ブックオフの冬物買取時期はいつからいつまで?【タイミングが重要】

買取のこと

ブックオフの冬物買取時期が「いつから、いつまで」なのか、詳しくまとめました!

  • ブックオフに冬物を持ち込むタイミングが、よくわからない
  • ブックオフでは、季節で値段が変動する?
  • 家具、家電も、冬物買取時期は関係する?
  • ブランドなら、夏物買取、冬物買取も関係ない?

季節商品の買取時期はお店ごとで違うため、売りたいものを準備するときについ悩んでしまいますよね。値段がつかないと返却になる業者も多く、せっかくならまとめて売れるリサイクルショップを活用したいところでしょう。

スポンサーリンク

ブックオフの冬物買取時期はいつからいつまで?【タイミングが重要】

さっそく結論ですが、ブックオフでは、冬物買取時期を決めていません。そのため、冬物に限らず、春物、夏物、秋物をオールシーズン売ることができます。

ただし、リサイクルショップの一般的な冬物買取は「10月から12月」であるため、その時期に持ち込むのが最適だと言えるでしょう。また、ブックオフの一部店舗では季節を設けていることもあるので、事前に確認しておくことをおすすめします。

ブックオフの冬物買取で、値段がつきやすい時期

先ほど記載のとおり、ブックオフでは季節買取の限定をおこないませんが、「値段がつきやすい時期」というものが設定されています。下記は、公式サイト記載の「強化買取期間」です。

  • 春物の強化買取時期/1-3月(冬から初春)
  • 夏物の強化買取時期/4-7月(春から初夏)
  • 秋物の強化買取時期/8-9月(夏から初秋)
  • 冬物の強化買取時期/10-12月(秋から初冬)

より高く売りたい場合は、「ワンシーズン前」に持ち込むのが良いでしょう。今回の冬物であれば、「10-12月(秋から初冬)」の時期です。

ノーブランドの季節外れでも買取してくれる?

普段からノーブランドを中心に買われる方なら「ブランド以外でも、季節関係なく売れるかどうか」が気になる方も多いと思います。季節関係なくノーブランドでも引き取りしてくれるのであれば、好きな時にまとめて断捨離できて、利用しやすいですよね!

オールシーズンにて買取するブックオフであれば、ブランド、ノーブランド問わず売ることができます。値段がつかない品の引き取り処分についても、最寄りの店舗で相談してみてください!

洋服を買取している店舗

  • ブックオフスーパーバザー
  • ブックオフプラス

通常のブックオフは「洋服の買取をしていない」ので、注意してください。
※本、CD、DVD、ゲーム、フィギュアのみ。

メンズとレディースで基準が変わる

メンズ衣料とレディース衣料では、買取基準が異なります。これは、ブックオフに限った話ではありません。多くのリサイクルショップは、メンズ衣料に力を入れていることが多く、「買取率」が高い傾向にあります。

さる
さる

メンズ衣料はレディース衣料と比べて持ち込み量も少ないため、季節関係なく買取するところが多いのです!

キッズ衣類の買取シーズン

大人服と一緒に「子供服」も売りたい場合もありますよね。基本的は、大人の洋服と同じ扱いです。季節に関しては、ブックオフの冬物買取時期を参考にしましょう。注意点としては、子供服は状態に関してとても厳しいことです。ノーブランドだと「定価」も安いため、査定金額には期待できません。

また、仮にブランド服であっても、「着用感が強いもの」「汚れがひどいもの」は、シーズン中でも買取不可となる可能性があります。細かい基準、査定金額については、店舗にて確認をとりましょう。

さる
さる

店舗に持ち込む場合、冬物の服は荷物になりやすいです。まずは数着だけ査定に出すなどして、様子見するのがおすすめです。

マフラー、ニット帽などの服飾小物

ブックオフでは、洋服以外にも服飾小物を買取しています。冬物の服飾小物といえば、ニット帽、マフラー、手袋などが対象になります。服飾小物に関しても、子供服と同じで状態には厳しい査定となるでしょう。

帽子やマフラーの場合はニット素材が多いと思いますが、毛玉、汚れ、破れ、ほつれが目立つものは、査定金額がつきません。

さる
さる

使用感のあるノーブランドの服飾雑貨は、捨ててしまったほうが早いかもしれませんね!

また、一部のリサイクルショップでは「帽子などの服飾小物を強化買取している」ケースもあります。ブランド好き!帽子好き!という方は、服飾小物を強化する業者も、積極的に活用しましょう!場合によっては、1,000円近く変わることもあります。

ファッション以外の冬物買取

ブックオフの冬物買取時期は洋服だけでなく、スポーツ用品や家電製品にも関係してきます。ただし、店舗によって取り扱い商品が異なるため、こちらも公式サイトで確認しておく必要があります。

ウィンタースポーツは大型店のみ

冬の定番スポーツといえば「スキー、スノボー」ですが、ウィンタースポーツ用品の買取をおこなうのは「ブックオフ大型店(スーパーバザー)」のみ。洋服と同じで買取時期に指定はありませんが、在庫状況によって価格や買取可否が変動します。

洋服以外の冬物アイテム

  • ボード板
  • スキー板
  • ゴーグル
  • スキーウェア、など
さる
さる

ブログ等では、「取り扱いに関しての古い情報」もあります。少し手間でも、かならず店舗へ確認を取りましょう!

冬物家電は一部対象外

冬物家電も、同じくシーズンが関係します。意外とスペースをとる「ヒーター」「ストーブ」「こたつ」。押入れの奥で眠らせている方も、多いのでは?

ブックオフでは季節家電も買取しますが、一部取り扱いしない品があります。

取り扱いのない冬物家電

  • 業務用厨房器具
  • 石油、ガスファンヒーター
  • コタツ
  • エアコン(暖房含む)
  • 電気毛布

不要になると処分に困る「こたつ」ですが、ブックオフでは取り扱っていません。また、エアコン(暖房)に関しては、ブックオフだけでなくほとんどのリサイクルショップで買取しません。

さる
さる

エアコンは、取り外しの際に専門業者を必要とするためです!
動作確認も、店舗だと難しい品なんですね。

そのほか、年式によって買取できない場合があります。家電を売る場合は、最低でも「5年前までの製品」を目安に査定しましょう。

まとめ

ブックオフの冬物買取時期について話してきました。ブックオフは他のリサイクルショップと比較すると、取扱い量も多く、季節買取にはそれほど厳しくありません。処分が目的であれば、ぜひ活用をしておきたいリサイクルショップの一つです。

また、店内には安い洋服や本もたくさん販売しています。セールも頻繁におこなっているため、お得に新しい品物へ変えることも可能ですね!伺う時間がない場合は、店頭以外にも宅配買取を活用して、効率よく不用品を売っていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました