リサイクルショップでマスクは売れる?購入するのは危険?【転売NG】

生活のこと

当記事の内容

  • リサイクルショップで余ったマスクの買取
  • 中古の「未使用マスク」を購入するリスク

リユース専門ライターの

リサイクルショップでは、買いだめして余ったマスクの買取をしているのか。また、中古で売られてる未使用のマスクにリスクがあるのか、詳しくまとめました!

過去、新型コロナウイルスの影響で「マスク転売」が非常に目立ちました。「メルカリ」では、ダイソーの30枚入りが1500円以上で売られていたことも。そんなフリマアプリ等では出品禁止も進み、マスクの在庫も安定してきました。

そんな中、転売ヤーに買い占めされる前に購入しておいた余ったマスクを、「リサイクルショップでお金にできないだろうか・・・」と悩んでいる方も多いでしょう。たとえ数十円になったとしても、好みでなければ処分するしかありません。

スポンサーリンク

リサイクルショップでマスクは売れる?購入するのは危険?【転売NG】

結論として、リサイクルショップでは市販のマスクも買取していますが、未開封に限ります。一度でもパッケージを開けてしまったものは、どこで購入したマスクであろうと売ることができません。

対象となるマスクの種類

  • ドラッグストア(サンドラッグ、マツモトキヨシ、スギ薬局)の専売マスク
  • 100円ショップ(ダイソー、セリア、キャンドゥ)のオリジナル商品
  • メーカーが直接販売するマスク
  • Amazon、ネット通販の専売品

マスクの買取価格

マスクは「製造するメーカー」「性能」によって、販売価格が異なります。50枚入り398円で売られる綿素材マスクから、1枚100円するウレタン製マスクと様々ですよね。

しかし、買取の場合はあまり性能やメーカーは影響しません。多くの場合は雑貨として査定されることが多いでしょう。

リサイクルショップの査定率目安

  • ノーブランド服(お店がメーカー扱いしない洋服)・・・5%〜10%
  • ブランド服(お店がメーカー扱いする洋服)・・・10%〜50%(状態、商品による)
  • ブランドバッグ(LV、GUCCIなど)・・・10%〜80%(状態、商品による)
  • ブランド時計(ROLEXなど)・・・30%〜80%(状態、商品による)
  • 家具・・・10%〜30%(お店の傾向による)
  • 家電・・・10%〜60%(状態、年式による)
  • 金券・・・80%〜95%
  • 雑貨・・・1%〜10%

リサイクルショップの雑貨の買取は、おおよそ「MAXで一割程度」。100円で売られる商品なら、10円の査定。それ以下の可能性もあります。あらかじめ雑貨の買取を理解をした上で、リサイクルショップの査定を検討しましょう!

リサイクルショップの「新品マスク」の販売

リサイクルショップの中には、買取したもの以外に「仕入れ商品」を販売するお店もあります。仕入れといえば、一般的に下記のものが中心です。

リサイクルショップで仕入れ販売されている商品

  • 家電
  • 量販家具
  • 生活雑貨
  • 食品

新型コロナウイルスに伴って、同様にマスクの仕入れ販売が始まったのです。

トレジャーファクトリーでマスクの販売

全国にお店を持つ人気リサイクルショップ「トレジャーファクトリー」では、過去に新品マスクの販売をおこなっていました。

参照:トレジャーファクトリー公式サイト https://www.treasure-f.com/shop/409/topics/68045/

店舗によっては、現在もコロナウイルス対策としてマスクを販売している可能性があります。気になる方は「トレジャーファクトリーの公式ブログ」をチェックするか、店舗へ直接確認してみましょう!

セカンドストリートでマスクの販売

テレビなどでも度々紹介されている「セカンドストリート」も、仕入れをおこなうリサイクルショップです。一部店舗では「雑貨や調理器具」の新品販売をおこないます。

最寄り店舗ではマスクを販売していませんでしたが、ツイッターでは続々と投稿されています。

ブックオフでマスクの販売

ブックオフは商品の数も豊富なのですが、仕入れする店舗をあまり見たことがありませんよね。残念ながら、ブックオフはもともと仕入れをおこなっていない様子。査定ついでに新品マスクを購入するのは難しそうですね。

ただし、雑貨などの買取品から掘り出し物が見つかることもあるので、時間がある方はチェックしてみましょう。

オフハウスでマスクの販売

オフハウスでも同様に新品の仕入れをしていませんが、ブックオフ同様に雑貨が多いです。そのため、買取品では見つけられる可能性が十分にあります。

東海地方ならキンブルがおすすめ

キンブルは、東海地方を中心とするリサイクルショップです。僕は東海在住ではありませんが、地方にお住まいなら聞いたことある方も多いのでは?

参照:キンブル公式サイト https://kimble.co.jp/store/

新品の雑貨、食品、中古品を扱う大型ディスカウントショップで、仕入れマスクも販売しています。30枚65円、50枚で88円と価格も激安!キンブルみよしお買い物ブログで紹介されていました。

一時はコロナウイルス感染に伴って「品薄状態」となりましたが、現在では定期的な仕入れがおこなわれているようです!近くに寄った際は、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

リサイクルショップでマスクを買う、危険リスク

ここまで、マスクの「買取」「仕入れ販売」についてまとめてきました。中には、リサイクルショップが販売するマスクに「危険性」はあるのか、気になっている方もいるかと思います。

特別な危険リスクはない

結論からいえば、リサイクルショップだから特別に危険ということはありません。「感染者に触られているかも?」と思うかもしれませんが、インターネットや薬局での購入も同じです。新品状態であれば、異なるのは「販売されている金額」だけ。

節約のために少しでも安く購入するなら、リサイクルショップに足を運ぶのも賢い選択と言えます。

買取されたマスクは「危険性」あり

先ほどブックオフやセカンドストリートを例に、買取されたマスクを紹介しましたよね。じつは新品仕入れとは別で、買取品マスクの購入は避けておきたいところ。

その理由は、

  • いつ販売されたマスクか明確でない
  • 新品よりも、はるかに危険性が増す

といった2点が考えられるためです。

買取品というのは、売ったお客さんが中身を一度あけている可能性があります。箱はともかく「中身」まで触れているものを、できれば使いたくありません。

まとめ

リサイクルショップというのは、各地域のいたるところにあります。ここでは人気店を中心に紹介しているが、小規模のお店でも仕入れをおこなっているところはあるでしょう。

また、

  • ダイソー
  • 薬局

で売られているマスクを「メルカリ、ヤフオク」で購入するのは、断じてオススメしません。有名なドラッグストアの楽天市場店を活用したほうがよいです。感染リスクを減らすという理由もあるが、多少高くてもショップのほうが安心できます。

タイトルとURLをコピーしました