セカンドストリートで貴金属アクセサリーを買取査定【指輪、ピアスも注意】

買取のこと

当記事の内容セカンドストリートで貴金属を売ってみた内容

査定して分かった、売れる貴金属(ネックレス、ピアス、指輪など)、買取の注意点

「貴金属として扱えない」刻印の種類

セカンドストリートの貴金属買取について、買取結果をもとに詳しくまとめました。「K18」「K14」「プラチナ」「シルバー」など、不要なアクセサリー。リサイクルショップに売りたいと考える方も多いでしょう。でも、どんな刻印なら売れるのか、安く買い叩かれないのか、高級品だけに悩まれますよね。

そんな中、先日セカンドストリートで初めて「貴金属の査定」をしてきました。

さる
さる

普段からアクセサリーをつけないので、両親に頼まれていたネックレスの査定です。そこで、刻印について、買取の注意点など、あらためて理解することができました!

スポンサーリンク

セカンドストリートで貴金属のアクセサリーを買取【指輪、ピアスも注意】

ご家族、ご自身が大切に使われてきた、貴金属(金、プラチナ)のアクセサリー。ここ近年「金相場の上昇」により、リサイクルショップで査定する人も急増しています。株と同じで、いつ暴落するか読めない貴金属を「相場の高いうちに売っておこう」と考えるのは、賢い選択です。

一方で、世の中に出まわる貴金属には「リサイクルショップの査定対象から外される品」があります。厳密にいえば、金にかかわらず「店舗ごとに細かな基準(どんなものを買取するのか)が」存在するんですね。

さる
さる

「見積もり査定すらしてもらえない」だと、無駄足になります。時間を使うのも、買取金額の一つと考えておきましょう。

セカンドストリートで貴金属を買取してみた

人気買取業者「2ndstreet」で貴金属を査定した体験談を、写真つき公開します。下記は、セカンドストリート某店舗へ持ち込んだ、18金(K18)のネックレスです。

冒頭で紹介しましたが、ネックレスは僕の両親から査定を依頼されたもの。「よく行く買取店でいくらになるのか、査定してきてくれない?」と渡されたので、当ブログでもたびたび紹介しているセカンドストリートオフハウスなどに依頼しました。

大蔵省マークこそありませんが、K18と「鮮明に刻印」されているのが確認いただけると思います。チェーンの金具にはもちろん、トップ(先端)にも刻印入りです!
※大蔵省については、後に解説。

セカンドストリートの、貴金属の買取金額

セカンドストリートの、貴金属の査定結果です!

商品名金額
ネックレス基準外のため、買取不可

査定結果は、まさかの買取不可。お店スタッフの話によると、「貴金属(K18)としての買取ができません」とのことでした。

基準外とは?どの買取業者、リサイクルショップにも「どんな作りなら買取するか」「どんな状態なら販売するか」など、あらかじめ設定した販売基準があります。決め事に合わないものは一切売らないため、「基準外」として返却するのが買取の基本です。

参考までに、見積書を用意できないのは下記の理由です。

K18でも、刻印の種類で値段がつかない

セカンドストリートでは「K18」と刻印が入った貴金属でも、今回のように一部の品物は買取不可となります。そして、買取不可となるアクセサリーで最も多いのが「メッキ製品」です。

貴金属ではない種類の「金メッキ」

プラチナ、K18、K14といった貴金属のほかに、表面を金で覆ったもの(コーディング)されたものがあります。それを「金メッキ」「金張」と呼びます。

刻印の種類を、ザッとあげてみました。

よくある「金メッキ」「金張製品」

  • K18GP(GOLD PLATED)
  • K18GF(GOLD FILLED)
  • K18GS(Gold shelled)
  • K18GEP(GOLD ELECTRO PLATED )
  • K18HGE(HARD GOLD ELECTROPLATED)
  • K18GR(GOLD ROLLED)
  • K18RGP(ROLLED GOLD PLATE)

中でも、見かけることが多いのは「K18GF」「K18GP」。このまま、一度お手持ちの指輪やネックレスなどを確認してみてください。一つは見つかるかもしれません。

一覧の刻印の場合はすべて金メッキ製品ですので、貴金属としては買取してもらえません。また、K18を例にしましたが、K10、K14、K24、WG(ホワイトゴールド)も同じです。

「後K刻印」の貴金属は、買取NG?

金製品の中には、「後K」と呼ばれる刻印もあります。後Kとは、数字のあとにアルファベットが刻印されたものです。

後Kの例

  • 10K
  • 14K
  • 18K

写真はこちらで用意した「後K刻印」の貴金属です。刻印はきれいに入っていますが、14Kと彫られています。

Kの後先は、製造国や年代によるもの

「Kが先」か「Kが後か」の違いですが、おもに製造国によるものが多いです。

Kの後先の意味

  • K18と刻印・・・国内で作られたた製品
  • 18Kと刻印・・・海外で製造、購入された製品

リサイクルショップ等では、後Kでは「通常の刻印とは違う」と判断されて、買取できないケースがあります。

後Kは、100%偽物を意味するものではないです。ただし、GFやGPと違って取り扱うショップが少ないということを、あらかじめ理解しておきましょう!

その他、後K刻印を見かける製品

  • サングラス
  • メガネ
  • 腕時計
  • カレッジリング(ビンテージ)
  • タイピン
  • カフス

大蔵省の刻印があれば、金やプラチナで間違いない?

K18やK14の刻印のほかに、造幣局大蔵省マークが入ったものを見かけます。大蔵省の刻印とは、下記の「旗のマーク」です。

造幣局大蔵省は、ホールマークとも言われます。ホールマークが入っているものは、貴金属としての信用度がとても高いのです。ホールマークは14世紀ごろ製造の製品から採用されているため、古い金製品でも見かけることが多いでしょう。

「数字、刻印」の意味は、以下のとおり。

数字、刻印が示すもの

  • 左の「日本国旗マーク」・・・1000
  • 右の「台形内の数字」・・・金の割合

上記の写真では、数字の刻印が「585」でした。計算式は「1000-585=415」となります。さきほどの写真の製品では、半分ほど「別の金属が含まれている」ことが分かります。※K14ほどに該当

さる
さる

計算式を覚える必要はありませんが、ザッと意味を知るだけでも、仕分けすら楽しくなりそうですね!

ホールマークの数字は様々

ほかにも、大蔵省刻印(ホールマーク)はさまざまです。

その他の金、シルバーの数字

  • 純金・・・999
  • K18・・・750
  • シルバー製品・・・950、925

右の数字は、すべて貴金属の割合を意味しているわけですね。造幣局大蔵省の刻印(ホールマーク)によっても、買取基準、買取金額が影響します。これは、どのリサイクルショップでも同じことがいえるでしょう。

さる
さる

単純に断られてたからといって、捨ててしまうのだけは絶対に控えてください!

まとめ

セカンドストリートの貴金属について、体験談をもとに話してきました。今回の査定に出したような、K18刻印の「ネックレス、指輪、ピアス」であれば、買取してもらえる可能性は十分に高いです。断られてしまった理由としては不明ですが、別セカンドストリート 、別業者では、しっかり査定してもらえました。

また、「ブックオフ」で貴金属を査定する場合は注意が必要です。ぜひ少しでも本記事を役立てていただければと思います。

買取サービスの詳細

 

サービス名セカンドストリート / 2ndstreet
取り扱い品目ブランド品、貴金属、腕時計、洋服、靴、バッグ、家具、家電、食器、雑貨、ゲーム、おもちゃ、フィギュア、ベビー用品、スポーツ用品、アウトドア用品、工具など
買取方法店頭買取、宅配買取、出張買取


\【今がチャンス】12/31までは冬物強化買取!

セカンドストリート宅配買取
申し込み手数料・キャンセル料も一切なし

 

タイトルとURLをコピーしました