ハードオフのジャンク品は返品できる?【電源入らない、音鳴らない】

※当サイト「しゃりうす」は一部アフィリエイト広告を利用しています
生活のこと
本記事を読んでほしい人
  • ハードオフで購入した家電、ゲーム、カメラ等が壊れてた
  • ジャンク品とはどんな商品かを、改めて理解したい
  • 一般商品とジャンク品の違いを知りたい
  • ハードオフで返品する手順が知りたい

この記事では、ハードオフのジャンク商品は返品できるのか詳しく解説します。

さる
さる

ジャンクコーナーでゲームボーイ(Gameboy)を買うことも多々!

ハードオフでは、販売商品が「一般リユース品」と「ジャンク品」に分かれています。一般リユース品の家電・楽器・スマホなどには保証書がつく一方、ジャンク品には付属しません。

中には「説明欄に記載されている内容と違った」場合、ジャンクでも返品できるのか悩む方もいると思います。

返品期間・返品できる店舗も合わせて解説しますので、ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

ハードオフのジャンク品は返品できない

ハードオフで売っているジャンク品は、いかなる場合も返品不可です。購入した品が壊れていた場合もすべて自己責任です。

「修理する」「ジャンクとしてネットに売る」など、自己対処を理解した上で購入しましょう。

ハードオフの「ジャンク値札」の記載と違った

ジャンク品を探すにあたって「電源が入ればいい」「音が鳴ればいい」など、ご自身の購入基準があるでしょう。たとえば、ハードオフの値札に「電源入りました」と書かれていた場合、少なからず「電源は保証されている」と思いますよね。

残念ながら、ジャンク値札の記載は「動作保証を意味するもの」ではありません。動作チェックした時は「電源が入った」「音が鳴った」という認識です。

動かない場合は、品出しされた後「陳列されていた間に壊れた」「チェック時に、たまたま電源が入った」のどちらかです。

期間限定で返品できるハードオフ

ジャンク品が返品できないと紹介してきましたが、中には「期間限定で返品できるハードオフ店舗」もあるようです。

ただし、返品できるのはごく一部店舗だけ。どうしても購入後の動作が気になる場合は、店内スタッフに確認をとりましょう!

さる
さる

何事も購入前に!聞くだけはタダです。

中身がない、違う場合は返品可能?

箱やケース付き商品(ゲームソフト、DVD、CDなど)で「中身が入っていなかった」「中身が違う」場合は、返品対応してもらえる可能性が高いです。すぐに、購入したハードオフ店舗に連絡をいれてください。

ただし、購入してから何日も経過すると返品が難しくなるので、早めに中身を確認しておくのが望ましいでしょう。

購入店と「別の店舗」でも返品可能?

車を長時間走らせ、遠方のハードオフにて買い物された場合もあると思います。商品の中身がないなどの理由で返品をする場合、確認ができるのは購入店のみです。別の店舗では対応してもらえないので、注意してください!

ハードオフでジャンク品を売るといくら?

使えなかったジャンクの家電、楽器を、「再びハードオフで売ると、買取金額はいくらになるのか」気になる方もいるでしょう。

買取金額は商品によって異なります。ハードオフで売られているジャンクの販売金額は、商品によってさまざま。「どこが壊れているか」「人気があるか」「需要はあるか」などで、見積もり率は変動します。

一例をあげると、電源ケーブル、AVケーブル等のコード類は、1つ10円から50円。ゲーム機は、1つ100円前後。パソコン等になると、1,000円以上で売れるものもあります。

さる
さる

アップル製品なら、ジャンクでも需要が高いです。

メルカリで売れば、運良く利益が出ることも

ハードオフへ売るのに抵抗があれば、メルカリに出品するのも一つです。大きな商品だと発送が手間ですが、店頭よりも高く売れる可能性があります。フリマアプリでも、ジャンク品を中心に探す人は珍しくありません。

運がよければ、ハードオフで購入した金額の「5倍」「10倍」で売れるものもあります。返品できなくて困っていた方は、一度ネット相場を確認して、メルカリやヤフオクに出品してみましょう。

ブックオフ、セカスト等でも、ジャンクを買取する?

ブックオフやセカンドストリートなど、有名買取業者のジャンク取り扱いをまとめておきました。近くに店舗がある方は、ハードオフ以外も検討してみてください。

ブックオフのジャンク品取り扱い

次の記事では、ブックオフのジャンク品の取り扱いを詳しく解説しています。

セカンドストリートのジャンク品取り扱い

次の記事では、セカンドストリートのジャンク品を詳しく解説しています。

トレジャーファクトリーのジャンク品取り扱い

次の記事では、トレジャーファクトリーのジャンク品を詳しく解説しています。

まとめ

ハードオフにおける「ジャンク品の返品」についてご紹介しました。

ジャンク品は、たとえ値札の記載と違っていたとしても返品することができません。すべて自己責任で購入してください。

不要な場合は、再度ハードオフに売るのも良いですが、少しでもお金に変えるならフリマアプリです。思った以上の金額に化ける可能性もあります。メルカリ、ヤフオクの利用が面倒な場合は、他店も検討してみましょう。

参考までに、アップル製品などの需要が高い商品であれば、一括査定サービス「おいくら」もおすすめ。全国1,000店以上の買取業者が登録しています!

タイトルとURLをコピーしました