セカンドストリートで売れないものは引き取り処分をする?【無料と有料】

こんな悩みを解決できます

・セカンドストリートで買取できなかったものを、無料で引き取り処分する?

・セカストの引き取り処分で注意するべきことは?

人気リサイクルショップ「セカンドストリート」で、古着や家具などの引き取り処分をしているのかまとめました。

買取不可を品を持ち帰りたくない場合も多いかと思います。そんな中、引き取りのルールは買取業者によって違うため、処分事情で悩む方もいるのではないでしょうか。

使用予定がないものであれば、引き取り処分をしてスッキリさせたいですよね。そのまま処分してもらえれば、車の積み下ろし、ゴミ袋で捨てる手間も減ります。

さる
さる

公式サイトを確認したり、電話をしたりするのも面倒…

「買取金額より減らすことが優先」という方は、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

セカンドストリートで売れないものは引き取り処分をする?【無料と有料】

結論からいうと、セカンドストリートでは一部の商品を引き取りしてくれる場合があります。ただし引き取りと言っても、一部の品に限ります。のちに解説する大型品等は対応してもらえません。

またセカンドストリートでは、処分と同じ感覚で引き取りしてくれる「エコ買取」といったサービスがあります。

買取不可でも処分ができるケース※事例あり

買取不可となっている品目で「無料引き取りをしてくれるもの」とは、

  • 洋服
  • 服飾小物(帽子、マフラー、財布類)
  • 生活雑貨

など、処分しやすいものです。

店舗によりますが、査定終了後、もしくは査定で持ち込みをしたときにスタッフから説明されます。
もし必要ないものであれば、セカンドストリートが手数料無料で引き取りをする流れ。

さる
さる

新型コロナウイルスなどの影響で、店舗によって無料引き取りをしない可能性があります

処分については、最寄りの店舗、宅配買取のカスタマーサービスまでお問い合わせしましょう。
セカンドストリート公式サイトから確認できます

買取不可となった「家具、家電製品」の引き取り処分

もし家具や家電が買取不可になった場合、無料引き取りに限らず有料で処分してもらえるのか気になる方も多いと思います。

近年では、どんなものを捨てるにもお金がかかるようになりました。
大型の家具、家電(テレビ、冷蔵庫、洗濯機)となれば、別途リサイクル料金がとられます。

さる
さる

そうはいっても、引越しなどで期日までに処分しなければならないなんてことも…

残念ながらセカンドストリートでは、無料有料かかわらず大型商品の引き取りをしていません。
処分目的で持ち込んだとしても、時間と体力だけが無駄になってしまいます。

これを避ける方法として、前もってセカンドストリートのスタッフに「商品写真」を見せておきましょう。

傷を中心とした10枚前後の写真を、あらかじめ用意しておくといいかもしれません!
お店が取り扱いしていても状態で断られることがあります。



家具や家電製品の査定にある「稀なケース」

家具や家電を買取したあとに、稀に見るケースを紹介します。
これはリサイクルショップ全般に言えるのですが、査定で値段がつかなかったものが

「店頭で販売されていた」

ということありませんか?

前述したとおり、リサイクルショップは一般家庭の場合と違って処分する費用が高いです。

さる
さる

家具や家電の場合は無料引き取りしたものでも、できれば処分する前に店舗で売っておきたいというのが本音。

引き取りをしてもらった以上、

  • せこい
  • ぼったくり

などとは思わないほうがいいですね。
処分を提案してくれた場合は、サービスだと割り切っておくべきです!

販売されるのが嫌な場合は「自己処理」

逆に、無料で引き取ったものが販売されていると「気になる」という場合もあります。
そんなときは、

  • メルカリで売る
  • 再利用する
  • 分解して袋につめる、など

自身で処理されるのが無難です。

ゴミ袋に入りさえすれば、ほとんどのものは処分できてしまいます。
かかるのは袋の費用、処分する時間だけ!

また、メルカリで売るのも一つです。

さる
さる

手間はかかってしまうが、逆に、売れてお金になるかもしれません。

自身で処理をする場合は、各地域の指示に従う。
メルカリ、ヤフオク、ジモティといったアプリを使う場合は、規約をしっかり守り、正しく利用してましょうね。
メルカリの規約ヤフオクの規約ジモティの規約

無料引き取りリスト

あらかじめ処分できないものを知ることができれば、

  • 持ち込む手間
  • 持ち帰る手間

もグッと減りますが、残念ながらセカンドストリートにそのようなリストはありません。

引き取りは、あくまで買取の「おまけ」程度に近いということ。
なので、どんなものが買取不可なのか前もって知りたい場合は、店舗へ問い合わせておくとスムーズ!

同じ品目でも、取り扱い方法が店舗によって少し異なります。

さる
さる

直接聞くと言うこと以外、信頼性の高いものはありません。

服しか取り扱いしない店舗もある

正体不明の口コミサイトを見ただけで、商品を持ち込むのは大変危険だということも、この場をお借りしてお伝えしておきますね!

もし、その店舗が衣料品しか取り扱いしていなければ、無駄足を食らうことになります。
セカンドストリートには、

  • 総合
  • 衣類型

の2種類あります。
利用する予定の店舗がどちらなのか、ご自身でも公式サイトで確認しておきましょう。

最寄りのセカンドストリートがない

地域によっては、

「セカンドストリートが近所にない」

という場合があります。
そのような場合は、出張買取、もしくは宅配買取を利用するのも1つの方法です。

多くの人が利用しており、とても便利なサービスとなります。

さる
さる

利用料、査定に関しては、すべて無料!

もし、引き取りを希望されている場合は、
「処分ができるかどうかの確認」
を電話でも知ることができます。

注意点としては、出張買取は各店舗に電話すれば問題ありませんが、宅配買取については、ホームページと電話番号が異なります。

セカスト宅配買取を利用してみる

親会社「GEO(ゲオ)」での引き取り

「セカンドストリートはないが、ゲオなら近所にある」

そんな人も多いのでは?

さる
さる

ゲームの販売、DVDレンタルが中心のゲオに、処分引き取りできるのか直接問い合わせてみました。

スタッフの話では、

「一般的なリサイクル商品は、セカンドストリートでしか取扱をしていません。なので、処分もできません」とのこと。
一方、スマホやタブレットであれば、買取(もしくは引き取り)をしてもらえます。

ガジェットの査定を検討されている場合は、一度ゲオにも問い合わせてみましょう。
※取り扱いしているものかどうかは、品物を見ないとわからない、とのこと。

まとめると、洋服、家具、家電、雑貨といった「一般的なリサイクル品」の取り扱いは、セカンドストリート総合店のみとなります。

引き取り処分したものを返してもらう

よく見かける悩みとして、
「買取ってもらったもの、引き取ってもらったものを、後日返してもらうことはできるのか?」

というものがあります。

セカンドストリートでは、一旦買取したものはもちろん、処分引き取りしたものについても後から返してもらうことはできません。

さる
さる

なんでもかんでも、計画なしに売るのは危険!

たとえ、

  • 売ってはいけなかったもの
  • 後悔をしてしまったもの

だったとしても、一度承認してサインををしてしまっている以上は、返却の対応をしてもらえない場合が多いのです。

中に貴重品が入っていた可能性がある

品物の返却までとは言わないけど、品物のポケットや引き出しに、
「重要書類(身分証明書など)」
が入っていた場合も見ておきましょう。

査定の際はかならず、衣類、バッグ、財布、家具などの、あらゆる場所をチェック。

さる
さる

重要書類については、査定終了時にすべて返却されます。

査定から何日も経っている場合は、中身が入っていたという証拠でもないかぎり難しいかもしれません。

  • 品物を持ち込む
  • 品物を送る

場合には、大事なものが入っていないかご自身できちんと確認をしておきましょう。

返却が難しい、もう一つの理由

  1. 引き取った商品
  2. 商品に入っていた中身の返却

この2つが難しい理由は、「処分業者」も大きく関係します。

さる
さる

引き取りしたものは、基本的に「産業廃棄物」として処分業者に引き取りされるためですね!

様々な業者、リサイクルショップから引き取った「廃棄物」の中から探すというのは、不可能に近いです。

処分と言われて少しでも悩んだ場合は、一旦、品物を持ち帰えることをオススメします!

まとめ

もし最初から処分が目的なのであれば、ブックオフの大型、中型店を利用してみてください。
洋服などの品物だと、無料査定という形でそのまま引き取ってもらえます。

セカンドストリートでも絶対に引き取りしない訳ではないですが、お返しされる確率が多いでしょう。

家具などは、地域の団体、市の清掃課に相談してみるのが最も早いです。

タイトルとURLをコピーしました