【買取実績おおよそ100億】ブランディア、査定の裏側をTVで大公開

ルイヴィトン買取のこと

買取実績100億
中古品の買取や販売でを行う「ブランディア」が、
4月17日のテレビ放送スーパーJチャンネル」で取り上げられました。

内容としては、
「新人の育成」や「買取の基準」など。

  • リサイクルショップ
  • 質屋
  • その他買取ショップなど

利用したいと思っている方にも、ぜひ知恵として覚えておきたいところです。

スポンサーリンク

【ブランドを高く売る為に】ブランディア、TVにて買取の裏側を公開

ブランディアでは、現在トータルで1日10,000個以上もの商品を査定。

その中には、評判のよいお店でさえ断られるような状態のブランド品も数多く存在します。

買取例:シャネルのリング

素材にヒビが入っていて、素人の目からみると、
とても買う人がいないような状態。

一見買取が難しいような品も、
「この状態でも、誰かが需要をしているので買取をする」
といったベテランの判断により、多少でも値段がつくことも。

勿論、ブランディアだけでに限った話ではありません。

査定基準は、お店によって大きく変わってきます。
そこが買取査定の面白いところでもありますが、
選ぶならぜひ実績のある買取店を選んでおきたいところです。

ブランディアの基準マニュアル

現在、総勢7300人以上ものスタッフで運営しているブランディアに、新たに150人ほどの研修性。

そんな150人以上による新人育成の中には、

「普段からユニクロしか購入しない」
といったスタッフも。
戸惑いも隠せない様子でした。

リーダーが1からノウハウを伝授していくのですが、
一人一人覚えてもらうのにはとても時間がかかってしまいますよね。

過去の膨大なデータでブレのない査定

ブランディア テレビ

ブランディアでは、新人でも査定がブレないよう、
独自の査定システムを採用しています。

とくに感心した内容として、

  • ブランド
  • アイテム
  • 状態、など

商品情報を打ち込むだけで、どのスタッフでも一発検索。
ベテランとほぼ同じの査定が可能なってきます。

アイテムがどれに当てはまるかは、
随時ベテランに聞けばOKということですね。

ブランディア テレビ

ブレない査定をおこなうことにより、
顧客満足度が高くなる理由も納得できます。

新人スタッフのみで行なっているようにも見えますが、
最終的にはリーダーが再チェックしているので、そちらはご安心を。

ブランディア テレビ

ブランディアで高く売るコツを伝授

より品物を高く売るには、
ある程度利用するお店の「買取基準」を知っておく必要があります。

今回ブランディアで紹介されていたのは、商品の状態によるもの。

衣類編その1「脇染み、襟汚れ」

ブランディア テレビ

脇ジミや襟の汚れを、買取基準として設けているお店がほとんどでしょう。

とくにブランド衣料であれば、
ご自宅で落とせるだけ落としてから、査定に出すことをオススメします。

脇ジミや襟汚れを落とせる方法はいくつかありますが、
参考になるサイトをご紹介しておきます。

衣類編その2「クリーニングに出す」

ブランディアでは、
洋服のクリーニングタグがあると、査定金額が高くなることがあるそうです。

勿論、クリーニングに出して査定に送ったとして、
割りに合わないものもあるのでご注意を。

ブランディア テレビ

「クリーニングに出したままで、1回も着用しなかった洋服」

などがあれば、一度見積もりに出してみるのもよいですね。

尚、クリーニングタグの後付けは、
大体がわかってしまうのでやめておくのが無難です。
(それにより、マイナス査定になる可能性があるかもしれません)

Brandearに買取を依頼

バッグ編「カビの匂い」

バッグの買取査定でつきものなのが、「劣化と匂い」

タンス奥にしまってあったバッグや、
保存状態の悪いものはとくに要注意です。

ブランディアでは、カビ臭がすると「買取対象外」に。

ブランディア テレビ

もしカビ臭が気になる場合、
天日干しと防虫剤で少しでも取り除いておきましょう。

買取可能なブランドであれば、
査定額アップに繋がるかもしれません。

また、底や角スレなどは、
補修できる商品も販売されています。

管理人SARUも別ショップに持ち込む際、何度か試したことも。

こればかりは自己責任になりますが、試してみる価値もありそう。

ブランディア テレビ

番外編「コピー品は徹底排除」

毎日送られてくる多くの商品の中で、
最も多いのが高額ブランド品。

買取の制度を高めるにも、
より慎重な査定をおこなっていく必要があります。

ブランディア テレビ

高額品によくある偽物(コピー品)は、毎年のように作られていますが、
ブランディアには、多くのデータが存在。

「正規品にあるはずものがない」

「化学性の匂い」

「型番のズレ」

コピー品の情報をリアルタイムに共有することは、
ブランドを買取する上でとくに大切な仕事。

ブランディア テレビ

真贋(しんがん)にも、しっかりと目を向けているところが伺えました。

そんなブランディアにも、ますます期待が高まりますね。

Brandearに買取を依頼

コメント

タイトルとURLをコピーしました