セカンドストリートに売ってるヴィトンの財布やバッグは絶対に本物?

購入のこと

セカンドストリートで販売しているヴィトンの財布やバッグは「絶対に本物」と言えるのか、詳しくまとめました!

「本物、偽物」と「リサイクルショップの基準」は別問題です。
この点は、ブランド品を売る上でしっかり理解しておきましょう。

この記事を書いた人
OSARU

リユースショップ査定員10年→リユース専門のWEBライターへ。
買取・断捨離のこと、業界の裏話、セール・お役立ち情報を発信しています。
フリマ暦5年(累計評価5,000)

好きなこと:リユース、音楽、アウトドア、食べる
Twitter:@Re_OSARU
Instagram:OSARU_IG

OSARUをフォローする
スポンサーリンク

セカンドストリートに売ってるヴィトンの財布やバッグは絶対に本物?

さっそくですが、セカンドストリートに売っているルイヴィトンの商品は、100%本物だとは言い切れません。

その理由は以下3つ。

  • ルイヴィトンには、SSS級のコピーが存在する
  • 商標権がなければ「本物、偽物」と判断できない
  • 完璧な中古市場、リサイクル業者は存在しない

ルイヴィトンには、SS級のコピーが存在する

ルイヴィトンは、世界の誰もが知るほど有名な海外スーパーブランドです。
これだけ人気のあるブランドだと、出回っている偽物の数は計りしれないでしょう。

このような偽物商品の中には、SS級とも呼ばれる真贋が非常に難しいコピー品も存在しています。

※真贋とは、コピー品と正規品を判別すること

もちろんSS級の偽物も判別できるように対策はおこなわれていますが、コピー品の精度は日々上がっています。有名で人気のブランド品を購入する場合は、あらかじめ理解をしておいたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

商標権がなければ「本物、偽物」と判断できない

基本的にリサイクルショップでは、ブランド品を「本物、偽物」と判断することはできません。セカンドストリートでも同じです。

買取業者には「査定基準」というものが存在します。そのマニュアルに沿って買取できるかどうかを判断します。また査定基準は、下記のようなブランドホルダー(商標権を持つ企業)が発行するわけではありません。

  • ルイヴィトン
  • シャネル
  • エルメス
  • ロレックス

ブランド品を扱う多くの店舗では、AACD(一般社団法人 日本流通自主管理協会)が作成した査定基準を使用します。

スポンサーリンク

セカンドストリートは、AACDに加えて独自のマニュアルがある

セカンドストリートの査定はAACDのマニュアルに加えて、独自の査定基準を設けています。
これは、買取件数や実績が多い業者だからこそ可能で、小規模のリサイクルショップではAACDの加入すらできない場合もあります。

冒頭にて「偽物が絶対にないとは判断できない」と話しましたが、中古ブランド品を販売している中では、安心できるショップだと言えるでしょう。

完璧な中古市場、リサイクル業者は存在しない

リサイクルショップ、ネット買取業者、フリマアプリなど、まだまだ完璧な中古市場というのは存在しません。

たとえば、リサイクルショップなら「知名度」だけで選ぶのは、とても危険でしょう。
大手の業者でも、各店舗のスタッフレベルは違いますし、査定の判断方法も変わってきます。

フリマアプリやヤフオクでさえ、AIで完璧に偽物を削除できるわけではありません。
中古市場でブランド品を購入することは、それなりにリスクもあるということは忘れていけないでしょう!

まとめ

セカンドストリートで販売しているルイヴィトンの偽物、本物について話してきました。

セカンドストリートではAACDの最新データに合わせて、独自の膨大なデータを所持しています。
販売証明書もつけてもらえるため、偽物についてはそれほど深刻に悩む必要もないでしょう。

条件を満たせば返品対応もしてもらえますので、安心してくださいね!

タイトルとURLをコピーしました