【買取レビュー】セカンドストリートでパタゴニア名作フリースを査定

買取のこと

アメカジ、アウトドアブランドを愛着するライターです。相場より安いのを見つけると、つい商品片手にレジへ向かいます。到底、ミニマリストにはなれそうもありません笑

さて、コロナ過によってキャンプをする人が増えてきて、ますます盛り上がりを見せているアウトドアブランド。今回紹介する「パタゴニア(Patagonia)」も、昔から多くの洋服好き、登山家に人気あるメーカーですね。

さる
さる

数は多くないですが、レトロやシンチラを所有します。

実際「メルカリ」「ヤフオク」でも相場が高いことから、「リユースショップではいくらで買ってくれるんだろう・・・」と査定金額が気になっている人も少なくないでしょう。

先日、着用しないパタゴニアの洋服(スナップT)を、人気買取店「セカンドストリート」で見積もりしました。包み隠さず査定レビューしましたので、ぜひ参考の一つにしてみてください!

スポンサーリンク

【買取レビュー】セカンドストリートでパタゴニア名作フリースを査定

さっそく査定したパタゴニアをアイテムから紹介。
下記は、セカンドストリートの店頭買取で査定した「シンチラ・スナップT」。パタゴニアの中でも大人気商品ですね!

(急ぎの撮影により、写真がすこし荒め)

この赤いフリースは、現行ではなくビンテージのUSA製。購入価格は、東京の古着屋にて税込10,800円でした。ややフリース抜け、毛玉がみられますが、30年前の品として考慮すれば良好です。サイズも大きめ。

さる
さる

アメリカ古着が好きで、「リーバイス」のUSA製デニムは毎日履いています。

セカンドストリートでは「アウトドアブランドを強化買取」することも多く、査定金額には期待していました。またパタゴニアの他にも、リーバイスやノースフェイスの洋服も見積もりしています。

スポンサーリンク
【おすすめの古着買取】セカンドストリートの口コミ評判、レビューまとめ
人気リサイクルショップ「2ndstreet」の、古着やブラン…

パタゴニア「シンチラ スナップT」の査定金額

査定結果がこちら。

さる
さる

まさかの・・・査定金額は0円。

セカンドストリートでは買取不可という残念な結果になりました。

人気ブランドのパタゴニアなのに「なぜ値段がつかないんですか?」「偽物ですか?」と、セカンドストリートの査定スタッフに確認。査定スタッフの話では「偽物の判断ではなく、状態など理由で買取基準に合わなかった」そうです。

セカンドストリートで買取不可となる状態、買取基準

 出典元 2ndstreet
取扱いについて「メンズアイテム」より
https://www.2ndstreet.jp/sell/category/mens/

査定したパタゴニア製フリースの「買取不可」をまとめると次のようになります。

  • 使用感などで状態が悪く、販売が難しい品
  • セカンドストリートの基準に該当しない品
スポンサーリンク

「パタゴニア」でも、状態次第で買取できない

セカンドストリート公式サイトでは、状態について下記のように記載があります。

和服・学校制服・職業制服(看護師など)・ドレス・官給品(自衛隊・警官などの公務員支給制服)など
【使用済】水着・アンダーウェア
たばこ、香水等のニオイが著しく付着しているもの
破れや、虫食い、穴あきがあるもの
脇汚れ、衿汚れ、袖口汚れ、汗シミが著しくあるもの
著しく着用感、使用感のあるもの
カビ臭、カビがあるもの
ブランドタグ、内タグが付いていないもの
サイズ直しが著しく規制サイズと異なるもの
デザインや形状が古いもの

出典元 2ndstreet
取扱いについて「取扱いできない品物」より
https://www.2ndstreet.jp/sell/category/mens/

査定したパタゴニアですが、たしかにパッと見は使用感が強め。30年前の古いものという点で、判断もむずかしい品だったのかもしれませんね。購入当初にはなかった「フリース抜け」も少し出ていたので、虫食い、穴あきに該当してしまった可能性もあります。

パタゴニアの買取基準

ライセンス

世の中には、一部偽物のパタゴニア商品があります。とくに現行の服に目立つのですが、ビンテージ品に関しては「雑なタグ」でなければ心配することはないでしょう。

また、80年代(1980年)90年代(1990年)のビンテージ なら、多くのリサイクルショップで買取ってもらえます。

スポンサーリンク

国内表記タグ

パタゴニア商品の「国内表記タグの基準」についても少し触れておきます。

タグについては別途記事で詳しくまとめていますが、そもそもセカストではパタゴニアが「代理店なしによる買取不可ブランド」に該当しません。

出典元 2ndstreet
「国内代理店表記が無い場合、衣類の買取ができないブランド」より
https://www.2ndstreet.jp/sell/category/mens/

セカンドストリートのスタッフではないため詳しい買取基準はお伝えできませんが、期待をしていただけに残念な結果となりました。店舗によって対応も異なるので、一つの参考にしていただければ嬉しいです。

セカンドストリート3店舗でLEVIS買取比較【評価してもらえる】
「セカンドストリートの店舗ごとで、どれくらい違いがあるのか知…

まとめ

嵩張るダウンジャケット

今回はセカンドストリート店頭買取による、パタゴニアの名作フリース「スナップT」の買取レビューを紹介しました。

業者が買取強化をしている品物、ブランドであっても「状態や基準によって買取不可」となることをあらかじめ理解をしておきましょう。また大型商品の場合は、「LINE査定」「事前確認」を活用してください。

さる
さる

買取不可となったときの体力と時間が無駄になります。

タイトルとURLをコピーしました