メルカリの自作自演行為で課せられるペナルティまとめ【垢banで後悔】

生活のこと

フリマライフ、楽しんでいますでしょうか。僕はメルカリの評価が4,000件に近づいてきました。垢ban(アカウント削除)されるような行為は一切しませんが、いつ、どんな言動や行動でペナルティを課せられるか分かりません。

そこで今回は、メルカリで禁止されている行為の一つ「自作自演」のペナルティについて詳しくまとめます。「価格やコメントを自作自演で調整すれば、商品が売れやすくなるのでは?」と考えていた方は、ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

メルカリの自作自演行為で課せられるペナルティまとめ【垢banで後悔】

まず結論からいうと、メルカリで自作自演の行為した場合は「アカウント削除」になる確率が高いです。そもそもコメントや購入の自作自演をしたい場合は、複数のアカウントを作成する必要があります。アカウント一つでは、他人になりすますことができません。

複数のアカウント所有は禁止行為

メルカリでは、一人のユーザーが複数アカウントを所有することを禁止しています。もし事務局にバレた場合は、即アカウント削除されるので注意しておきましょう。今後もメルカリを不用品を売った商品を購入したいのであれば、絶対に重複アカウントを作成してはいけません。

アカウント削除で「永久追放」

「アカウント削除されたら、また作ればいい」と思われるかもしれません。しかし、アカウント削除は「永久追放」と同じ扱いです。これまでに使用した名前、住所ではアカウント作成することが不可能なんですね。

貯めた「売上金」も没収される

「使えなくなっても、これまで貯めた売上金さえ戻ってこれば問題ない」

残念ながら、これまで頑張って商品を売って貯めた売上金はメルカリに「全額没収」されます。売上金没収と聞くと「詐欺だ」「ぼったくりだ」と思うかもしれません。

運営側「規約違反する人には利用してほしくない」

メルカリ、その他のフリマアプリを利用する際には利用規約を読む必要があります。利用規約とは「アプリを利用する上で、かならず守らなければいけない契約書」のようなものですね。

出品者、購入者が安全な取引をおこなうためにも、メルカリは規約違反をするユーザーを日々、取り締まっています。十分に理解しておきましょう。

フリマアプリによる自作自演の例

フリマアプリの自作自演がどのような行為なのか、いまいち掴めない方も多いでしょう。ここでは、ヤフオクやメルカリで見かける自作自演について一例をあげてみました。

入札(価格釣り上げ)の自作自演

メルカリに入札機能はありませんが、ヤフオクではオークション形式のため「入札価格の釣り上げ」ができます。たとえば、100円からスタートして5,000円以下で売りたくないとしましょう。別アカウントで5,000円で事前入札しておけば、他のユーザーが入札しても、自動的に価格があがります。

実際、ヤフオクではアカウントを複数持つことが許されています。しかし、釣り上げ入札などの禁止には変わりなく、自作自演はリスク覚悟の行為でしかありません。

スポンサーリンク

落札相場の自作自演

落札相場の自作自演は、あまり公開されていない情報です。これは、他のアカウントを使って商品の価格相場をあげる行為です。

具体的には、仮にAの落札相場が「平均で約5,000円」とします。商品をさらに売れやすくために「10,000円の落札履歴」をつくり、メルカリやオークションの利用者に価格高騰をアピール。

人によっては「相場の高いものがたまたま安く出品されている(販売されている)」と、つい衝動買ってしまう心理があります。

リサイクルショップが「転売ヤーに店内の商品を買わせる」にも役立つ方法ですね。

さる
さる

もちろん、自分で自分の商品を(お店も同じ)購入するのは禁止です。

コメントの自作自演

コメントの自作自演とは、その名の通り「自身の出品物に自らコメントする」ことです。「複数アカウントからコメントして、何の意味があるの?」と思われるかたもいるでしょう。

メルカリでは、一時的にお気に入り登録できる「いいね機能」があります。ヤフオクだとウォッチリストですね。商品のいいねの数は、全利用者で見ることができます。

そして、いいね数が多い=それだけ多くの人が興味をもつ商品です。中には、他ユーザーのコメントが入ると「商品を買われてしまうのでは?」と、あえて購入を焦らせるのです。

さる
さる

参考までに、メルカリなら自分の出品物にお知らせ等のコメントを残すことができます(標準機能)。ヤフオクでは質問の回答しかできません。

スポンサーリンク

自作自演の効果

これまで紹介した自作自演は、フリマアプリで実際におこなわれているものばかりです。効果がどれくらいあるのか、少なからず興味はあるでしょう。

「マメに価格相場を把握している」「フリマアプリに慣れている」利用者からすれば、自作自演はすぐに見抜けます。しかし慣れないユーザーに対してなら、自作自演の効果はそれなりに見込めるかもしれません。

とはいえ、前述した通り「アカウント削除のリスク」「売上金没収」を考えれば、自作自演はしないほうが良いでしょう。

さる
さる

もし再度メルカリを利用したい場合は、引っ越しをしてから「携帯番号と名前の変更」が必要です。

まとめ

今回はメルカリ(一部ヤフオク)の自作自演行為について話してきました。

自作自演は、一部の利用者には通用するものの、大きな効果は期待できません。それどころか、アカウント停止、永久追放、売上金没収の原因になります。

そもそも、フリマアプリで不用品を売ること自体にも、多くの時間を費やしています。あとで後悔しないためにも、ルールを守って利用していきたいものですね。

ぜひ参考にしてください!

タイトルとURLをコピーしました