【無駄をなくす】ブランディアで物を売るときに販売証明書は必要?

バッグや食器、衣類などのブランド品を中心に買取している「ブランディア」。
そんなブランディアで物を買い取ってもらう際に、販売証明書が必要なのか気になった方もいると思います。当記事では、取り扱いのあるジャンルそれぞれの販売証明書についてまとめています。売る前の確認として、ぜひご利用ください。

スポンサーリンク

【無駄をなくす】ブランディアで物を売るときに販売証明書は必要?

ブランディアで取り扱いしているもので、販売証明書の有無について見ていきましょう。

ブランド品

インポートショップで買ったギャランティや、直営の販売証明などがあれば一緒に送るようにしてましょう。新品で購入した場合は、それをブランディアに伝えるだけでもアピールになります。たまに、CHANELPRADAにおいて「カードがないと買取しない」というショップもありますが、どちらも証明書なしで実績もあります。

バッグ、財布、小物、アクセサリー(ネックレス、指輪、イヤリングなど)も同様です。

ギャランティに「販売店」の印があるとなお良し!

貴金属、ジュエリー

貴金属の買取では、ほとんどがデザインや重さなどにより決まってきます。「これは絶対に必要」というものはありませんが、もし鑑定書や鑑別所があれば一緒に送るようにしましょう。

ダイヤモンドがついているものは、査定金額に大きく影響してきます。また、地金については相場での買取になることがほとんどで、付属品に関してはあまり影響しないことが多いです。付属はあるけど「金プラチナかどうかわからない」という場合は、LINE査定を使って聞いてみるのも一つ。

LINE査定をする際に、友達登録する必要あり

腕時計

ロレックス、オメガなどの高級時計も、元から販売証明がついていることがほとんどだと思います。ただし、時計に関してはブランドバッグ同様に真贋ポイントが多く、証明がなくても査定はしてくれます。とくにROLEXはコピーも多く存在するので、マニュアルもそれだけ豊富になっています。一方で「数百万以上の時計」となれば、本物と偽物を判断する上で必要となってくるかもしれませんね。

高級腕時計は、外部と内部のデータが一致すれば買取できる

シルバーアクセサリー

シルバーアクセサリーの買取で販売証明書を必要をするものも多く存在しています。特に有名なのはクロムハーツ。ほとんどお店が「証明なしでは買わないブランド」といっても過言ではありません。ブランディアには「インボイスが必須」というハッキリとした記載がありませんし、過去に証明書なしでも買取しています。

クロムハーツの偽物が多すぎる一方で「証明書なし買取している」ことを考えると、シルバー全体の査定マニュアルは、よほど充実している可能性があります。

正規店で買った試しのないものでも、送ってみる価値はありそう

その他、取り扱いのシルバーブランド一例

ロイヤルオーダー、ジャスティンデイビス、クレイジーピッグ、スターリンギア、ソウルフェティッシュ、トラヴィス・ワーカー、ビルウォールレザー、フラッシュポイント、ロンワンズ、アクアシルバー、アティース、アルテミスクラシック、ウインズハウス、ウルフマン B.R.S、ガルニ、ジゴロウ、ソカロ、ディールデザイン、ドクターモンロー、バーバラ、ビザール、ファーストアローズ、プエルタデルソル、フラッシュポイント、ロンワンズ、ジャムホームメイド、ライオンハートなど。

ゴローズに関しては、取り扱いしていない

衣類品、靴

ここでは、高級ブランド以外の服について。基本的に販売証明を必要とする洋服はありません。ChromeHeartsSupremeなどで必要なお店も一部存在しますが、ブランディアでは査定可能となっています。

靴に関しても、絶対に必要というものはありません。偽物が多い「クリスチャンルブタン」でも、証明書なしの状態で買取をおこなっています。ほかで断られた「証明書なしのルブタン」を一度査定に出しみるのも良いですね。

「シュプリーム」は、現在取り扱っていないので注意

食器類、インテリア雑貨

ブランディアでは、アパレル関係以外にも食器を買取しています。ただしブランド食器のみ。また販売証明は必要としませんが、箱は絶対に必要となりますので注意しておきましょう。
食器といっても「エルメス」や「ティファニー」などの海外スーパーブランドだけでなく、

  • バカラ
  • ウェッジウッド
  • マイセン
  • ロイヤルコペンハーゲン
  • ノリタケ
  • ルクルーゼ、など

幅広く取り扱いしています。
もし限定ものなどがあれば、それを証明できるものは付属しておいたほうがよいでしょう。個人情報が入っている場合は、事前にLINE査定などで「査定に前後するのか」確認しておくと良いですね。

グローバル、柳宗理などの調理器具は取り扱いなし

「販売証明書の有無」まとめ

いかがだったでしょうか。

ブランディアでは、とくに販売証明書やギャランティなどを必要とするものはありません。ただ、あると査定金額に影響することがあります。記載された個人情報の問題もあると思いますので、アリとナシとで「どれだけ金額が変わるのか」事前に確認をとっておきましょう。

LINEなど「事前査定」のできる宅配買取サイト5選

コメント

タイトルとURLをコピーしました