リサイクルショップ「10のメリット、デメリット」元店員が大暴露【最新版】

当記事では、リサイクルショップで、売ったり買ったりするメリット、デメリットって?店員になるメリットデメリットは?最大限活用する方法を教えてほしい、など。まだリサイクルショップを活用しきれていない人に向けて、元店員がまとめてみました。全人共通の内容となっています。

スポンサーリンク

リサイクルショップ「10のメリット、デメリット」元店員が大暴露【最新版】

いちこ
いちこ

さるくん、あなたリサイクルショップに長年勤務していたけど、いいことあったの?今でも頻繁に通ってるみたいじゃないの。

さる
さる

やっぱりリサイクルショップが好きだからね。やめても、お店に通う癖は治らないみたいだよ。それに、リサイクルショップで働いたり、通い続けていることで、ものに対する知識はずいぶん深まったよ。

いちこ
いちこ

私みたいに転売はやらないの?高く売れるし、メリットだらけだと思うんだけど。

さる
さる

リサイクルショップを活用した転売は、時間と手間の割に儲からないと知っているからね。リサイクルショップは、あくまで個人的な買い物で活用しているだけだよ!いちこちゃんも、メリットとデメリットはしっかり区別しておくといいよ。

いちこ
いちこ

え、あたし実は損しているみたいな感じのいい方だけど?・・・。さるくん、詳しく教えて!!

リサイクルショップは不要なモノを売りたいと人にとって、とても便利なお店です。しかし、最近はメルカリといったネットサービスを使う人も多く、活用される人も少なくなってきています。

売買もネット時代の今だからこそ、改めてリサイクルショップを使うメリット、デメリットを10つ紹介していきます。まずはメリットから見ていきましょう!

リサイクルショップに存在する10つのメリット

1.毎日、掘り出し物に出会えるチャンス

リサイクルショップでは、基本的に毎日が入荷日というスタイルでおこなうお店が多いです。買取が毎日のように入ってくるので、それに合わせて値段をつけていきます。

1日で数百点から入荷するお店も多いので、それだけ掘り出しものに出会えるチャンスでもあります。今の世の中、ネットサービスを利用する人ばかりですよね。場所によっては、店頭で買い物をする人が減ってきています。

実際、リサイクルショップに持ち込んで買取する人は、まだまだ多いです。今のタイミングだからこそ、掘り出し物に多く
出会えるチャンスなのです。

店員になると、社割で購入することもできます。割引率は、おおよそ2割から3割ほど。ただし、入荷してすぐに買うことができません。これは、お客第一を考えた上で仕方のないことだと思ってください。

さる
さる

もちろん内引きをすれば「クビの原因」になります。ご注意を!

参考記事
リサイクルショップで内引きした人の結末は?元ショップ店員が大公開

2.商品の状態を、自分で確認して買うことができる

ネットショッピングやオークションサイトでは、特別でもない限り「実物を見て購入」することができません。
中古品もそうですが、到着したらイメージの色やデザイン、使い方が違ったなどよくある話ですよね。返品をしようにも、個人的理由では返品することができません。

リサイクル品を店舗で直接買う、最大のメリットだと思います。

3.ほとんどの商品は、返品対応がスムーズ

直接、状態や動作を確認して買えるということは、それだけ対応もスムーズです。購入した家電が壊れていたり、古着が大きく破れていたりすれば、すぐに返金対応をしてくれるお店がほとんどです。

オークションサイトでは相手が個人ですから、人によってスムーズというわけにはいきませんよね。最近ではメルカリが保証をしてくれるなんて話も聞きますが、時間を要するのに代わりはありません。精神的ストレスを抱える時間が、非常に無駄でしょうがないです。

4.商品によって、3ヶ月間〜半年ほど保証をつけてくれる

返品といえば、保証がついているかどうかでも変わってきます。先ほど同様、メルカリやオークションでは保証がありません。偽物を買ってしまったなどの場合でも、相手の情報がよくわからずに「泣き寝入り」というケースもあります。

家電製品の場合でも、初期動作は対応するものの、それ以降は一切保証をしてくれません。ショップではなく個人が相手ですので、その点が多いのはしかたのないことです。

その点リサイクルショップでは、家電製品や腕時計など「機械物に関して」、数ヶ月間の保証をつけてくれるショップも多いでしょう。とくに「冷蔵庫、洗濯機、テレビ」に関しては、店舗での購入をおすすめします。リサイクル料金がかかる製品は、デジタル家電や小物家電と比べて保証期間が長い傾向があります。

最大でも1年近く保証をつけてくれますので、トータル的に考えて利用しない手はありません。

5.オークション(ヤフオク、メルカリ、ラクマなど)と違い、個人トラブルもなく、即現金化

先ほどの返品対応でご紹介した、メルカリやヤフオクは「相手が個人」という点。ネットの評判を見ると、さまざまなトラブルに巻き込まれていることでしょう。

いちこ
いちこ

商品を落札したのに、出品者の商品発送が遅くて困っています

弟

購入した相手の方が、受け取り通知を全くしてくれません

いちお
いちお

相手が住所を間違えて記載していたので、商品が紛失してしまいました

姉

個人的理由で、返品しろ!と一点ばりです

トラブルに巻き込まれてると、それだけ精神的ストレスを抱えることになります。ただでさえ「スマホを見続けて」ストレスを抱えている人には、体にも良いとは言えません。

リサイクルショップにも、対応がイマイチという人がいるかもしれません。しかし、お店の方針があるので、最低限の処理、対応はしなければいけません。

ネットと店頭で「値段」だけ迷っている人は、是非リサイクルショップを活用しましょう。

6.一部の買取を除き、手数料とリスクがない

メルカリ、ヤフオクでは、現在10%の販売手数料が落札金額から引かれます。また、売れた金額を銀行に振り込みするにも、200円の振込手数料がかかります。

発送という点においても梱包材や封筒を用意して、「すべて自分」でおこなわなければいけません。どこで発送するのが一番安いか?などを調べる。最適な発送方法は何か?を調べた。そして、郵便局や運送業者の営業所(ヤマトや佐川急便)などで、毎回のように顔を出さなければいけません。

誰がどうみているかもわからないので、気になる人にとって売却はリスクの塊であったりします。これは、一部リサイクルショップでも同じことかもしれません。

リサイクルショップで買取をする際は、手数料がかかることがほとんどありません(返送料くらいです)
また、金額が安い点で活用しないという方が多いと思いますが、リスク考慮の上ではリサイクルショップに軍配があがります。
どれだけの人が使っているかわからないインターネットに個人情報を登録すれば、どこで誰が見ているか全くわからない状態ですよね。

まだ中小規模のリサイクルショップで店頭買取した方が、リスクの面では「よほど安全」だとも言えます。

7.身分証明書が必要のないお店もある

個人情報のリスクとして考えられるのが、必ずといっていいほど必要な「身分証明書」ですよね。

最近知りましたが、東海地方にあるキンブルというリサイクルショップは、身分証明書が必要でない場合があります。金額によってということでしょうが、記入も必要なく非常にスピーディーな買取でありました。

個人店がメインとなるかもしれませんが、身分証明書を必要としないケースもあるのです。コピーではなく、身分証明書の番号だけ控えるショップも多いです。顔写真の扱いという点では、まだ安全ではないでしょうか。

8.スマホを見なくてよい分、買い物でストレスがたまらない

いまはスマートフォンがなくてはならない存在となっていますが、人はスマホやデジタル機器によって「大きなストレス」を浴びせられています。

これは医学的にも言われていることですので、怒りっぽい、疲れやすい、不眠などで悩んでいる人は注意が必要です。
メルカリやオークションなどのアプリは、高く売れる、安く買える、すぐ売れる、すぐ買える、で大変便利なサービスだと個人的にも思います。

ただ、仕事としてやらない以上は、あまり活用をオススメしません。実際にお金の問題よりも、時間や健康寿命を奪われているようで仕方ありません。

管理人さるは、リサイクルショップで店員さんと接しながらの買い物が好きなので、行くにも全く苦になりません。大手の買取は、確かに安いときもあります。でも、結局は使わない物で多少お金になりそうなものしか売らないので、圧倒的に売る率の方が多いです。

どうしてもパソコン使う仕事である以上、これ以上ストレスでメインに支障をきたしたくありません。

是非とも同じような方は、リアル店舗で「ワクワク感」を楽しんで見るのも悪くないですよ。

9.お店や店員と仲良くなれば、個別対応してくれることもある

これは、直接店舗を利用した場合に限ります。おもに店頭買取、出張買取ですね。宅配では、ほとんど対応してくれません。
リサイクルショップで働いている人は、少なくとも中古品に興味がある人です。また、ある分野の担当を任されている人であれば、ほとんどが「社員クラスのベテラン」です。

そういった人と、是非仲良くなってみてください。あまり大っぴらには言えないのですが、値引きや買取アップをしてくれることがあります。以前に名古屋に住んでいた時に、買取王国というリサイクルショップでは大変お世話になりました。古着の買取でよく利用していたショップです。

