セカンドストリートの冬物買取はいつからいつまで?【高く売れる時期】

買取のこと
こんな悩みを解決できます・セカンドストリートの冬物買取時期(メンズ、レディース、子供服)はいつからいつまで?
・洋服関係以外の冬物も、季節は関係あるの?(生活家電、雑貨など)
・冬物商品を「季節外れ」に売るときの注意点が知りたい!
ここ最近メルカリで服を売るのが面倒で、買取査定を利用することも多いライターSARUです。

「セカンドストリートで着用しない冬服を売りたいけど、いつからいつまで買取するのかよくわからない」「冬物アイテムは、買取時期じゃないと査定してもらえないのか」と、店舗買取や宅配買取で売りたい不用品の「仕分け」に悩んだりすることはないでしょうか?

さる
さる

実際に僕も、セカンドストリートに季節外れの洋服を持ち込んで、これまで「査定不可、返却」を繰り返してきました。売ってから後悔するなど、多くの時間とお金を無駄に。

買取業者に就職してからは、リサイクルショップの査定時期について徹底的に調査しました。

そこで今回は、セカンドストリートの冬物買取について詳しくまとめてみました。「冬物を売る最適な時期が知りたい」「季節関係なく冬物を売りたい」方は、ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

セカンドストリートの冬物買取はいつからいつまで?【高く売れる時期】

結論からいうと、セカンドストリートで冬物を売るなら「10月から12月」に査定、持ち込みするのがおすすめです。10月から12月の間は「セカンドストリートが最も冬物を買取強化する期間」になります。

参照:2ndstreet公式サイト
「高く売るコツ」より
https://www.2ndstreet.jp/sell/tips/

買取は「ひとシーズン前の持ち込み」がポイント

夏物」「冬物」の季節商品を少しでも買い取ってもらうためには、その時期に査定するのではなく「商品がお店に並ぶ、ひとシーズン前」の持ち込みを心がけましょう。

さる
さる

地域にもよりますが、一般的に12月から1月ごろが最も気温が低いです。また「夏物」であれば、最も気温が高くなるのが6月ごろ。最適な時期は「4月〜5月前後」となります!

また、ファッション関連でも、バッグ、帽子の場合は、「素材」と「種類」で判断することができます。

靴、バッグで季節に該当するもの

夏物

  • ペーパー素材
  • リネン素材
  • ビニール素材
  • サンダル

冬物

  • ファー素材
  • レザー素材
  • ブーツ(レッドウィングなどの人気ブランド、トレッキングシューズは別)

夏物については、下記でも詳しく解説しています。

冬服は夏服と違って重量もあります。また、ダウンやコートなど商品によってはかさばりやすいです。

店舗に持ち込んで査定する場合は、「買取不可商品の持ち帰り」も考慮しないといけないでしょう。

とくに、洋服以外の大型冬物商品なら「運ぶ手間、時間」が発生します。もし売れなかった場合は、損した気分にもなりますよね。

気温、在庫、店舗でも前後する

冬物買取時期は、下記の条件でも変動します。

買取時期の決め方

  1. リサイクルショップ
  2. 気温
  3. 在庫状況
  4. 系列の店舗

買取シーズンは、あくまでも目安として考えておきましょう!

さる
さる

冬物だけではなく「夏物、秋物、春物」も同じ。

より細かく知りたい場合は、売りたい店舗に問い合わせるのが最も早いです。

参考までに、人気リサイクル店「ブックオク(BOOKOFF)」の季節買取について、まとめた記事も用意しました。「ブックオフが家の近くにある」「ブックオフオンラインの査定を検討していた」方は、こちらも参考になります。

季節外れの時期でも買取する?

セカンドストリートには「買取シーズン」が指定されていると話してきましたが、実は季節外れの商品を持ち込みしても査定はしてもらえます

「シーズン外れの商品でも買取金額をつけてもらえるの?」と気になっていた方は多いでしょう。査定商品のほとんどが季節外れで「引き取り不可」となれば、労力や時間の無駄になってしまいますよね。

さる
さる

セカストなら「オールシーズン(春夏秋冬)で売れる」という認識で問題ありません。

季節外れの衣類を持ち込みした例

  1. セカストの夏物買取時期(4月から7月)・・・「ダウンジャケット、MA-1、ニットセーター」などの冬服を持ちこんでも、査定してもらえる(店頭なら、ノンブランドも売れる)
  2. セカストの冬物買取時期(10月から12月)・・・「Tシャツ、ブラウス、ショートパンツ」などの夏服を持ちこんでも、査定してもらえる(店頭なら、ノンブランドも売れる)

「今すぐに服の断捨離をしたい!」「ごちゃごちゃのクローゼットをすっきりさせたい!」と考えていた方なら、季節関係なく買取ってもらえるのは嬉しいですよね。セカンドストリートで査定をする一つのメリットと言えるでしょう!

\嬉しいオールシーズン買取/
セカンドストリート公式サイト

シーズン外れは買取価格が下がる?

これまで解説したとおり、セカンドストリートはすべての季節で査定してもらえます。ただし、買取金額は季節によって変動する可能性もあります。

セカンドストリートと言えば、ブランド衣類の買取でも多くの評判があります。中には「高額の人気ダウンメーカー」の査定を検討されている方もいることでしょう。

人気ダウンメーカー

  • モンクレール
  • カナダグース
  • ノースフェイス
  • デュベティカ
  • 水沢ダウン
  • ナンガ、など

もちろん上記ブランドだけではありません。

ストリートブランド(SUPREME、STUSSY等)、セレクトブランド(UNITEDARROWS、BEAMS等)、アウトドアブランド(PATAGONIA、MONBELL等)、インポートブランド(DSQUARED2、MAISONMARGIELA等)、ブランド服はすべて該当します。

「こだわりの服だから、なるべく高いタイミングで売りたい」と金額を重視するなら、セカンドストリートの冬物買取時期を目安にしましょう。

さる
さる

高額ダウンは、ノーブランドと比較して購入価格が高いですからね。見積もりが高くなれば「それだけ差額も大きくなる」ので、査定は慎重に進めていきたいところ!

なんでもまとめて売るなら「店頭買取」

ブランド服の場合とは逆で、

「買取金額は、ほとんど気にしていない」

「クローゼットの冬物を、とにかく1枚でも早く断捨離したい!」

と、片付け最優先のケースもあるでしょう。とにかく「なんでもまとめて売りたい」場合は、ノーブランドも売れる店頭買取がおすすめです!

店頭買取なら下記メーカーも売れる

  • ユニクロ(UNIQLO)
  • ジーユー(GU)
  • 無印良品(むじるしりょうひん)
  • グローバルワーク(GLOBAL WORK)
  • エイチアンドエム(H&M)
  • フォーエバー21(Forever21)
  • しまむら(CLOSSHI)
  • ギャップ(GAP)
  • ローリーズ(LOWRYS FORM)
  • イオン(AEON)

なお、ZARAに関しては「宅配買取」でも売れます!

タグ切れでも買取できる?セカンドストリートでZARAの洋服を査定のではないでしょうか
セカンドストリートのザラの取り扱い、査定金額について、買取レ…
さる
さる

わざわざ、ブランドか、ノーブランドか、仕分けの必要がなくなりますね!

対象のブランド衣類であれば、セカンドストリートの宅配買取も積極的に使っていきましょう。使い分けることで、より効率的な断捨離がおこなえます。洋服は、時間が立てば立つほど「価値」はさがり、傷みも増してしまいます。

一度売ると決めたら、早めの決断を心がけましょう。

セカンドストリートの店舗を探す

キッズ衣料の冬物買取

衣類の買取は、大人の服だけではありません。もしお子さんがいる方なら、「子供服」も一緒に売りたい場合があるでしょう。

子供服も「メンズ衣料、レディース衣料」同様です。メーカーのものなら、セカンドストリートで「最適な時期」に査定したいところですね!

子供服は、査定基準が厳しい

また、子供服を売るときの注意点として、店舗によっては「査定基準」が厳しいこと。

査定基準とは「どんな状態、品物なら買取するか」といった、お店の決めごと。それそれのリサイクルショップで、査定基準は違う。

買取できない子供服の詳しい内容は、「セカンドストリートで買取できないもの」を参考にしてください。

衣類品以外の冬物買取

冬物買取は、下記ジャンルでも該当するものがあります。

服以外の冬物

  • 家電
  • 家具
  • 雑貨
さる
さる

繰り返しますが、大型の家具、家電の持ち込みには注意したいところでしょう。

服以外の冬物対象になる「家具、家電、レジャー用品」

服以外で、冬物に関係する商品をまとめました。

  • 家具/こたつ(5年以内のもの)※年式、取り扱いは店舗による
  • 家電/暖房器具(ファンヒーター、ストーブ、電気毛布)など
  • 服飾雑貨/マフラー、ニット帽、手袋、ネックウォーマーなど
  • ギフト/毛布、羽毛布団、敷きパッド、こたつ掛け布団(以上、すべて未使用のみ)など
  • 雑貨/冬用スリッパ、ヒートテックなどの保温インナー、ルームソックス、カイロ(以上、すべて未使用のみ)など。
  • スポーツ用品/スキー、スノボー用品(板、ボード、スキーウェア、グローブ、ゴーグル)など

より高い査定を期待するなら、今までの内容と同じです。
なお、家具、一部の大型家電は宅配買取で売れないので、しっかり確認しておきましょう!

総合買取をしない「ジャンブルストア」「衣料専門店」

衣類品以外を売る際、店舗ごとでも取り扱いが異なる点に注意してください。

セカンドストリートには、総合買取をする店舗と「古着、衣類小物、ブランド品のみ取り扱う店舗(衣類専門店、ジャンブルストア)」があります。

衣類しか取り扱いのない店舗では、家具、家電などの生活用品を買取しません。

衣類型セカンドストリートで、買取しないもの

  • 家電
  • 家具
  • 雑貨
  • アウトドア、スポーツ
  • 工具、など。

セカンドストリートに確認したところ、例外で「総合店」でなくても買取できるケースもあり。ただし、総合店に比べると「査定額」は安くなる。

あらかじめ「取り扱い品目」「買取の引き取り基準」を確認することで、不用品をスムーズに売ることができますね。

さる
さる

まずは、近くのセカンドストリートで電話しておきましょう!取り扱い品目を調べずに持ち込むのは危険。

冬服、雑貨を入れてきた衣装ケース

クローゼットの冬服や雑貨を、衣装ケースに入ったまま持ち込む方もいると思います。セカンドストリートでは、プラスチック製の衣装ケースもそのまま買取してもらえます。もう必要ないと判断した場合は、そのまま引き取ってもらいましょう。

詳しくは下記でまとめています。

「箱だけ余る」セカンドストリート宅配買取では衣装ケースも売れるか
セカンドストリートの宅配買取で衣装ケース(プラケース)が売れ…

まとめ

セカンドストリートの冬物買取についてご紹介しました。

冬物は10月から12月の買取期間内でなくても査定してもらえますが、値段がつくかは店舗、商品次第です。

ブランド服を少しでも高く売りたいなら、買取シーズン表を目安にしておきましょう!ポイントは、店舗側の事情を考慮した持ち込みです。店頭買取では足を運ぶなどの手間があるため、場合によってはセカンドストリートの宅配買取を活用するなどして、「時間的コスト」も考慮しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました