偽物ルイヴィトンの財布、バッグをどうしても売りたい?【後悔します】

買取のこと

もし、ルイヴィトンのバッグ、財布などの偽物を売りたいと考えているなら、最後まで読んでください。
ルイヴィトンに限らず、SUPREMEの服、GUCCIの財布、CHANELの時計など、ブランド品すべて対象です。

偽物を売ってしまった人のように、後悔してからでは遅いのです。
罪悪感を感じたくない人にも、おすすめの記事です。

スポンサーリンク

偽物ルイヴィトンの財布、バッグをどうしても売りたい?【後悔します】

本物が高すぎて、ついつい偽物(コピー品)に手が伸びてしまう人も多いのではないでしょうか。
いわゆるAirPodsProが買えなくて、格安の類似品を購入してしまう感覚です。

その気持ちは、もちろん著者もわからなくないです。

ただ、偽物、類似品との違いは、売るときに大きな差が生まれることです。

ルイヴィトンのバッグ、財布は偽物が多い

昔から、中国や韓国で大量の偽ブランド品を買い、日本に持ち帰って販売している業者がいます。
ときには輸入で仕入れする業者も多く、大量の偽ヴィトンが出回っているのが現実です。

そんな偽物のブランド品(財布、時計、アクセサリー、洋服類など)を買ってしまい、

  • 手放したい
  • 売りたい

と考えている人が、後をたたないのです。

偽物でも買いたい=犯罪者と同じ

ルイヴィトンなど「ハイブランド」は需要も高いせいか、個人売買で普通に偽物を売るというケースを耳します。
最近では、SUPREMEなどで「偽物でもいい」と割り切って買う人もいるほどですよね。

購入する場合もそうですが、偽物には一切関与しないことを、断じておすすめします!
その理由を、下記よりまとめていきます。

偽物ルイヴィトンをお店で売りたい

仮に偽物ルイヴィトンを、どこかの店舗で売ろうと考えている場合です。

もし、類似品ではなく、偽物を売ろうと思ったとき、「どこに売ればいいかわからない」と悩まれていると思います。

どのリサイクルショップ、買取業者もそうですが、基本的には偽物を取扱っていません。

よって買取として取扱いする業者は「ないに等しい」と思ってください。

偽物を売れば信用問題につながる

コピー品を売れない大きな理由は、信用問題にあります。
とくに大手の場合は、1つでも摘発されれば「すべての商品」に疑いがかかります。

最近の買取店では、コピー品に対して非常に管理がきびしい傾向にさえあります。
査定に出してしまった時点で、買取利用者(お客側)への信用にさえ関わるほどです。

偽物が売れそうなショップを知る

そうはいっても、

「偽物を売れるなら、関係ない!」と思う方もいるでしょう。

偽物を買取するショップが「100%ない」というわけではありません。
ブランド品の管理に関して、力をいれていないショップであれば、その場で買取せざるを得ません。

ただし売った後のトラブル、責任は、売った側にも大きく関わってきます。

この点は後述します。

偽物を売れば、人生を無駄にする

ヴィトンやシャネルといったブランドの偽物を、仮にリサイクルショップで売れたとします。
当然、その場で買取ができたとしても、ショップは鑑定業者に「真贋」を依頼する場合が多いです。
※真贋とは、特定のデータから本物か偽物を判断すること。

自身の店舗で、コピー品かどうかが判断ができない場合に、よく利用されています。

後日、買取したブランドがコピーだとわかれば、身分証明書から所有者を確認されます。
この場合、買取したお店もにも非がありますが、持っていた本人も同等の扱いとなるでしょう。
※もちろん、全てのショップがおこなっている訳ではありません。

偽物を売るということ自体、立派な違法行為なのです。

偽物を買取業者以外で売る、処理する

家族、友人、知人など、個人的に売りたい場合もまた。考えるべきところです。

友人や知人の場合でも、偽物はアウト

個人なら許されると思われがちですが。相手が誰であろうと、売ってお金にしてしまうこと自体、アウトとなります。

また、内緒で売ってしまえば、人としての信用問題に関わりますので。十分に注意してください。

ここまでの内容をまとめると、「偽物をお金に変えることはできない」という結論となります。

偽物を友人にあげるのは問題ない?

偽物ブランド品を、友人や知人にあげるのはどうでしょうか。
答えはNOです。

厳密にいえば、差し上げた本人が買取や個人売買しなければ、大きな問題になること極めて低いと言えます。
法律についての専門サイトで確認

ただし、先ほどもお伝えしたのですが、偽物ブランドに関して取締がきびしくなっています。
ジモティなどで誰かに差し上げる際でも、すべて自己責任でおこなってくださいね。

偽物ブランドは、最初から持たない

結局のところ、

  • お店に偽物を売りたい
  • 友人に偽物をあげたい

といった悩み以前に、最初からコピー品を持たなければ、何も悩むことはないのです。

処理に困っている人は、潔く捨ててしまうのが最善の策だと言えるでしょう!

オークションやメルカリも違反

偽物を売るのは

  • 個人
  • リサイクルショップ
  • 質屋
  • 買取業者

に限った話ではありません。
メルカリやヤフオクでも規約違反です。

場合によっては、複数アカウント所持と同じで、即アカウント停止、削除となるでしょう。
見つけ次第、誰かが通報して削除されます。

管理体制が以前とまったく違いますので、人がすくない、深夜帯を狙うなどという行為もやめましょう。

偽物のルイヴィトンかどうか、わからない

なかには、「100%偽物とは言い切れない」と、自身で判断がつかない場合もあります。

偽物として買った覚えはないけど、

  1. 購入先がよくわからないバッグ
  2. 昔の恋人もプレゼントでもらったサイフ
  3. 楽天、アマゾンなどの通販で購入したアクセサリー

などです。
メルカリやヤフオクで売りたい場合、確実に正規と判断できるものしか、出品は許されていません。

本物として判断できる基準(フリマの場合)

確実に本物と判断できる商品は、

  • 自身が直営、正規店で買ったもの
  • ギャランティ(店名記入あり)が付属するもの

の、基本どちらかです。

もし、自分自身で見極めができないブランド品であれば、一度リサイクルショップの査定にだしてみてください。
正規であれば。査定金額を出してくれますし、偽物の疑いがあるものは、そのまま買取不可となります。

基準は、AACD加盟店が確実

査定に出すときのポイントとしては、AACDを通しているお店を選ぶことです。
そして、聞かれたことには素直に答えましょう!

ルイヴィトンの査定でよく聞かれるのは、購入場所と買われた時期でしょうか。

  • AACD未加入のリサイクルショップ
  • メルカリ
  • ヤフオク

にて購入したものは、できる限り査定しておきましょう。

AACD(日本流通自主管理協会)とは

ブランド品の偽物排除をおこなう団体。多くの質屋、リサイクルショップ、または海外ブランドの輸入販売ショップが加入している。
ブランドオフが偽物を「取り扱えない」根拠的2つの事実【口コミ、評判あり】
国内(金沢、銀座など)と海外で60店舗以上、オンラインストア…

偽物ルイヴィトンを寄付する

最後に、寄付について考えてみました。

  • ショップで売ることができない
  • 友人や知人に売ることもできない

となれば、捨てるしかないとご紹介しましたよね。
ただ、高い金額を出してまで買った物だと、捨てるにも抵抗があると思います。

そんなときは、寄付団体に相談してみましょう。

寄付団体に相談してみる

世界には、服を着たくても着れない人、ブランドの存在すら知らない方たちが、多く存在します。

バッグとしての機能が成り立つものであれば、寄付団体は喜んで引取してくれます。

捨てるということに抵抗がある方は、ボランティア活動として貢献してみるのも良いでしょう。

AACDに資料として提供

先ほども紹介したAACDですが、ブランド品の研究を毎日のようにおこなっています。

倉庫には、本物、偽物に限らず、膨大のブランド品を抱えていることでしょう。

そんなAACDだからこそ、資料として受け取りをしてくれる可能性は十分にあります。
偽物といっても膨大の数があるため、AACDにとっては新しい発見となるかもしれません。

もちろん勝手に送るのはオススメしませんが、相談はいつでも公式サイトから受けています。

「偽物を持っていることに不安」を感じている方は、真っ先に相談すべき業者なのです。

引取業者に相談してみる

引取業者であれば、自分で捨てるよりも安心できますよね。
中には、海外輸出をおこなっている業者もあります。

可燃ごみで捨てるには気が引けるという方は、衣類品などと一緒に依頼してみるも良いでしょう。

まとめ

偽物を持つことで、どれだけ面倒なことになるか、お分かりいただけたと思います。

インターネット上では、「偽物を持つだけで犯罪者」など言われ続けていますよね。
持てば持つだけ精神的ストレスを抱える原因にもなります。

処分する、寄付するなど、早めの対処を心がけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました