お酒は「一般の個人客」だと何回も買取することができない?【違法】

昔に買ったお酒類。
捨てるのももったいないので、買取を依頼する方も多いのではないでしょうか?

当記事ではお酒の買取を依頼する際、「個人の一般客」も何度にわたり買取してよいものなのか、ある体験を添えてまとめています。

スポンサーリンク

お酒は一般の個人客だと「何回も」買取することができない?【違法】

「たかがお酒でしょ?」
そう思った方もいるかもしれませんが、酒類の買取は少し複雑。何点か確認、注意しておきたい点があります。

免許なしの「継続売買」は法に触れる?

直接、ショップにお酒持ち込んで買取してもらうこと自体に、なにか問題ある訳ではありません。注意したいのは、「酒類の販売業免許」を持っていない一般の方が「同じお店に1回以上」持ち込んだとき。

酒類は最近、オークションなどでも販売していることが多いですが、ほとんどは業者によるものです。一度ストア情報などを確認してみましょう。

一般の方がオークションなどでお酒を永続的に販売するのは、基本的に禁じられていますし、これは買取の場合でも同じでことが言えます。同じお店へ意図的に持ち込んだ場合は、警察などから「摘発」されるケースもありますので注意しましょう。

必ず契約書、承諾書に従うべき

管理人の知っているお店の例ですが、お酒を持ち込んで成立した際、承諾書にサインをするようになっています(買取の伝票とは別)

ここの規約には、「継続買取はお断り」と記載もされていることがありますので、持ち込んだお店側にも確認をとりましょう。余裕があれば、警察に相談してみるのもよいですね。

もちろん酒類販売免許を持っている方でしたら、問題なく同じお店に「何度も」持ち込むことができます。率先して買取をしてくれるはずです。

記載がないからこそ、しっかり確認!

正直言って、お酒の売買は儲かります。とくに古いお酒は、希少価値により高く値がつくものもたくさん存在します。転売など、内緒で個人売買している人もいることでしょう。

ネットショップ同様に、お酒を取り扱うリサイクルショップも多くなってきました。買取店はどうしても利益や売上を優先します。そのため、永続的買取について「つっこんで説明」しない傾向にあります。

すでに売ってしまった場合と、「まとめ」

「ビク!私、じつはもう1回以上持ち込んでいます」
すでに、同じお店にて買取を行ってしまった方も見えることでしょう。とはいえ、焦ることはありません。

よほど過度な行為でなければ、警察に捕まるといったこともないでしょう。それに、買取してもらえたという時点でお店にも非がありますよね。

ものが簡単に売れる時代になったからこそ、後々のトラブルにも目を向けておくと良いですね。

買取のこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク
OSARUをフォローする
しゃりうす

コメント

タイトルとURLをコピーしました