ブランドオフが偽物を「取り扱えない」根拠的2つの事実【口コミ、評判あり】

ウェブサイト購入のこと

ウェブサイト

国内(金沢、銀座など)と海外で60店舗以上、オンラインストアでも販売おこなっているブランドオフ。当初から「中古ブランド店」というイメージが強いだろう。

また、酒類、金券、切手、着物、一部ブランド古着、貴金属、ジュエリーなど、意外に取り扱いも幅も広い。

そんなブランドオフだが、取り扱う商品の「精度」が気になる方もいるのではないだろうか?
この記事では、

「偽物を取り扱うことはないか?」

という点を、元同業という目線からまとめてみた。

買取店に勤務していたとき、一部のリサイクル店では本物偽物の基準が低いと耳にしていた。
ぜひ利用する前には参考にしてほしい。

スポンサーリンク

ブランドオフが偽物を「取り扱えない」根拠的2つの事実【口コミ、評判あり】

まず2つの事実を話す前に、
1点だけ知っていただきたいことがある。

ブランド買取店に「偽物」は、絶対的つきもの

「ブランド品を扱う買取店、じつは偽物も多く取り扱っているのでは?」
と心配される方が多いだろう。

次から次へと日本に輸入してくる「偽物ブランドの数」を考えれば、仕方のないことかもしれない。

とくにハイブランドとして有名な、

  • ルイヴィトン
  • シャネル

においては、コピー品がとても多い。

また、時計で言えば、間違いなくロレックスだろう。査定員時代には、真贋の問い合わせで分かりやすい偽物を持ち込みされていたケースが多くある。

偽物という言葉は、もはやリサイクルショップ、買取店においてつきものといっても過言ではない。国内に偽物が多く持ち込まれる点を追求するつもりもないが、中古品を買うにあたってはお店をしっかり選んでほしい。

ブランド買取店には偽物が売っている?元鑑定士が解説【口コミあり】
この記事から分かること 「偽物の疑いがある商品」を購入した…

偽物を扱う可能性が「極めて低い」理由

さっそく本題に入ろうと思う。
ブランドオフで取り扱うの商品が「本物として信用できるものなのか」という点だ。

リサイクルショップ元社員であった私は、この問題に対して

「偽物を扱うことが、極めて低いお店」

と判断しておく。ここで注目してほしいのは、極めて低いというところ。
偽物の取り扱いについて、2つの考え方を解説していきたい。

AACD(日本流通自主管理協会)への登録

まず一つ目。
ブランドオフが、AACD(日本流通自主管理協会)の加盟店だというところだ。
AACDの詳しい情報は公式サイトを見てもらうのが最も早いが、簡単にいえば

「並行輸入、中古買取で見つかった不正品の再流通阻止、防止、排除」

している団体となる。
AACDについて

活動内容としては、偽物と本物を区別するデータを、

  • 質屋
  • リサイクルショップ
  • ネットショップ

などに提供している。

他にやることが山のようにあるお店の代わりに、ブランドの偽物と本物を分別しましょう。といった感じだ。
それに付随して、ブランドオフもコピーの排除を徹底しておこない、営業するということになる。

ちなみにAACDと提携するには、審査がとても厳しい上に、加入金額も「それなり」する
どこでも誰でも入れる「一般的レベル」ではないということに注目してほしい。

大手も入っている「保険」加入店一覧

AACDが中古買取店において、どれほど大きい存在なのかをまとめておく。
加入店を見ていただければ、一目瞭然のはずだ。

  • コメ兵
  • ゲオ(GEO)
  • ハードオフ・ブックオフ
  • 大黒屋(買収予定だった業者)
  • ドンキホーテ
  • 千趣会
  • ドウシシャ
  • ZOZOUSED

テレビやCM、メディアで多く知られるような大手企業も加盟している。また、ブランドショップや中古店だけでなく、様々なジャンルのお店も受け持つ。

本物と判断できるのは「商標権利者」

2つ目にお伝えしたいのは、商標権利者の話だ。
ブランド品に限ったことではないのだが、

「間違いなく、本物です」
「残念ですが、偽物です」

とお店に言われたことはないだろうか?
本来、お店側は「本物と偽物」という言葉を使ってはいけない。

理由としては、区別をすることができるのは商標権利者のみとなっているからだ。

商標権利者とは

商標権利者とは、そのブランドを作っている会社にあたる。

ルイヴィトンの場合
【LOUIS VUITTON】

シャネルの場合
【CHANEL】

エルメスの場合
【HERMES】

ロレックスの場合
【ROLEX】

その他、エルメス、プラダ、コーチ、ボッテガヴェネタ、サマンサタバサ、ハリーウィンストン、ピアジェ。ブランド品すべてに、同じことが言える。

もし、リサイクルショップ、質屋、インポートショップ、WEBショップなどで

「本物です」

と言われたところで、100%ではということは理解しておこう。
先ほど「極めて低い」ともお伝えしたが、すべては商標権利者が関係するということだ。

AACDは「正規代理店」ではない

また、まれに勘違いされているケースもあるので伝えておきたい。
AACDは、決して正規代理店ではない。

  • 正規品で購入したブランド品、持ち込みされた類似品からデータを収集
  • 自社でマニュアル化し、各ショップや買取業者へ提供、指導(加盟店、加盟会社のみ)

上記が「AACD」基本的な活動となる。

それ以降は、加入しているお店とスタッフが、セミナーや勉強を通して知識をつけていく流れだ。

参考として、ブランドオフの社長は「AACDの代表理事」を務めた経験がある。現在は「株式会社コメ兵」の社長が、取締理事長をつとめている。

ライバル店とはいえ、リサイクル業界全体で排除作業にも目をむけているのだ。

コメ兵、ブランドオフの買取内容を比較【どっちで売れば満足できるのか】
この記事で知れること コメ兵とブランドオフの、...…

まとめ

同意

ブランドオフで、偽物を扱えない理由についてまとめてきた。

なかには、古いバッグということで査定基準外、返品対象となることがある。全てのデータを集めるのは、それだけ困難というわけだ。

1つ言えることは、仮に偽物を売っていた場合「会社のイメージ、運営に大きな損害」を受けていることになる。

真贋においては、まず安心しておけるショップだと言える。
その逆で、

  • 身分がよくわからないリサイクルショップ
  • フリマアプリ

こそ、ブランド品購入には注意しておくべきだ。

BRAND OFF公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました