セカンドストリートは炬燵(こたつ)も売れる?【ムダな買取を避けよう】

買取のこと

こんな悩みを解決できます・セカンドストリートでは、どんな状態、形「こたつ」でも買取ってくれるのかな

・こたつを売るときに注意すること

・掛布団、敷布団、毛布、ペット用といった、こたつ関連商品の取り扱いも知りたい!

こんにちは。大型品は8割店頭で売るようにしているライターSARUです!お金がいらない品場合は、メルカリたのめる便を活用します。

さて、リサイクルショップの店舗買取で「遠くから苦労して持ってきたのに、商品が売れずに持ち帰り」といったケースをよく見かけます。

ダイニングセット、ソファー、ベッド、冷蔵庫、こたつなど。大きい品物ほど、洋服や雑貨を売るとき以上に

「無駄な時間だった・・・」

と感じてしまいますよね。

そこで今回はセカンドストリートによる、冬の定番商品「こたつ」の取り扱いを詳しくまとめました!

大型品の取り扱いは「査定を申し込む前に」、店舗ごとでしっかり調べておきたい内容です。

「タダでもいいから、引き取ってほしい!」と処分を考えていた方も、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

セカンドストリートは炬燵(こたつ)も売れる?【ムダな買取を避けよう】

結論からいうと、セカンドストリートは各種こたつも買取ってくれます。こたつが売れるのか店舗へ問い合わせ、さらには店内での販売も確認できました。

ただし、すべての商品、すべての店舗で売れる訳ではありません。今現在セカンドストリートでこたつの査定を検討している方は、以下の点に注意しておきましょう。

こたつを売る時の注意点

  • 洋服以外の商品は「売れる店舗」と「売れない店舗」がある
  • こたつにも「買取できる条件」がある

こたつの取り扱いは、総合店だけ

700店舗を超えるセカンドストリートは、大きく「3種類」に分けられます。

セカンドストリートの種類

  • さまざまな品物を取扱う、セカンドストリート総合型
  • 衣類、服飾雑貨のみを取扱う、セカンドストリート衣類専門店
  • 衣類、服飾雑貨のみを取扱う、ジャンブルストア

家具や家電を取扱いしているのは、1つ目の「総合型のみ」。衣類専門型のお店では、基本的に買取査定をおこないません。※例外として、買取だけをおこなっている店舗あり。

売られる方の状況によっては、多くの「時間」「ガソリン」を消費してしまいます。あらかじめ「店舗で聞く」「電話をする」の対処をしておきましょう!

売れるこたつは「購入時から5年以内」

こたつは、家具である側で「電気」も使います。セカンドストリートでは家具ではなく、家電製品の扱いなんですね。そのため、買取には製造年数が大きく関わります。

僕がよく伺うセカンドストリートは、購入してから「5年以内の製品」なら査定が可能でした。5年以内というのは「年式」です。中古で購入してからの計算ではない点に注意しましょう!

買取できるこたつの例

わかりにくいと思うので、例えをつかって解説します。
今が2021年であれば、「2017年」までの炬燵のみ買取可能。年式の計算方法については、セカンドストリートで取り扱う年式でくわしく解説しています。

  • 2021年製:OK
  • 2020年製:OK
  • 2019年製:OK
  • 2018年製:OK
  • 2017年製:OK
  • 2016年製:NG

ここまでの内容は、僕が実際に利用しているセカンドストリートの基準です。利用する店舗の「査定の基準(どんなものが売れるのか)、在庫状況」で、若干、異なるかもしれません。

ネット情報hが不確かなものも多いので、最寄り店に聞くことをおすすめします。

コントローラーのない、こたつの買取

こたつを売りたいと思っている人で、

父ちゃん
父ちゃん

コントローラーが壊れている

と、本体しかない場合もあります。基本的には、コントローラーとのセットで販売しています。付属品の欠品で、買取をしてもらえない可能性大でしょう。下記のメーカーすべてが対象です。

  • ニトリ
  • 無印
  • 量販ブランド(アイリスオーヤマ、山善、など)
  • アマゾン(中華製メーカー)

一方、海外製の高額こたつなら、コントローラーがなくても買取をしてもらえるかもしれません。また、掘りごたつなどの「骨董」であれば

  • アンティークショップ
  • 専門店

のほうが、高く売れます。

こたつは、季節も限られる上に場所もとりますよね。
これはリサイクルショップも同じことで、査定では状態をきびしくチェックされます。年数が立ちすぎている場合は、持ち込むよりも処分したほうが手間も少ないです。

関連記事
掘りごたつを高価買取するリサイクルショップ | 骨董の専門店を選ぶべき3つの理由

こたつ買取で、よくある悩み

買取時期、バラした状態、関連商品、引き取りなど、「こたつの買取でよくある悩み」も紹介しておきます。

買取してもらえる時期

先ほど解説したとおり、こたつは季節商品です。そのため「買取できる期間が限られているのでは?」と思われるかもしれません。

最近では、365日センターテーブルとして使うことができる「おしゃれ家具調こたつ」も売ってます。

もし新しいデザインのものなら、季節関係なく買い取ってもらえる可能性も高いです。理由は、セカンドストリートで売られている家具の販売価格は、「デザイン」を重視しているものが多いためです。

不要なものがあれば、季節外でも一度相談してみてください。
商品によっては、無料の出張買取も利用できます。

ヒーターを外した状態での買取

過去にリサイクルショップで見かけたときの実話です。

ヒーターを外して「本体だけ」を持ち込んでいた方がいました。
家電でなくても、家具として買取してくれないものか?と考えたのでしょう。

さる
さる

ネジをバラせば、ただのテーブルですからね。

結果は、外したことが発覚して買取不可でした。
綺麗に分解できても「ねじ穴」が残ります。

セカンドストリートの店舗で売るには無理があったのでしょう。
コントローラーだけ、ヒーターだけという場合も、基準は同じとなります。

ペット用のこたつ

こたつは、人間用だけではありません。最近では、ペット用のこたつも販売されています。ペット用のものになると、完全未使用でなければ買取は難しいでしょう。理由としては、ほとんどのリサイクルショップは中古のペット用品は買取しないためです。

また衛星を考えて、未使用品でも買取しないこともあります。それほど大きなものでもありませんが、

姉

とりあえず持ち帰るのが面倒!

と場合は、一度問い合わせてから伺いたいところですね!

こたつ布団、こたつ用カーペット

こたつを使用するには、

  • 掛け布団
  • 敷きカーペット
  • 中敷

が必要となります。もちろん、これらの買取も気になってきますよね。
布団や毛布などの寝具類は、未使用品の状態であれば買取をしてもらえます。未使用の判断については、プライスタグ、紙タグ、がついたものとなります。

したがって、「タグがないけど未使用です」と伝えたとしても、未使用確認がとれないため買取はしてもらえないでしょう。これは、タオル、バスマット、でも同じことが言えます。

たとえば、読者のみなさんが買う立場になってみてください。未使用とかかれていても、タグがなかったら疑ってしまいますよね。

こたつの引き取り

もし値段がつかなかったら、無料で引き取ってほしい場合もあります。残念ながら、セカンドストリートでは値段がつかないものは引き取りをしていません。これは、家具、家電、洋服、雑貨、すべての商品にあてはまります。

たとえば、「お金を払う」とお願いをした場合も断られてしまうでしょう。
※洋服類のエコ買取については、別の記事で解説しています。

もし早急に、大型商品の処分をしなければならない場合は、

  • 住んでいる市の清掃課
  • 役場、市役所

に相談するのが一番早いです。

さる
さる

買取してもらえなかったこたつを、ノコギリで分解して捨てる人もいるようです。地域によっては、「木が可燃ゴミ」「本体が不燃ゴミ」として処分できます。

セカンドストリートのこたつ買取まとめ

まとめると、セカンドストリートではこたつを買取しています。しかし、いくつか注意点があるため、これまでの内容を参考にしていただき、査定依頼してくださいね。

最後に、一つアドバイスをしたいと思います。もし、こたつを車で持ち込みたいという場合は、スタッフの方に車内まで見にきてもらいましょう。「よいしょ、よいしょ」と店内まで運んだとしても、その場で断られてしまったら後味悪いですよね。

さらにいえば、車内まで見にくるのを拒否するような店舗では、できれば買取しないでください。今までに何度も遭遇しましたが、よかった記憶が一つもありません。

お金はつかないけど「引き取りだけならできる」という業者もあります。セカンドストリートが無理だったとして、あきらめないでくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました