよね。

どれだけ保証があると言われても、結局のところ「本物、偽物」を判断できるのは、ブランドを作っているメーカーでしかわかりません。リサイクルショップとAACDが持っているのは、あくまでも基準です。中古品を買うというのは、そういったことを同時にすべて理解する必要があるのです!

最終結論!ブックオフでブランド品を購入しないほうがいい?

では、AACDに加入しているブックオフでも、ブランド品を買わないほうがいいのか?最終的に決めてほしいと思っている人は、少なからずいることでしょう!結論ですが、ブックオフでブランド品を購入するのは「アリ」だと思います。その理由としては2つ。

  • AACDへの加入(企業リストへ記載済み)
  • 大手であるため、購入後の保証が強い

それぞれ、解説します。ブランド販売店によってはAACD加入と記載しているにもかかわらず、実は裏で加入してないといったショップもあります。このようなところで買うとどうなるか、読者さんならすでに想像はつくと思います。偽物が送られてくるのはもちろん、返品対応もしてもらえません。警察に被害届けを出すことになりますが、件数があとをたたない相談のため、すべて受理してもらえるかも不明です。

まず第一に、ブックオフは大手企業というところで安心です。仮に、ブックオフで販売していたブランド品を購入したとします。もし他のお店の査定で基準を満たさなかった場合は、購入店に相談をしてください。返品対応を受け付けてくれるでしょう。

返品を受け付けてくれない場合は、すぐに本社へ連絡してください。それこそが、一番の問題です。

「基準を満たさない」は「偽物」ではない

また、基準を満たさないからといって、偽物とは限りません、それだけ、全国のリサイクルショップの基準が違うということです。

先ほども解説をしましたが、本物と偽物を区別できるのは、ブランドを作る会社だけであることを忘れないようにしてください。その先は「保証があるかどうか」を基準に、購入するかどうかを決めていただくのが良いと思います!

まとめ

繰り返しますが、ブックオフで売られているブランド品に偽物があるのかは「100%判断ができない」です。

中には「〇〇は本物の販売で安心」と口にするサイトを目にします。
僕の場合は長年業界にいて、買取の裏を知っているせいもあり怖くて口には出せません。

ブックオフに限らず、すべての買取業者、フリマアプリでも同じことですね。
中古品に対して、少しでも理解を深めてもらえれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました