トレジャーファクトリーで買取不可なもの【引き取り処分も解説】

処分のこと
当記事の内容・トレジャーファクトリーで買取不可になるものの全体像
・店頭買取、宅配買取、出張買取、取り扱い商品(ブランド、衣類、家具、家電など)で、引き取れないもの
・愛用者による、処分についての正確な情報

トレジャーファクトリーで買取できない商品を、査定方法、ジャンルごとにまとめました!店頭買取、宅配買取でどんな品物が売れないのか、事前に知っておきたいという人も多いと思います。なにも考えずに店頭や宅配でものを売ると、「1円すら値段がつかなかった・・・」と時間を無駄にしてしまうでしょう。

事前に店舗が売らないものを把握することで、査定する品量もグッと減らすことが可能です!

さる
さる

箱に詰める作業が楽なうえに、店舗の場合は「査定時間も減らせて」一石二鳥!

引き取り処分については、直接、トレジャーファクトリーへ問い合わせした内容です。
「とにかく処分ができればいい!」という方も、ぜひ。

スポンサーリンク

【買取不可】トレジャーファクトリーで引き取れないもの【処分できるか】

トレジャーファクトリーで買取不可になる品物を、下記の順で解説。

  1. 店頭買取
  2. 宅配買取
  3. 出張買取
  4. 取り扱いジャンル別

店頭買取で取り扱いのない品

大前提として、買取方法ごとで取り扱いできないものを確認しておきましょう。

1つ目は「店頭買取」。

トレジャーファクトリーの店頭買取なら、さまざまな品物を売ることできます。

さる
さる

取り扱いをしているものであれば、ほとんどの商品が査定OK!

ただ、品目ごとで取り扱いできないもの(買取不可)があります。
※4つ目の「ジャンルごと」で解説。

「何も調べずに、詰め込んできてしまった…」
となる前に、ぜひ把握しておきたいですね。

車を使う場合は、店内で買取不可と判断される前に、車内まで見にきてもらってください!

さる
さる

それだけでも、荷物を下ろす手間がなくなります!

金券・商品券

トレファクでは、金券の買取をおこなっていません。
この金券、商品券には、「切手、葉書、記念硬貨」も含まれています。

売りたい場合は、金券ショップに持ち込むか、リサイクルショップの店頭買取を活用しましょう

金券の宅配買取は、法律で禁止されています。

宅配買取で取り扱いのない品

2つ目は、宅配買取。

トレジャーファクトリーの宅配買取では、下記を取り扱ってません。

  • 本、CD、DVD
  • 家具
  • 大型家電(テレビ、冷蔵庫、洗濯機など)
  • ノンブランド品
  • ぬいぐるみ、など

その他、宅配買取で取り扱いしないもの

 下着関連(キャミソール、タンクトップ、ソックス、タイツ) 浴衣、喪服等 雑誌の付録やノベルティアイテム 度入りのメガネ 電池切れの腕時計 刻印・ブランド表記の無いアクセサリーや服飾雑貨 酒類

動作不良・不具合のあるお品物 著しい汚損や破損があるお品物 正規品ではないお品物、海賊版製品 海外仕様の電化製品、香水、化粧品(日本語表記の無いお品物) PSC マークの無い物(ヘルメット、圧力鍋、登山アイテム等) PSLPG マークの無い調理用ガスバーナー 取引禁止指定の毛皮を用いた製品(象牙、べっ甲、剥製等) 残債の残る携帯端末やネットワーク利用制限のあるお品物 アクティベーションがされていないデジタル端末 ベタつきやシームテープの浮きが激しいお品物 コゲつきやベタつきなど使用感のあるBBQ グリル・BBQ コンロ 使用済みのブルーシート、銀マット 開封済みのプリンター、PC 周辺機器 開封済みパズルやレゴなど開封によって著しく確認が難しいお品物

参照:トレジャーファクトリー公式サイト

間違っておくると、返送料がかかるなどのトラブルに。
注意してくださいね!

さる
さる

こちらから、ジャンルごとの内容まで読み飛ばせます!

ゴルフ用品

規定サイズ以上のものは、宅配では買取してもらえません。
クラブだけでなく、ゴルフバッグなども対象。
「Callaway」「Munsing wear」といったブランドのゴルフウェア、ゴルフボールなどであれば、一部買取ができます。

さる
さる

宅配買取で取り扱いできる衣類は、後述します!

自転車

防犯登録を要するもの(三輪車を含む)が対象となっています。
キックボード、スケートボードなども、サイズに収まらないものは買取不可。

お酒

宅配買取でお酒類は売れません。

宅配で取り扱いをするが、一部買取不可なもの

トレジャーファクトリーの宅配サービスにて売れるもので、一部「買取不可」となるものがあります!

さる
さる

初めて売る方だと間違えやすいので、要注意。

状態、買取基準で買取できないものは、すべての査定方法で同じ
「商品別で買取できないもの」にて確認してください!

ノンブランド衣類(レディース、メンズ、キッズ)

宅配買取では、ノンブランド(ノーブランド)衣類を取り扱っていません。
対象となるのは、ユニクロ、GU、無印良品、全日本〇〇協会といった洋服。

トレジャーファクトリーの宅配サービスで買取不可としているメーカーは、公式サイトで確認できます。

指定の段ボールに入りきらないもの

画像

トレジャーファクトリーの宅配買取は、送れるサイズが決まっています。

  • サイズ「100cm~140cm」の段ボールに収まるもの

大きさ、重さを超えてしまうものは、別の買取方法を検討してください!

さる
さる

洗濯機、冷蔵庫、テレビ、電子レンジ(一部可能)。
すべて、宅配買取では買取不可。

せっかく準備をしても、運送業者は運んでくれません。
間違っても梱包をしないように!

出張買取で取り扱いのない品

3つ目は、出張買取。

トレジャーファクトリーの出張買取は、家具、家電といった「中型〜大型商品」が中心
店頭、宅配で取り扱いできたものの、9割は売れないです。

大型商品の査定ついでに、
「洋服、おもちゃ、自転車、雑貨も見てほしい」
というケースがあるかもしれません。

さる
さる

出張は「家具、家電専門」のスタッフのため、いかなる場合でも査定ができないんですね。

大型以外の商品は「ジャンル別の買取不可」で内容を確認してから、店頭買取、宅配買取で売るようにしましょう!

そのほかの買取できないものを、ざっと一覧でまとめておきます。

家具で買取できないもの

・製造後で11年以上経過しているお品物
・高さ190cm、幅150cmを超える大型家具
・ペットによるキズや汚れ、タバコの匂いや汚れがある品物
・製造後6年以上経過しているベッド
・ベッドフレームのみ
・ベッドマットレスのみ
・脚付きマットレス
・婚礼箪笥
・コーナーテレビ台
・学習机
・オフィス家具
・壁面収納家具
・扉の数が3枚以上のワードローブ・クローゼット

家電で買取できないもの

・製造後で11年以上経過しているお品物
・ハロゲンヒーター・カーボンヒーター
・ペットによるキズや汚れ、タバコの匂いや汚れがある品物
・パソコン本体・パソコン周辺機器
・製造後8年以上経過しているエアコン
・製造後4年以上経過している液晶モニター
・ゲーム機

参照:トレジャーファクトリー公式サイト
「出張買取で取り扱いできないもの」より
https://www.treasure-f.com/sell/trip/note.html

なお、トレジャーファクトリーが運営する「ブランドコレクト」なら、洋服やブランド品の出張買取もしています。

「家具もブランドもまとめて売りたい!」という場合は、一度検討してみるのも一つですね!

ブランドコレクト公式サイト

取り扱いジャンルごとで「買取不可」になる品物

「取り扱い品目ごとで買取不可となるもの」を解説します。
トレジャーファクトリーで利用できるすべての買取方法に関わるので、とても重要。

選別時の参考にしてください!

衣類、服飾雑貨(メンズ、レディース、キッズ)

トレファクが買取している中で、最も多い「衣類関係」。
衣類品全般と、メンズ、レディース、キッズで異なるものがあります。

コピー品(偽物)

コピー品の買取は、一切おこなっていません。
コピー品かどうかの判断は、トレジャーファクトリーの買取基準を元に決められます。

さる
さる

ご自身でわからないという場合は、一度、商品を鑑定してもらってください。

偽物と分かっているものを売ると、法律に触れます。
絶対にやめましょう!

並行輸入品

トレジャーファクトリーでは、並行輸入品の買取をおこなってません。
並行輸入品とは、日本の国内代理店を通っていない品物のこと

さる
さる

たとえば、
「直接、海外サイトから買われたもの」
「服についてる洗濯タグに、日本語が書かれれてないもの」

などです。

有名ブランドで一例をあげておきます。

  • ラルフローレン(RALPH LAUREN):ラルフローレンジャパン
  • ドルチェアンドガッバーナ(DOLCE&GABBANA):ドルチェアンドガッバーナジャパン
  • ザ・ノースフェイス(THE NORTH FACE):ゴールドウィン

ただし、店舗によっては一部の並行輸入品を買取しているようです。
詳しくは最寄り店に確認しましょう。

過去にラルフローレンの並行輸入品についてまとめた記事がありますので、そちらも参考にしてみてください!

付属品がない

付属品がないことで、買取できないブランドがあります。
付属とは、カード、レシート、タグといったもの。こちらは対象になるものが多いため、公式サイトの付属が無い場合、買取ができないブランドリストで確認をしただければと思います。

着用感、使用感のひどいもの

着用感や使用感のひどい服は、買取してもらえません。
状態の判断については個人差もありますが、該当するものをあげておきました。

  • 痛みがある(汚れ、破れ、虫食い、穴あき、カビ)
  • パーツ欠損(首元タグ、洗濯タグ、ボタン類)
  • 大きくサイズ直しをしたもの(丈、裾、袖)
  • 匂いがひどい(香水、ペット、タバコ)
  • 破損している(ジッパー、フック)
  • 劣化している(べたつき)
  • 変形している(形崩れ)

「これは売れるのか?」と状態で迷われる場合は、1着、2着を一緒に見てもらうのがおすすめです。というのも、状態の悪い服があまりに多いと、ほかの商品の査定に影響するからです。

状態の悪いものは、持ち込む量にも注意しましょう!

デザインが古いもの

デザインや形が古くなった衣類も、トレジャーファクトリーでは買取してもらえません。
例えば「肩パッドが入っている服」など。
大半の場合、買取不可で返ってきます。

ただ、最近では「レトロ柄」が流行ってたりしますよね。
すべての古い服が断られる訳ではありません。

捨てる前に、ビンテージとして買取してもらえることも覚えておきましょう!

さる
さる

このあたりは、正直なところ判断が難しい…
何度も売っている僕でも、ハッキリしないですね。

同じく、1、2着だけ査定して、次回の参考にするといいかもしれませんね!

衣類だけど、特殊なもの

服といっても、学生服、制服、水着(使用済み)は買取していません。

キッズ服

キッズ衣類で、一部買取不可になるものがあります。

名前が書かれている服

子供服のタグに、名前を書くという人も多いと思います。
トレジャーファクトリーでは、名前が記載されている子供服は買取してもらえません。また、シールなどで剥がせる場合でも、一度見てもらってから剥がすほうが良いかもしれません!

子供服の査定は、ほかの洋服と比べて状態に厳しいためです。わざわざ剥がしたのに買取してもらえないのも、なんだか時間がもったいないですよね!

使用済みの肌着類

直接「肌に触れるもの」は、使用してあると買取不可となります。販売するときの、衛星上を考えてのことですね。

  • 靴下
  • 肌着
  • 下着、など

肌着類に関しては、見ていただいてる皆さんも「値段がつかないだろうな」と、想像がつきやすい品物だったのではないでしょうか?
その他キッズ用品に関しては、後に解説します。気になる方は、目を通しておいてください。

ブランド品(ラグジュアリーブランド)

ブランド品(ラグジュアリーブランド)のなかにも、買取不可となるものがあります。ブランド品とは、一例のような高級メーカーのこと

  • 腕時計であれば「ROLEX/ロレックス」「OMEGA/オメガ」
  • バッグであれば「LOUIS VUITTON/ルイヴィトン」「CHANEL/シャネル」

買取できないものは、衣類の場合とほとんど同じです。状態がひどくないか、付属があるかないか、コピー品でないかで判断されます。

違いとしては、一般の「バッグ、洋服類」と比べて基準がゆるいことです。先ほど紹介したような高級メーカーは、多くのリサイクルショップが高価買取をしているためですね。

状態が悪くても、値段がつくものが多いです。

内側がボロボロで「値段がつかないだろう」と諦めていた品も、捨てる前に一度査定をおこなってみてください。思わぬ金額になるかもしれませんよ!

貴金属

貴金属とは、K24、K18、プラチナ、シルバー、ダイヤモンドといった「ジュエリー類」のことです。一部の貴金属で、買取していないものがあります。

国内発行記念金貨

国内発行記念金貨(銀貨等含む)は、買取対象外となります。

  • オリンピック記念(金貨)
  • 新幹線開業記念(銀貨)
  • 日本万国博覧会記念(白銀貨)

おもに、記念コインが該当。もし金貨、銀貨を売りたい場合は、専門の買取業者を活用してください!

刻印がないもの(消えているもの)

刻印が入っていない品は、K18、プラチナなどの貴金属でも、買取をしてもらえません。

長く着用して傷だらけになってしまった「指輪、ネックレス」を、磨きにだすという人も多いでしょう。しかしこの磨き加工、まれに刻印が消えてしまうことがあるので要注意!

売るつもりで買ってはいないものの、刻印のない貴金属を「いざお金に変えよう」としても、断られる場合が多いのです。買取不可となってしまった場合は、刻印なしでも買取してもらえる業者、リサイクルショップで査定してください。

さる
さる

間違っても、メッキ製品のアクセサリーとして買取されないように注意してください!

家電製品

家電製品についても、「どんなものが買取してもらえないのか」知りたい方は多いと思います。とくに重要な点をまとめておきました。

製造年数の古いもの

家電製品を売るときに最も重要なのが、いつ作られたのかという「製造年」です。製造年は、本体の側面、もしくは「電源コード」を見れば分かります。年数が載っていない場合は、商品の型番(例PF-0000といった、英語と数字)から、いつ作られたのか知ることもできます。

トレジャーファクトリーで扱える年数は、下記のとおり。

  • 一般家電で10年以内(トレジャーファクトリー公式では、11年以上前はNGと記載)
  • エアコンで7年以内(トレジャーファクトリー公式では、8年以上前はNGと記載)
  • 液晶モニターで3年以内(トレジャーファクトリー公式では、4年以上前はNGと記載)

過去に、トレジャーファクトリーで取り扱える家電の製造年を、分かりやすくまとめた記事があります。こちらも参考にしてください!

医療機器

医療機器は、取り扱えるリサイクルショップが極端に少ないです。トレジャーファクトリーでも、買取をおこなっていません。

この医療機器は、体の健康に関わるものが該当します。

  • 血圧計
  • 低周波治療器
  • コンタクト

不要なものがあって売りたいという場合は、コンタクトなども取り扱いをする専門業者に依頼しましょう。

携帯電話

トレジャーファクトリーでは、iPhoneをはじめ、多くのスマートフォンを買取してます。その中で、状態によって一部買取が難しいものがあるため、ご紹介していきます。

重要な付属品がない

人気のスマホだったとしても、必要不可欠なパーツ類(付属)がないと、買取はしてもらえません。一つあげるとすれば、本体のバッテリー。トレジャーファクトリーでは携帯電話の販売もおこないますので、バッテリーはとくに重要な付属となります。

ただし、箱、ケーブルなどの「本体に影響がない付属」の欠損であれば、機種によって値段はつきます。すべてを揃えてから売りたいという人は、メルカリで購入してみるのもよいでしょう!

汚れ、傷が多いもの

汚れ、傷が多いものは、販売不可という理由から買取をしてもらえません。比較的新しいもので「ボロボロの状態」は少ないと思いますが、機種によっては画面割れでも買取不可となります。

どんな状態でも買取してもらえる業者はありますので、スマホの場合はいろいろな業者で比較してみるのも良いですね!

家具

家具では、一部の種類を取り扱っていません。大物なので、持ち込みをする予定の人にとっては、とくに確認をしておきたい内容ですよね!

トレジャーファクトリーで買取していない家具は、以下のとおり。

  • ベッド
  • 婚礼家具(タンス、ドレッサー)
  • 超大型家具(三辺合計が350cm以上)

ベッドは、折りたたみも含めて買取していません。婚礼家具に関しても、不要な方は多いと思いますが、トレジャーファクトリーでは取り扱いをしません。

また、ここでは「超大型家具」としていますが、高さ、幅、奥行きの三辺が350cmを超える大型家具は、どの店舗でも買取しません。これだけ大きいと出張買取を利用することになるため、「持ち込んで買取不可」というトラブルは少ないですが、あらかじめ理解しておきましょう!

生活雑貨

トレジャーファクトリーでいう生活雑貨とは、日用品、食器、タオルに該当します。雑貨はとても種類が多いので、査定毎で買取不可になるものが変わることもあります。

ここでは、一般的に値段がつかないものだけを解説しておきます。

使用済みの食器、キッチン用品

使用された食器やキッチン類は、どんなブランドでも買取をしていません。ここで注意してほしいのは、マイセン、ウェッジウッドなどの「ビンテージ食器」です。なかには、高額な値段が予想されるものをお持ちの方もいますよね。

「査定中、運転中」に割れる可能性のことを考えると、無理に持ち込まないほうが良いです。

人形(五月人形、日本人形、雛人形など)

人形の処分で困っているひとは、とても多いと思います。以前わたしも、人形を処分するのてとても苦労しました。残念ながら、トレファクでは買取をしていません。

人形は一般的に、供養をして自分で処分する、団体に寄付をする、といった方が多いようです。大切に扱ってきたものだと思いますので、適切な方法で処分するようにしてください!

ペット服

ペットを飼っている人なら、ペットウェア、ペット用品の買取を検討している人も多いですよね。トレファクでは、新品未使用のペット用品のみ取り扱いをしています。一度でも使用したものは、すべて買取不可となりますのでご注意ください!

こちらは、トレジャーファクトリーはペット用品を買取する?愛犬グッズも一緒に売りたい人必須でも紹介しています。

キッズ用品

キッズ衣類を解説しましたが、ここではおもちゃなどの「雑貨類」についてまとめています。

使用済みベビー雑貨

一部の使用されたベビー雑貨は、値段がつきません

  • 哺乳瓶
  • おもちゃ(口にくわえるもの)
  • スタイ、ガーゼ
  • おまる
  • その他、消耗品

理由としては、肌着同様、衛生的に販売することが難しいため。それほど大きなものではありませんが、買取不可になることを考えて選別はしておきたいですね。

楽器

トレジャーファクトリーでは、一部の店舗で楽器も買取しています。楽器といえば「ギター」「ピアノ」などが想像できますが、一部の大型楽器は買取をしていません。

ピアノ

ピアノに関しては、取り扱いをしていません。

  • グランドピアノ
  • アップライトピアノ

グランドピアノとは、全体に丸みがあり、屋根のついた大きなピアノ。
一方、アップライトピアノとは、角張っていて、横に広がってる大きなピアノ。

どちらもよく見かけますよね。

大型楽器類

また、オルガンについても気になる方がいると思います。オルガンは、取り扱いのない大型楽器の対象となります。

キーボードに関しては、年数によって買取をおこなっています。宅配では送ることが難しいと思いますので、一度店舗に相談してみるのが良いでしょう!

アウトドア用品

近年はアウトドアブームになりましたよね!買い替えでいらなくなったキャンプ用品を、売りたいと考える人も多いと思います。また、キャンプ用品だけでなく、釣具も買取をします。

アウトドアで買取不可となるものは、以下のとおりです!

水着(使用済み)

水着は、未使用品のみの取り扱いとなります。水着にもいろいろ種類がありますよね。ノースフェイス、パタゴニアといった人気アウトドアメーカーからも、水陸両用のパンツが販売されていますが、中古であれば買取不可となります。※査定済み

水着を未使用で持っていることは、正直いって少ないと思います。使用済みのものは「処分をする」。もしくは、人気ブランドであれば「ほかのリサイクルショップ、フリマアプリ」をうまく活用していきましょう!

フローター

釣りなどで使うフローターも買取をしていません。フローターとは、座って使う「一人用ボート」のようなものです。ま同じくエアーボートも値段はつきませんので、持ち込みは控えておきましょう。

オートバイ用ヘルメット(一部)

バイクに乗る方であれば、不要なヘルメットをお持ちかもしれません。しかし、中古のヘルメットは安全性が確保されず、リサイクルショップでは販売することが難しい品となります。

中でも、PSCマークのないものは、トレファクでは買取してもらえません。

ただし、トイズマッコイなどの「マニア向けヘルメット」に関しては、高く評価している業者も多いです。
私はバイクに乗らないため高価なヘルメットを持っていませんが、ぜひ売りたいと考えている方は相談をしてみると良いでしょう!

スポーツ用品

スポーツ用品でも、一部買取しないものがあります。

大型フィットネス

大型フィットネス商品は買取不可とされています。たとえば、

  • ランニングマシン
  • フィットネスバイク
  • トレーニングマシン

などが対象です。小型のダンベル、腹筋マシン(ワンダーコアなど)は買取をしています。ただし、在庫状況などにもよると思いますので、店舗に問い合わせをしてから持ち込みましょう。

ゴルフ用品

ゴルフ用品も、状態によっては買取をしてもらえません。傷、変形、汚れのひどいものは、ゴルフ用品の買取専門店に相談したほうが早いかもしれません。

大手でいえば、ブックオフ(大型店のみ)でもゴルフ用品を扱っています。お近くの方は一度相談してみるのも良いでしょう!

買取不可でも処分ができるケースは?

引き取り事情についても見ておきましょう。
トレジャーファクトリーの買取不可となった品物は、基本的に引取をおこなっていません。

すべてご自身で持ち帰る必要があります。

ただし、一部のリサイクルショップでは値段の付かなかったものを引き取ってくれることがあります。
一部とは、洋服や雑貨類といった「のちに処分しやすいもの」。

店舗によってしまうのですが、

  • 査定終了後
  • 査定で持ち込みをしたとき

のどちらかで、スタッフから説明を受けます。

もし自身が必要ないと判断した場合は、手数料もかからず、お店が無料で引き取りをする流れ。
※新型コロナウイルスの影響で、持ち込むタイミングによっては無料引き取りを実施していない可能性があります。
不用品の引き取りについては、最寄りの店舗、もしくはオンライン買取のカスタマーサービスまで確認をしてください。

買取不可となった「家具、家電製品」は引き取り不可?

今では、どんなものを捨てるにもお金がかかりますよね。
とくに、家具、大型家電(テレビ、冷蔵庫、洗濯機など)となれば、リサイクル料金も別途必要です。
無料に限らず、有料での引き取りも気になるところ。

残念ながら、トレジャーファクトリーでは大型商品の引き取りサービスをおこなっていません。

処分が目的で持ち込んだとしても、その商品を引き取ってもらえなければ、積んだり降ろしたりの体力だけが無駄に。

これを避ける方法としては、まず一度、トレファクのスタッフに商品の写真を見せましょう。

さる
さる

お店が取り扱いしているかどうかを、前もって確認しておけば問題ありません!

家具や家電製品の査定にある「稀なケース」

家具や家電を買取したあとに、稀に見るケースを紹介します。
リサイクルショップ全般に言えるのですが、査定で値段がつかなかったものが

「店頭で販売されていた」

ということありませんか?

前述しましたが、リサイクルショップは一般家庭の場合と違って処分する費用が高いです。
無料で引き取りしたものでも、できれば処分する前に店舗で売っておきたいというのが本音です。

引き取りをしてもらった以上、そこで、

  • せこい
  • ぼったくり

などとは思わないように!
処分を提案してくれた場合は、せめてものサービスだと割り切っておくべきですね。

販売されるのが嫌な場合は「自己処理」

逆に、無料で引き取ったものが販売されていると「気になる」という場合もあります。
そんなときは、

  • メルカリで売る
  • 再利用する
  • 分解して袋につめる、など

自身で処理されるのが無難です。

ゴミ袋に入りさえすれば、ほとんどのものは処分できてしまいます。
かかるのは袋の費用、処分する時間だけ!

また、メルカリで売るのも一つです。
手間はかかってしまうが、逆に、売れてお金になるかもしれません。

自身で処理をする場合は、各地域の指示に従う。
メルカリ、ヤフオク、ジモティといったアプリを使う場合は、規約をしっかり守り、正しく利用しましょう!
※メルカリの規約、ヤフオクの規約、ジモティの規約

無料引き取りリスト

あらかじめ処分できないものを知ることができれば、

  • 持ち込む手間
  • 持ち帰る手間

もグッと減りますが、残念ながら、トレジャーファクトリーにそのようなリストはありません。

引き取りは、あくまで買取の「おまけ」程度に近いということ。
なので、どんなものが買取不可なのか前もって知りたい場合は、最寄りの店舗へ問い合わせておくとスムーズ!

同じ品目でも、取り扱い方法が店舗によって少し異なります。
直接聞くと言うこと以外、信頼性の高いものはありません。

服しか取り扱いしない店舗もある

正体不明の口コミサイトを見ただけで、商品を持ち込むのは大変危険だということも、この場をお借りしてお伝えしておきますね!

もし、その店舗が衣料品しか取り扱いしていなければ、無駄足を食らうことになります。
トレジャーファクトリーには、

  • 総合
  • 専門型店

の2種類あります。
利用する予定の店舗がどちらなのか、ご自身でも公式サイトで確認しておきましょう。

トレジャーファクトリーの店舗一覧

最寄りのトレジャーファクトリー

「トレジャーファクトリーが近所にない」

という場合があります。
そのような場合は、出張買取、もしくは宅配買取を利用するのも1つの方法です。

多くの人が利用しており、とても便利なサービスとなります。
利用料、査定に関しては、すべて無料!

もし、引き取りを希望されている場合は、

「処分ができるかどうかの確認」

を電話でも知ることができます。

注意点としては、出張買取は各店舗に電話すれば問題ありませんが、宅配買取については、ホームページと電話番号が異ります。

LINE査定でも同じ

トレジャーファクトリーでは、LINE機能を使って、

  • 買取価格がいくらになるのか?
  • 引き取ってもらえるのか?

といった確認することも可能です。
LINE査定とも呼ばれており、本来の目的は「大まかな査定金額を知ること」ですが、買取できるかどうかの確認にも使うことができます。

「電話で問い合わせるのが苦手」

という方も多いでしょう。
そんなときでも安心して使えるLINE査定は、買取の強い見方となってくれる機能ですね。

引き取り処分したものを返してもらう

ここで紹介するのは、買取不可だったもの引き取りしてもらったとして、その品を後から返してもらう場合。

よく見かける悩みとして、

「買取ってもらったもの、引き取ってもらったものを、後日返してもらうことはできるのか?」

というものがあります。
トレジャーファクトリーでは、一旦買取したものはもちろん、処分引き取りしたものについても後から返してもらうことはできません。

たとえ、

  • 売ってはいけなかったもの
  • 後悔をしてしまったもの

だったとしても、一度承認してサインををしてしまっている以上は、返却の対応をしてもらえない場合が多いのです。

中に貴重品が入っていた可能性がある

品物の返却までとは言わないけど、商品の中、ポケットに、

「身分証明書といった、重要書類」

が入っていた場合も見ておきましょう。

査定の際はかならず、衣類、バッグ、財布、家具などの、あらゆる場所をチェックしています。
重要書類については、査定終了時にすべて返却されるでしょう。

なので、査定から何日も経っている場合は、中身が入っていたという証拠でもないかぎり難しいかもしれません。

  • 品物を持ち込む
  • 品物を送る

場合には、大事なものが入っていないかご自身できちんと確認をしておきましょう。

返却が難しい、もう一つの理由

  1. 引き取った商品
  2. 商品に入っていた中身の返却

この2つが難しい理由は、「処分業者」も大きく関係します。

引き取りしたものは、

「産業廃棄物」

として処分業者に引き取りされるのです。
様々なリサイクルショップで引き取った「廃棄物」の中から探すというのは、不可能に近いでしょう。

くどいようですが、処分と言われてすこしでも悩んだ場合は、品物を一度持ち帰えることを強くオススメします!

まとめ

トレジャーファクトリーで買取不可なもの、処分事情について紹介してきました。正直、どういったものが「処分できる」「処分できない」と明確にしている業者は少ないです。記載してあったとしても、例外はつきものでしょう。

返却なしのスムーズな査定をおこなうためには、店舗で確認をしておくことが大前提となります。ものを売りたいと考えていても、なんとなくでは持ち込まないようにしてください!

ひとつの工程を大切にして、リユースライフを楽しんでいきましょう。

タイトルとURLをコピーしました