元リサイクルショップ店員の捨ててよかった物、後悔した物【迷う】

処分のこと

元リサイクルショップ店員の僕が、これまでに捨ててよかったもの、後悔したものをまとめました!

すこし過去の話をすると、リサイクルショップ店員をしていたときは「あれもこれも欲しい」となり、知らぬ間にモノが増え続けていました。

もちろん、様々なモノを手にすることで趣味も増えたり、「断捨離、ミニマリスト」などの言葉も知れたなど、いいことも多いです。

多くの中古品と関わってきた人間の「処分事情」、よかったら参考にしてください。

スポンサーリンク

元リサイクルショップ店員の「捨ててよかったもの、後悔したもの」

さっそく「捨ててよかったモノ」「捨てて後悔したモノ」、それぞれ紹介したいと思います。

捨ててよかったモノ

冒頭では「捨てて」と書きましたが、買取やフリマアプリで手放したモノも含まれます。

マット類

バスマット、キッチンマット、リビングマットなど、自宅にて敷いていたマット類はすべて捨てました。インテリアショップに買い物にいくと、おしゃれな柄のものがたくさん。部屋の模様替えが好きで、よく購入していましたね。

でもある時、「掃除や洗濯がめんどくさいし、なくても全く困らない」と気づいてしまったんです。何より「床掃除」が本当にラクで、おそらく今後は購入することはないかと。

さる
さる

手間のかかるものを家からなくすことで、「自分の時間」も増えましたね。

PCモニター

僕の場合、PCモニターも手放して正解でした。長らくPC作業が多く、ずっと「モニターは絶対に必要だ」と考えていたんですが、単なる思い込みだったのかもしれません。

外部モニターがあれば、たしかに効率はあがります。でも「自分の実力、評価があがるか」は別問題ですし、結局、ノートPC単体でも作業可能なんですよね。

普段からカフェで作業することが多いのも、処分した理由の一つでした。

さる
さる

できれば、毎日の作業環境を変えたくないです。

1年間、着用していない洋服

洋服に関してはリサイクルショップの入社以来から、どれだけ購入したか分かりません。もともと古着好きということもあり、社割で店内のいろいろな服を買っていましたね。

「1年間、2年間」すると、次々に着用しない古着が増えていく訳です。

最近のミニマリスト本にも、「1年着なかった服は、一生着用しない」と書かれていますよね。僕はこれをすべて信じている訳ではないですが、洋服と向き合う時間は大切だなと、日々感じるようになりました。

さる
さる

多いときは、デニムだけで50本近くは所持してました。
同じような色、デザイン。

三角コーナー

たまに料理をしたりするのですが、三角コーナーは捨てるべきです。

  • ヌメヌメ除去
  • 隙間の掃除

の時間が、非常に無駄でした。

生ゴミを捨てるために、シンクに袋を置くだけで解決します。三角コーナーは袋を設置しやすくなるだけで、それ以外はなんの役にも立ちません。(と、ダイソーで見るたびに思います。)

汚れたら「100円ショップで定期的に買えばいい」かもしれませんが、僕なら「もっと自分の好きなこと、やりたいこと」にお金や時間を投資します。

バスタオル

バスタオルはすべて処分しました。今の家には、フェイスタオルしかありません。

処分した理由は、以下の通り。

「洗濯の乾きが悪い」

「スペースを取る」

もし男性の方であれば、フェイスタオルでも「髪や体」を不自由なく拭けます。なにより場所をとらないのが嬉しい。

さる
さる

乾きも良いし、洗濯が楽になりましたね!

ちなみに「ハンドタオル」で挑戦したこともありますが、流石に無理がありました。

収納ケース

もともと収納癖が本当に強くて、ものが増えるたびに「ケースを購入しては保管」を繰り替えしていました。でも、あるとき思ったんですよね。

「収納って、あってもなくても同じだよな」って。そもそも、家にある「本当にいらないもの」は捨ててるわけなので、

  • 飾る
  • 見える化

することで、圧倒的にモノの管理がしやすくなりました。

さる
さる

「あったら便利」は、「なくても困らない」と、モノを買うときにいつも言い聞かせています。

見栄

モノではないのですが、「見栄の処分」は人生が変わりましたね。

すこし大げさかもしれませんが、見栄を捨てたことで「見知らぬ人、周りの人のこと」を気にしなくなりました!

誤解しないでいただきたいのが、

  • 他人としゃべらず無視する
  • 他人に興味を持たない

の意味ではないです。

「誰が、何を着ようが、何をしようが、誰と付き合おうが、誰と結婚しようが」人それぞれ自由なんですよね。

さる
さる

「ブランドを着て、周囲から羨ましがられたい」と思っていた時期もありましたが、本当に無駄でした。良きも悪きも、いい思い出です。

以上が捨ててよかったモノでした。

捨てて後悔したモノ

次に、捨てて後悔したモノ。いろんなモノに触れてきたので、選ぶのに少々悩みました!

ゲーム機

ゲーム機を捨てたのは、すこしばかり後悔をしました。会社をやめて一区切り入れるために、買取業者などを使って処分したのですが、結局、1年後には買い戻しています。

僕は、子供の頃からゲームが大好きでした。親戚の家にいくにしても、テレビを借りてスーパーファミコンをしたり、旅行にいってもゲームボーイを持ち歩いてましたね。

また、リサイクルショップ店員のときは同僚でゲーム好きも多かったため、オンラインで楽しむことも。

結局は「自分は何が好きで、何が嫌いなのか」しっかりと向き合うことが、一番大切なんだなと思います。

コレクション

僕の場合のコレクションとは、ビンテージ、古着、腕時計。冒頭でもお伝えしたとおり、リサイクルショップ店員になってからは、あれもこれも購入してしまう時期がありました。

古着に関しては何着買ったか分かりませんし、腕時計もそんな好きではなかったんですが、買取で査定する内に好きになってしまったんですよね。ハマりだしてから7年くらいで退職になったのですが、その際にビンテージや腕時計を手放しました。

ただ、古着好きとしては「あの時、何故なにも考えずに処分したのか」今でも理解できません。

さる
さる

ミニマリストへの憧れが、いつしか洗脳されていたのかもしれませんね。最近になって、また「リーバイス、腕時計」をコツコツ集めはじめています。

大事なコレクションを処分するときは、お金を一旦抜きにして「あらためて買い戻すものかどうか」を、しっかり考えてみてください!

アウトドア、登山用品

一時期、登山などのアウトドアをする暇がなくなり、売ってしまいました。

高いブランドを手放したことは気にしていませんが、いざ

「山登りをしよう!」

「キャンプをしよう!」

となった時に、「膨大な買い足し時間」がかかることは考えていませんでしたね。

さる
さる

今は、昔ほどブランドを買うこともなく、最低限の装備で出かけています。

アウトドアでは「道具よりも、どうやったら楽しめるのか」を、意識するようになりましたね!一回手放してみたからこそ、得られたメリットかもしれません。

マジックキーボード、トラックパッド

今までいろんなキーボードやマウスを使用してきました。その中でも、

  • マジックキーボード
  • マジックトラックパッド

に関しては、結局あとから買い戻しています。ペチペチ音が嫌いという人も多い「マジックキーボード」ですが、僕には一番合っていましたね。

現在は、自分で作ったデスクに「Boyata」のPCスタンドを設置して、MacBookProをデスクトップスタイルで使用。

さる
さる

ときどき「人をダメにするクッション」で作業してます。Yogiboサイコー。。

ベッド

ベッドを処分したのは、少しばかりミニマリストに憧れていたとき。マットレスに変えて生活していたのですが、ベッドを捨てたのは大失敗でした。

そもそも、ヒトの人生の3分の1は睡眠です。僕はそこそこ良い寝具を使っていたのですが、ミニマリストに話題のマットレスに変えてからは、睡眠の質が落ちましたね。パソコン作業が多くなったことも原因ですが、その疲れさえまともにとれません。

「誰にでも合うとは限らない」ことを、改めて知ることができました。

さる
さる

現在は無印のマットレスを使用していますが、価格とバランスがちょうど良い!

人の意見は「聞き流しするくらい」がちょうど良きですね。ミニマリストに憧れるのはいいですが、寝具の買い替えには十分にご注意を!

まとめ

元リサイクルショップ店員による、捨ててよかったモノ、捨てて後悔したモノを話してきました。多少なりとも、同感していただける部分はありましたでしょうか?捨てようか迷うものって、生活していると幾度となくでてきますよね!

もし、捨てるか残すか迷ったときは、「一度捨てて、また買い戻す品物か」と問いかけてみるのがおすすめですね。みなさんが「買い戻さない」と判断したものは、持っていても仕方のないモノです!

さる
さる

思い出のあるものは、お金にかかわらず大切にしましょう。

処分のこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク
OSARUをフォローする
しゃりうす
タイトルとURLをコピーしました