個別対応は店舗やスタッフにもよりますが、売る側の接し方でも大きく変わると思っています。冷たい態度ならまず無理でしょうし、1年に5回とかそういう頻度でも難しいです。

信頼関係を気づきたい方は、少なくとも1ヶ月に2、3回「買物と買取」で利用しましょう。まずは顔を覚えてもらわないと話になりません。

10.不用品の引き取りをしてくれるショップも存在する

最後のメリットは、引き取りに関してです。これもショップによりけりですが、無料引き取りはとてもありがたいサービスです。
一部のリサイクルショップでは、古着や壊れた家電製品を処分引き取りをおこなっていたりします。

なぜ無料で引き取りできるかといいますと、ショップが処分業者やボランティア活動をされる人と提携しているからです。どんなものでも最終的に新しい形で活用されるため、結局は誰かが必ず必要としているわけですね。それで処分業者は利益をだしています。

お客

リサイクルショップ

処分業者

ボランティア活動

海外支援

といった流れでしょうか。
処分業者と提携しているかどうかは、ショップの公式サイトか店舗スタッフに確認をすることで、おおよそ調べられます。

皆さんのお近くのショップも、もしかしたら引き取りを行なっているショップかもしれませんね!

ここまでリサイクルショップのメリットについてまとめてきました。では次に、デメリットという点ではどんなことが考えられるか見ていきましょう。

リサイクルショップに存在する10つのデメリット

トラブルが起きた場合、店舗にわざわざ出向かなければいけない

商品が故障していた、付属品が足りない、商品が足りない、支払い額が違うなど、店頭でのトラブルは基本的に店頭での処理が必要です。ネットサービスであればスマホ1つで住んでしまいますから、この点は大きなデメリットと考えてよいですね。

店員の態度にばらつきが多いため、人によってはストレスを感じる

リサイクルショップには様々な人が勤務しています。年齢や性別も、お店によってバラバラです。
話が通じないスタッフに遭遇してしまうこともありますので、人によっては何かとストレスを抱えることになります。

それこそ、先ほどのようなトラブルにあった時に、

いちこ
いちこ

また、あの店員さんの顔を見ないといけないのかな?

というようなことも考えられます。
ネットのよいところは、相手の顔が唯一わからないことです。対応だけしっかりしていれば、そのほかは何も気になることがありません。

時には「体力とガソリン」を使うだけで、何も得られない

これはリサイクルショップ好きにあるあるですが、せっかく遠出したのに何も買えなかったということもよくあります。
たとえば、以前に伺ったすこし距離のあるお店。そこが毎日入荷しているといっていても、自分の目的物かはわかりません。

ショップによっては、商品出しの偏りが大きいので、何も出会えないということがよくあります。結局、ガソリンと運転による疲れを消費しただけとなります。

ネットサービスなら、いつでも、どこでも、タイミングを選ばず商品を買うことができます。スピード面においては、ネットに勝るものはありません。

クレジットカード、キャッシュレスが使えないところがある

今はどんなショップも、クレジットは当たり前です。また、paypayやLINEpayなどの「キャッシュレス」が使えるショップも多い中。いまだに現金しか利用できないリサイクルショップがあります。

経営方針などで仕方のないことかもしれませんが、いざというときには近くのコンビニやATMを利用することになります。
絶対カード主義の人、少し手間だと考える人にとっては、この点が大きくデメリットと感じるかもしれませんね。

偽物をノンブランドとして、平気で売るお店もある。また、対策や保証もない

姉

リサイクルショップで扱うブランド品は偽物だ!

このイメージが100%なくなることはありません。ただ昔と比べて大きく変わった点は、偽物を扱わないようにするための「団体」が設立されたことです。

参考記事
ブランド品の偽物、本物を真贋をするAACDとは?信憑性と内容について【重要】

リサイクルショップは買取が基本ですので、常にいろいろな物事に対しての知識、勉強が必要とされます。とはいっても、日々の業務で忙しい中すべてを1から勉強するには、とても時間がないのです。そこで、様々な「情報」をお金で買う必要があるわけです。

先ほどご紹介したAACDですが、じつは入会しないリサイクルショップも数多いです。基本的にはブランドの真贋がメインです。取扱が少なければ、必要としないお店もでてくるのです。

そういった、真贋に力をいれていないお店でブランド品を買うのは、できる限りやめておきましょう。
対策はもちろんしていませんが、購入後の保証などもありません。いくら偽物といっても、お店は本物として出しています。よほどの資料や説得がなければ、対応はしてくれません。

ブランド購入は、ぜひAACDマークがあるショップを選びましょう。

売る物によっては、買取相場が安い

皆さんご存知かと思いますが、リサイクルショップの買取は比較的安いショップが多いです。金額面においては、メルカリやオークションに勝りません。

ただし、安いといっても個人売買より安いというだけです。
10000円の家電製品が100円といった、【目が飛び出るほど安い」いうお店ばかりではありません。

買取が高いリサイクルショップを選ぶのは、非常に難しいです。お店にも得意不得意があり、それは日々変わってしまうからです。ゲームやブランド、貴金属、ロレックスなどは、ある程度相場が決まっています。

いっぽうで、洋服に関しては「店舗売り上げの傾向」でも大きく変わったりもします。

さまざまな評判がネットで出回っていますが、すべてが実際の利用者とも限りません。より高いショップを選びたいのであれば、人気ショップなどで宅配を依頼して、自ら比較するしか方法はないのです。

高価買取のショップを探す手間が、リサイクルショップで買取をする上でひとつのデメリットになります。

各店舗によって、買取金額が変わる

上記のデメリットと似ていますが、これは「同一リサイクルショップ」であった場合です。
同じリサイクルショップでも、店舗で強化買取(そのお店が強く集めているもの)が違います。

比較サイトでショップ名から探す方もいると思いますが、宅配買取と店頭買取でも全く違います。
すべては、売りたいお店がどういった物を高く、強く買い取っているかで決まってくるです。

宅配には宅配のスタッフがいますし、知識もレベルも違います。
価格を調べる情報は一緒とはいえ、

(某リサイクル店×店舗数)×買取業者=比較するショップ、と考えておきましょう。

実際には店頭買取や店舗の出張買取のほうが、高く買取りすることもあります。

検索できるわけではないので、商品をさがす手間がかかる

これは商品を買いたい人の場合です。当然ですが、リサイクルショップには商品を検索できるような機能やサービスはありません。
ネットだからこそできることです。

欲しい商品が見つからない場合はスタッフに聞けば良いのですが、それでも数に限りがあります。思っていた商品とマッチしないことがほとんどでしょう。

確実性を求めるなら、ネットでのお買い物が一番です。

お得な買取アップを利用したところで、ネット相場には勝てない

よくリサイクルショップのLINEやメルマガ、店頭での告知、テレビCMなどで、

店長
店長

今なら買取20%UP!いま売らなきゃいつ売るの!?

といったモノを見かけますよね。
買取アップキャンペーンが増したところで、メルカリの価格には勝てないのが本音です。

一旦すべてのメリット抜きにして、少しでも高く売りたいという人に関しては、初めからメルカリかヤフオクを利用しましょう。

空気が悪いので、マスクが必須

お店に関わらず、リサイクルショップにはいろんなものが買取、販売されています。その中には「数十年」経っているものが陳列されていることも多々あります。

実際、何処にあった品物かもそれを「売った人」しかわかりません。

アンティークを扱うショップに関してはとくに言えることですが、少なくとも「空気がきれい」と言えません。
潔癖症な方はもちろん、空気に敏感という人は利用しない方がよいかもしれません。

もしくは、マスクを着用して来店されることをおすすめします。

これも、同じく店員になりたいという人にも言えることです。マスクを禁止するところもあるので、事前に確認しておく必要があります。一人だけ特別に、というわけにはいきません。

ちなみに管理人さるは、アマゾンで購入したマスクを毎回着用しています。リサイクルショップどうこうよりも、外出時には欠かせない存在です。

以上が、リサイクルショップを利用する上でのデメリットでした。

最近の流行「購入がリサイクルショップ、売却はフリマ」

最近の傾向としては、リサイクルショップで安く仕入れて、フリマで高く売るという方が多くなりました。お店にいくと、フリマアプリを片手に商品を物色されています。

もちろん時間がある人はお小遣いくらいにはなりますので、挑戦してみるのもいいでしょう。
散々リサイクルショップのメリットについて語ってきましたが、売却という点においては「メルカリユーザー」で溢れかえっているということですね。

入れ替えの激しい子供服や、消耗品、ちょっとした家電など。
安い掘り出しもの見つけたい人は、状態も確認できる店舗へ足を運びましょう。

リサイクルショップのメリット、デメリットまとめ

リアル店舗の活用は、時間がある人という人は「メリットのほうが大きい」ことがおわかりいただけたと思います。

買取でのスピード、安全面、買物での掘り出し物探しなら、リサイクルショップ。
効率的な商品探し、高値売却をしたいのであれば、ヤフオク、メルカリといったフリマサービス。

さる
さる

迷ったら、これで決まりですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました