セカンドストリートが買取する家電の「製造年数」を分かりやすく解説!【処分】

買取のこと

不要な家電をセカンドストリートで売る際に「取り扱いしてもらえる年数がよくわからない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

基本的には、リサイクルショップごとで家電製品の取り扱い年式が違います。売れない場合は商品を持ち帰ることにもなりますし、無駄な体力を使ってほしくありません!

ここでは「セカンドストリートで買取してもらえる家電の製造年数」について、詳しく解説!どんな状態や年式なら売れるのか、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

セカンドストリートが買取する、家電の製造年数

さっそくですが、セカンドストリートで取り扱いできる家電の年数を見ていきましょう。

一般家電であれば、10年以内
暖房家電であれば、5年以内
プリンターであれば、3年以内

製造年数は、売りたい家電によって異なります。こちらの内容は、セカンドストリート公式サイトで詳しく記載されています。
※公式サイトでは、〇〇年以上となっています。

取扱できない品物の製造年について
家電製品
11年以上前に製造された品物
暖房機(熱を発するもの)
6年以上前に製造された品物
パソコン
【ノートパソコン】
Windows XP 以前の製造品、macOS 10.6 以前の製造品、ChromeOS搭載の製造品
【デスクトップパソコン】
Windows7 以前の製造品、macOS 10.6 以前の製造品、ChromeOS搭載の製造品
プリンター
4年以上前の製造品

参照:セカンドストリート公式サイト

また、年式以外にも買取不可となるケースがあります。詳しくは、先ほどの公式サイトのページ下部に書かれています。

さる
さる

取り扱いできる「製造年数」を経過している家電については、国産であろうと、未使用であろうと、買取をしてもらえません。あらかじめ、注意しておきましょう!

取り扱いできる家電の一例

「〇〇以上、〇〇以内」と言われても、正直よくわからないという人も多いと思います。
そこで、より分かりやすいように一例をあげてみました!

現在:2021年2月1日

「2012年のドライヤー」の場合

売りたい家電、その1:2012年のドライヤー
メーカー:シャープ
経過年数:10年
取り扱い:可能

「2017年の電気ストーブ」の場合

売りたい家電、その2:2017年の電気ストーブ
メーカー:コロナ
経過年数:5年
取り扱い:可能

「2011年の炊飯ジャー」の場合

売りたい家電、その3:2011年の炊飯ジャー
メーカー:パナソニック
経過年数:11年
取り扱い:買取不可

「以上」「以内」は、製造年数を含む

〇〇以上、〇〇以内は、その数字を含みます。よって、2021年であれば【2021年を含めて11年】となります。「すこしくらいダメなの?」と思うかもしれませんが、セカンドストリートでは、年式に対してシビアに査定しているようですね。

さる
さる

ぜひ、これまでの内容を参考にしていただき、持ち込むようにしてください!

値段がつかない家電製品の、引き取り処分

年数が古く、値段がつかないのであれば「引き取り処分はしてもらえないのか?」と、気になる方もいると思います。

セカンドストリートは、引き取り処分をしていない※2021年

残念ながら、セカンドストリートでは全品物の引き取りをしていません。以前に、洋服の処分買取をおこなっていましたが、現在はコロナの影響もあり中止しています。買取対象になっていない品物とわかっている場合は、無理に持ち込まないようにしましょう!

また、店舗外への不法投棄を考える方もいますが、絶対にやめてください。取り返しのつかないことになってしまいます。

まとめ

年式が古くなった家電は、洋服や雑貨などと違い、製造年数によって「発火」「ケガ」につながる原因となります。そのため、取り扱いできる年数を限定している訳ですね!

「売れるのかよくわからない」といった家電であれば、近くのセカンドストリートに問い合わせてみましょう。お店の方が、丁寧に対応してくれますよ!

タイトルとURLをコピーしました