セカンドストリートの買取価格交渉 | だれでも最低10%アップは狙える?

※当サイト「しゃりうす」は一部アフィリエイト広告を利用しています
買取のこと

リユースショップで不用品を売る際、「買取交渉ができる・できない」を優先したい時もあると思います。買取交渉とは、端的に「キャンペーンやクーポンを使わずに査定金額を上げる」ことです。

査定額を上げる方法を「知らない」「探そうとしない」「やらない」人は、まだまだ多い傾向です。それに、交渉と聞くとなんだか難しく感じますよね。でも実は、誰でもかんたんにチャレンジできる売却術のひとつなんです。

そこで、この記事ではセカンドストリートでも使える買取価格の交渉手順を徹底ガイドします。

こんな人におすすめ
  • リユースショップで、不用品を少しでも高く売却したい
  • 価格交渉がいつもうまくいかず、コツがないか探していた
  • セカンドストリートで高値売却に繋げる裏技が知りたい

実証・経験をした方法だけをご紹介するので、「交渉とは無縁」と決めつけていた方もぜひ本内容を参考に、満足のいく査定につなげてみてください!

スポンサーリンク

セカンドストリートでは「誰でも」買取価格交渉が可能

セカンドストリートは買取における値段交渉も可能です。実際に私も、過去の見積もりで「10回以上」は査定金額を上げていただきました。

ただし、値段交渉して「100%買取金額があがる」という訳ではありません。これから紹介する「3つのポイント」に意識すれば、成功する可能性は高まります。

  1. 交渉のできる品物
  2. 見積もり書の有無
  3. 交渉しやすい日時

「値段交渉できる品物」を売ることが大前提

なんでもかんでも買取交渉できる訳じゃない

最初に理解すべきが「交渉する品物」です。

値段交渉を行うには、そもそも「交渉できる品」であることが大前提です。交渉できる品とは「交渉しやすい品」であり、「とにかく売れるもの」ではない点に注意してください。

たとえば、下記は「価格相談に応じてもらえる」ケースが多い品です。

  • ブランド品(洋服、バッグ、靴)
  • 貴金属(K24・K18・プラチナなど)
  • 家電製品(年式は新しめが◎)
  • 腕時計(可動するもの)
  • セカンドストリートが買取強化する品

価格交渉しやすい品は、ブランドの洋服や鞄、比較的あたらしめの家電製品など。また、セカンドストリートで買取強化する品をチェックするのも効果的です。

対象は「高額メーカー」や「人気商品」だけじゃない

ブランド品や人気商品以外でも買取交渉ができる

「高額ブランドものじゃないと価格交渉できないの?」と気になった方もいるといますよね。セカンドストリートは、ブランド品でなくても交渉可能。たとえば、1000円前後の査定金額でも、交渉の内容しだいでは金額をアップできます。

交渉できるのを知らないと、店員に言われるがまま売ることがほとんどでしょう。仮に知ってても、100円アップのために「面倒」という人も少なくありません。でもそれは、非常にもったいないです。

例えば、「1,000円]」から10%UPすると「1100円」。100円あれば、コンビニの美味しいコーヒーやスイーツが楽しめますよね。

する・しないに関わらず、交渉自体「ただの相談」です。1〜2分の話ですから、ダメ元でも相談してみてください。

他店の「査定見積もり書」をもっていく

他店の見積もり書を持参すると交渉成立に結びやすい

交渉しやすい状況をつくるのも、成功させるテクニックの一つ。その中に「他店の見積書をもっていく」といったやり方があります。

買取は「ライバル店との戦い」でもあるので、他店の見積もりを気にする業者は多いんですね。

ただし、他店の見積もり書を活用する場合、下記の2点をあらかじめ留意しておきましょう。

  1. 同日の査定見積もり書を使う
  2. 見積もり書の発行は買取サービスによる

同日の、査定見積もり書を使う

一つが「見積もり書の日付」です。見積もり書は、当日に発行されたものを使ってください。たとえば、1週間前に別の買取サービスで出してもらった見積もり書だと効力は薄いでしょう。査定した買取サービスが、再度その金額にて買い取るかが明確ではないからです。

基本的に、ほとんどのリサイクルショップの見積もり金額は「当日のみ有効」です。一日でも過ぎると、買取金額の保証はなくなります。

セカンドストリートの見積もり有効期限については、下記で詳しく紹介しているので、合わせてご覧ください。

見積もり書の発行は買取サービスによる

続いてが「買取サービスごとの対応」です。見積もり書の発行は、買取サービス・店舗によって対応が違います。発行しない理由は定かではないですが、理由の一つに「他店に買われたくない」「保証すると勘違いされやすい」ことがあげられます。

もし、見積もり書がもらえない場合はメモを取るようにしてください。メモでなくても、写真撮影が可能なら話は早いです。

査定が「混んでいそうな日」を避ける

査定が混んでいそうなときを避けるのも、効果的な手段の一つです。人が混み合う日だと、お店側は次々と査定をこなさなければいけません。一件ごとの査定に使える時間も限られます。

買取の混雑時は、査定金額の交渉がしづらい

持ち込み買取では「余裕をもたせること」が大切です。

平日の朝、土日は混みやすい

リユースショップでの買取は、平均して「平日の開店直後」「土日」が最も混みやすい傾向です。朝のうちに買取を終わらたい、家族連れのお客さんが数多く利用しているためです。

  • 開店すぐではなく、少し時間をずらしてみる
  • 混み合っている中でも、価格交渉を試みる

など、自分なりのルールを決めてみましょう。混むと交渉しづらいだけであって、「絶対に交渉できない」訳ではないです。

まとめ

今回は、セカンドストリートの買取時に使える値段交渉術についてご紹介しました。

価格相談は誰でも受け付けていますし、金額が高ければ高いほど「高額アップ」も狙えます。基本は「もう少し高くなりませんか?」と一言添えるだけなので、同じ手間と時間を使うならやって損はありませんね。

また、交渉で嫌な顔をされることは少ないですが、長い時間を使うのはおすすめしません。交渉が難しい場合は、「売る」「売らない」をキッパリ決めて次の売却先を検討しましょう。

タイトルとURLをコピーしました