【ブランド寄りな印象】コメ兵はアメカジの買取にも期待して良いの?

買取のこと

ブランドよりなイメージが強いのは、SARUだけ?

「コメ兵はブランド買取の印象が強いけど、アメカジ衣料においてはどうなの?」ここでいうアメカジとは、McCOY、Fellows、Sugarcaneなどの元祖系です。まだまだ人気だと思うのですが、サイトとか見る限りあまり高い査定は期待できないようにも見えます。

スポンサーリンク

【ブランド寄りな印象】老舗コメ兵のアメカジ衣料に関しての買取は?

数多くのリサイクルショップがある中で、一度コメ兵の買取も使ってみたい!という方へ。結論から述べると、数多くのアメカジブランドを取り扱っています。宅配買取の「アメカジブランド買取リスト一覧」から確認できたのですが、LEVIS、LEE、WRANGLERなどのデニムブランドも取り扱っていることがわかります。

A
・VONTAGE(ア ボンタージ)
・AERO LEATHER(エアロレザー)
・ALPHA(アルファ)
・ANACHRONORM(アナクロノーム)
・ARC’TERYX(アークテリックス) AVIREX(アビレックス)
B
・BALANCE + HARMONY(バランスアンドハーモニー)
・BARBARIAN(バーバリアン)
・BOOTLEGGERS(ブートレガーズ)
・BOHEMIANS(ボヘミアンズ)
・BRU NA BOINNE(ブルーナボイン)
・BUCO(ブコ)
・BUZZ RICKSON(バズリクソン)
C
・CANADA GOOSE(カナダグース)
・CHAMPION(チャンピオン)
・CHESWICK(チェスウィック)
・CORONA(コロナ)
・CRECSENT DOWN WORKS(クレッセントダウンワークス)
・CUSHMAN(クッシュマン)
・C.C.MASTERS(シーシーマスターズ)
D
・DENIME(ドゥニーム)
・DER SAMMLER SOLO(ディアザムラーソロ)
・DRY BONES(ドライボーンズ)
・DUBBLEWORKS(ダブルワークス)
・DUCKDIGGER(ダックディガー)
E
・EASTMAN(イーストマン)
・ENGINEERED GARMENTS(エンジニアードガーメンツ)
・EVISU(エヴィス)
F
・FEATHERED FRIENDS(フェザーフレンズ)
・FILSON(フィルソン)
・FULLCOUNT(フルカウント)
G
・GRAMICCI(グラミチ)
・GROOVERS(グルーバーズ)
H
・HAVERSACK(ハバーサック)
・HAGLOFS(ホグロフス)
I
・INDIAN MOTORCYCLE(インディアンモーターサイクル)
・SPIEWAK(スピワック)
J
・JACKSON MATISSE(ジャクソンマティス)
・JOE McCOY(ジョーマッコイ)
K
・KARRIMOR(カリマー)
・KLATTERMUSEN(クレッタルムーセン)
L
・LAFUMA(ラフマ)
・LANGLITZ LEATHERS(ラングリッツレザー)
・LEE(リー)
・LEFT FIELD(レフトフィールド)
・LEVI’S(リーバイス)
・LEWIS LEATHER(ルイスレザー)
・LOST WORLD(ロストワールド)
S
・SANCA(サンカ)
・SAMURAI JEANS(サムライジーンズ)
・SASSAFRAS(ササフラス)
・SCHOTT(ショット)
・SIERRA DESIGNS(シェラデザイン)
・SKOOKUM(スクーカム)
・SKULL JEANS(スカルジーンズ)
・SNUGPAK(スナグパック)
・STIFF(スティッフ)
・STYLE EYES(スタイルアイズ)
・SUGAR CANE(シュガーケーン)
・SUN SURF(サンサーフ)
・SUNNY SPORTS(サニースポーツ)
・S2W8(エスツーダブリューエイト)
・SPELL BOUND(スペルバウンド)
T
・TAILGATE(テイルゲート)
・THE FEW(ザフュー)
・THE FLAT HEAD(フラットヘッド)
・THE NORTH FACE(ノースフェイス)
・TOYO ENTERPRISE(トイズトーヨーエンタープライズマッコイ)
・TOY’S McCOY(トイズマッコイ)
V
・VANSON(バンソン)
W
・WAREHOUSE(ウェアハウス)
・WESTRIDE(ウエストライド)
・WHITESVILLE(ホワイツビル)
・WILDTHINGS(ワイルドシングス)
・WINGS + HORNS(ウイングスアンドホーンズ)
・WOOLRICH WOOLEN MILLS(ウールリッチウーレンミルズ)
・WRANGLER(ラングラー)

出典 コメ兵宅配買取 ウェア(アメカジ・アウトドアブランド)より
http://komehyo.jp/include_html/lp2/fashion02.html

アメカジによる査定価格の評判

コメ兵に寄せられている口コミ等は、ほとんどがブランド品のバッグや時計に対するものばかり。アメカジ衣類を売っている人は、少ない傾向にありますね。また口コミでは、買取に満足したという声もあれば「メルカリで売ればよかった」など、賛否両論の声がツイートされています。(数年前の口コミもあるので、正直あまり参考になるかはわかりません)

ツイッターによる評判の声

ツイッターによる不評の口コミ

オンラインストアが意外に安い?

オンラインストアには、アメカジ系の衣類が多く販売されているのですが、価格はそれなりにお得な方ではないでしょうか。

もちろんアメカジだけでなく、TheNorthFaceやPatagoniaなどのアウトドアから、beamsやUnitedarrowsなどのセレクト系まで取り扱っています。その中でも1,500点以上のアイテム数で、他のジャンルよりも取り扱い点数が多いほうとなります。コメ兵オンラインストアの「アメカジ衣料」一覧

逆にいえばお得に売られているわけなので、それは査定金額に影響することも考えておくといいかもしれません。衣類品買取の基本は「ブランド、デザイン、状態」にもよりますが、一般的に3割〜4割くらいが平均。未使用で4割くらい出すところもありますが、どこのお店でも「衣類」はそれほど期待できないことは、みなさんも承知のことだと思います。

とりあえず査定だけするなら

たとえば、コメ兵にはLINE査定というものが存在します。
簡単にいえば、スマートフォンアプリの「LINE」から数枚写真をとって、コメ兵のアカウントに送るだけ。その後、すぐに査定金額がわかる仕組みです。結果までの時間や期間は「平均30分〜1時間」ですが、このあたりの記載がありません。

さすがに、査定で何日もかかることはなさそうさすがに、査定で何日もかかることはなさそう

LINE査定をしてから発送する際に、手数料がかからない点は嬉しいところです。返送料もかからないですし、査定方法や各種手数料あたりを気にしていた方には、気兼ねなく査定に出すことができます。

デメリットをしいていうなら、「わざわざ友達」にならないといけないことくらいでしょう。どのお店も避けては通れないことですが。

買取王国はアメカジが強い

少しコメ兵から話がそれますが、買取王国というリサイクルショップは比較的アメカジが強い印象です。店舗に関しては東海エリアが中心となるのですが、販売と買取どちらもおこなっています。

むかし東海に住んでいた時、何回か買取に持ち込んだこともあり。そのときは、20,000円くらいで購入した「リーバイスのデニム」を持ち込みました。

他店の見積もりが500円(当時のジャンブルストアだったと思います)他店の見積もりが500円(当時のジャンブルストアだったと)

まったく同じリーバイスのデニムが、買取王国で4,000円近くついたのをはっきり記憶しています。当初はどのお店も宅配買取がなかったのですが、今は非常に便利な世の中となりました。

そんな買取王国にも欠点があります。
場所によって「各ジャンルの強い弱い」がはっきりしているところ。同じお店とはいえ、全体の買取マニュアルがあるわけでもなさそうです。

一方で、店員さんの態度はすごくよかったですし、査定金額をおまけしてくれたこともありました。ヴィンテージ関係もしっかり評価してくれるので、コレクターの方も一度相談してはいかがでしょうか(宅配系のブランド専門店は、ここが弱い印象なんですよね)

アットホーム的な感じで、持ち込みは非常にしやすい印象アットホーム的な感じで、持ち込みが非常にしやすかった

上記の内容は、買取王国の社長である長谷川さんもおっしゃっています。

店舗のスタッフは一人ひとりが商人であり、経営の合理化をトップダウンで進めるとモチベーションが下がってしまうので、当社では、商品に関する指導よりも、むしろ商品回転率や値入率の確認などの効率を教えています。この個店経営でチェーン形態を取っているので、どのお店も同じように強くはなりません。例えば、A店はアメカジが、B店はレディスが、C店はDCセレクトが強い、という感じです。これは当社の強みであり、弱みでもあります。

出典 商業施設新聞 長谷川社長インタビューより
https://www.sangyo-times.jp/article.aspx?ID=675

今はこの問題点が改善されているかもしれませんし、宅配買取ではオールジャンルで強化買取しています。売れやすい所に回すことができるのも、実店舗を持っているメリットかもしれませんね(多くの商品は、ネット販売か店舗移動を繰り返している)

「売り方はいろいろ」コメ兵のアメカジ買取まとめ

「コメ兵」と、一部「買取王国」のアメカジ査定についてご紹介してきました。
アメカジブランドはおしゃれの王道ということもあり、デザインにも左右されることはありません。よほど暴落することも考えにくいでしょう。流行りブランドとは違い、急いで売るというよりは色々と比較してみることをオススメします。

時間がある方は、ヤフオクやメルカリを使ってみるのもよいですしね。また、地元のお店でアメカジやヴィンテージが好きな店員さんも探してみるのも面白かったりします。ぜひご自身にあった買取方法を見つけてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました