【買取レビュー】セカンドストリートでパタゴニアの名作フリースを査定した結果

買取のこと

こんにちは。普段はアメカジ、趣味ではアウトドアブランドを着用するライターSARUです。

最近ではコロナ過でキャンプをする人も増えて、ますます人気が高まっているアウトドアブランド。その中でも「パタゴニア(Patagonia)」は、多くの洋服好きや登山家に人気がありますよね。僕もそれほど数は持っていませんが、レトロやシンチラを所有しています。

そんな中で先日、着用しなくなったパタゴニアの洋服(スナップT)を買取ショップの「セカンドストリート」にて査定してきました!

アウトドアの洋服は、メルカリ、ネットでも相場が高い傾向です。買取に出すとどれくらいの査定額になるのか、気になっている方も多いですよね!

本レビューでは、包み隠さずセカンドストリートの査定金額を公開!ぜひ最後までご覧ください!

スポンサーリンク

【買取レビュー】セカンドストリートでパタゴニアの名作フリースを査定した結果

下記は先日、セカンドストリートの査定に出したパタゴニアの名作「シンチラ  スナップT」です。

(急ぎで撮ったこともあり、写真がすこし荒いです)

現行ではなく、「USA製」のビンテージ品。購入価格は、古着屋にて税込10,800円です。もともとアメリカ古着が好きで、「リーバイス」などのデニムもUSA製を着用します。色は赤色で、フリースに若干の使用感あり。

ですが、年代から考慮すれば「サイズ、状態」ともに良好!

セカンドストリートでは「アウトドアブランドを強化買取」していることが多いため、査定金額には期待していました。

パタゴニアの他には、先ほどのリーバイスやノースフェイスの洋服も査定しています。

パタゴニア「シンチラ スナップT」の査定金額

セカンドストリートによる「パタゴニア スナップT」の査定額がこちら!

なんと査定金額は0円で「買取不可」という結果に。

「パタゴニアなのに、なぜ値段が付かなかったのですか?」「偽物ですか?」と、セカンドストリートの査定スタッフに確認。伺った話によると「偽物ということではなく、状態などで当店の基準に合わなかった」そう。

セカンドストリートで買取不可となる状態、買取基準

 出典元 2ndstreet
取扱いについて「メンズアイテム」より
https://www.2ndstreet.jp/sell/category/mens/

今回、セカンドストリートで査定したパタゴニアのフリースが「買取不可」になった理由は下記になります。

  • 使用感などで状態が悪く、販売が難しい品
  • セカンドストリートの基準に該当しない品

「パタゴニア」でも、状態次第で買取できない

セカンドストリート公式サイトでは、状態について下記のように記載があります。

和服・学校制服・職業制服(看護師など)・ドレス・官給品(自衛隊・警官などの公務員支給制服)など
【使用済】水着・アンダーウェア
たばこ、香水等のニオイが著しく付着しているもの
破れや、虫食い、穴あきがあるもの
脇汚れ、衿汚れ、袖口汚れ、汗シミが著しくあるもの
著しく着用感、使用感のあるもの
カビ臭、カビがあるもの
ブランドタグ、内タグが付いていないもの
サイズ直しが著しく規制サイズと異なるもの
デザインや形状が古いもの

出典元 2ndstreet
取扱いについて「取扱いできない品物」より
https://www.2ndstreet.jp/sell/category/mens/

査定したパタゴニアは、たしかにパッと見で使用感はありました。ただ、30年前の古いものという点で、判断がむずかしい品だったのかもしれません。

また、購入当初にはなかった「フリース抜け」が少しあったので、虫食い、穴あきに該当してしまったのでしょう。

パタゴニアの買取基準

ライセンス

パタゴニアには、一部偽物の商品があります。現行の商品に多いのですが、ビンテージ品に関しては「雑なタグ」でなければ、よほど心配することはないでしょう。また、80年代、90年代(30年〜40年前のビンテージ品)である場合、ほとんどのリサイクルショップなら買取ってもらえます。

国内表記タグ

セカンドストリートによる国内表記タグの基準についても、簡単に解説しておきます。
この国内表記タグについては別途記事で詳しくまとめてますが、そもそもパタゴニアは「代理店なしによる買取不可ブランド」に該当していません。

出典元 2ndstreet
「国内代理店表記が無い場合、衣類の買取ができないブランド」より
https://www.2ndstreet.jp/sell/category/mens/

セカンドストリートのスタッフではないため、詳しい買取基準はわかりません。ですが、期待をしていただけに残念な結果となりました。

セカンドストリートのパタゴニア買取まとめ

嵩張るダウンジャケット

セカンドストリートの店頭買取を利用し、パタゴニアの名作フリース「スナップT」を売ってみた内容をまとめます。
いくらお店が買取強化をしている品物、ブランドであっても、状態などでは買取不可となってしまいます。あらかじめ理解をしておきましょう。

とくに、商品が大きいものは「LINE査定」「事前確認」を活用しておかないと、受付してもらえなかったときに体力と時間が無駄になります。買取規約を確認し、査定に持ち込むようにしてください。

関連記事:セカンドストリートで事前に買取金額を知ることは可能?LINE査定、メール、電話など

タイトルとURLをコピーしました