即使える!リサイクルショップで値上げ交渉を成功させる3つのポイント

買取のこと

さるです。

少しでも高く買取してほしい思いから、今すぐに使える値上げ交渉のテクニックを「3つ」紹介。

突然ですが、読者さんにお聞きします。
リサイクルショップの買取をするとき、提示された金額「そのまま」で売ったりしてませんか?

もしそうであれば、今すぐやめてください。非常にもったいないことをしています!
商品によっては3000円以上の買取アップ交渉も、可能だということを知っておいてください。

僕は元査定員であると同時に、リサイクルショップに何度も通っています。そのため、スタッフの接客心理はある程度、理解しています。

有料級な内容のため、ぜひ最後まで目を通してみてくださいね。

スポンサーリンク

リサイクルショップで値上げ交渉を成功させる3つのポイント

さっそく、3つのポイントを解説。
「難易度の低い交渉術」から紹介していきますね。

お客側として、フレンドリーに接する

店員さんとフレンドリーに接するのは、基本中の基本。
買取するにあたり、印象はとても重要です。

これは利用する側(お客)が「スタッフの態度に対して感じること」と、全く同じこと。
経験をしたことありませんか?イライラさせる接客。

  • わざとでもない。
  • そういう人だ。

割り切ってはいるものの、やっぱり嫌ですよね。
「客観的になってみよう」ということです。

どんな店員さんであろうと、まず持ち込み時点の印象を良く必要があるんですね。
その上で、買取金額に折り合いがつかない場合に交渉をしてみる。

ほとんどのリサイクルショップは、最初から「上限の買取金額」を提示することはありません。
価格交渉はだれでも無料でできるため、

「しないだけ損をしている」

という意味なんですよね。

また、専用スタッフがいるか聞いてみるのも効果的。
たとえば、

  • 男性ものの服を売りたいのであれば「メンズ衣料担当」
  • ブランド品の鞄を売りたいのであれば「ブランド品、ジュエリー担当」

となります。

店員さんといかにうまく付き合うかで、買取金額が「数千から数万ほど」変わります。
まずは基本を抑えておいてください。

お約束ワード「まとめて売るから」

買取交渉には、お約束ワードをぜひ使ってください!

内容にもよりますが、持ち込みされた商品は「すべて買取しておきたい」のが、リサイクルショップの心理。
その理由は、「買取で持ち込まれたもの全体」で利益を取りたいから。
品物が多ければ多いほど、利益も売れる確率もあがりますよね。

「まとめて売るから高くしてよ!」という言葉は、値段交渉をするうえで、もはや定番ワード。
何を言えばいいのか迷ったら、とりあえず使ってください。

ノンブランドだけ売るのはNG

ノンブランドだけを売る人は、値上げ交渉がうまくいかないこともあります。
(ユニクロとかジーユーのこと)

というのも、お店には買取データがずっと残ります。
「今までに読者さんが何を売っているのか、一目瞭然」なんですね。

たとえば「リサイクルショップは買取が安いため、ノンブランドしか売らない」といった場合。

安すぎてやめたい!という気持ちはよくわかります。
ですが、値上げ交渉を少しでも成功させたい場合、「数回に一度は、ブランド品も売る」ようにしてくださいね。

ブランド品といっても、高価なものでなくても構わないです。
それに、どのお店も査定だけなら無料でできます。

時間がとれそうなときは、ぜひ試してみてください。
※宅配買取の場合はこちら

比較する為に、一旦持ち替える

3つ目が、「一旦持ち帰る」です。

他店との比較については少し手間もかかりますが、やる価値は十分にあります。
ただしこれは、リサイクルショップが集中している地域に限ります。

もしそうでない方は、読み飛ばしてください。

比較の手順としては、まず1件目に持ち込みをします。
お店は、仮として「セカンドストリート」にしておきましょう。

価格に納得ができなければ、「これ以上はあがりませんか?」と伝えます。
ここでも、1つ目のフレンドリー感が重要。忘れずに!

1円すら交渉が難しそうであれば、一旦持ち帰りましょう。
そして、肝心なのはここからです。

次のショップに買取依頼します。
店舗は、トレジャーファクトリー。

注意してほしいのが、他店で見積もりしたことを事前に伝えないこと!
見積もりしたことを明かすのは、「自分の思った金額にならなかったとき」。

つまり、最初からセカンドストリートよりも買取金額が高かった場合は、交渉は難しくなるというわけですね。
簡潔にいえば、保険のようなもの。

比較を使った交渉術は、それなりに時間も使うわりには、「成功までの難易度が高め」といえます。

他店より高くても値段交渉はしておく

もし他店と比較して、すでに金額が上回っていた場合でも、

  • 商品
  • お店

によっては交渉も可能です。
とくに、利用するお店が「押しているもの」は、確率が高め。

たとえば、洋服やバッグなどで強化買取ブランドになっているものは、お店が多少でも無理して買い取りたいもの。
また、ここではファッション関係であげていますが、

  • iPhone
  • 家電
  • 家具
  • 楽器
  • 釣具

と、どんな品物にも当てはめられます。
冒頭付近でも言いましたが、初めから上限金額を提示するお店は少ないです。
交渉は誰でもタダでできますので、無駄だとは思わず、ぜひ一度チャレンジしてみてください。

リサイクルショップで、やってはいけない交渉術

3つの交渉術をお伝えしましたが、ここから「交渉でやってはいけない2つのこと」を紹介します。

威圧的な態度で交渉する

クレームは別として、買取のときに威圧的な態度を取るのは「マイナス」でしかありません。

リサイクルショップで査定員をしていたときの話をします。
当時、とても威圧的な態度を取られる女性のお客さんがいました。

僕自身はなんとも思ってませんでしたが、会社(お店)の判断でその人の価格交渉は一切禁止となったんですね。

ブランド品を多数もってきていたお客さんだったので、非常にもったいないことをしたと思います。
それきり交渉はしていないのですが、買取自体が止まることはありませんでした。

このように買取交渉の一部は、スタッフ個人ではなく「会社」「店主」で決めることもあります。
場合によっては出入り禁止ともなりますので、十分に注意してくださいね。

最初から、希望額を大きく超えていた

買取に出した結果、

「あらかじめ希望をしていた査定金額よりも、ずいぶん高かった」

という経験はないですか?
もしそうであった場合、交渉をせずに素直に売るのも一つ。
お店とのいい関係を築くきっかけにもなりますよね。

  • 初めから上限の査定金額を出さない
  • 足元を見られている場合がある

とお伝えはしましたが、そうでないお店も多いです。

iphone、デジタル家電、ゲームといった品物に多いのですが、すべての買取に交渉するのはオススメしません。
金額に折り合いがつかない場合のみ、相談するようにしたいですね。

まとめ

値段交渉は、それほど難しいものでもありません。
何度もいいますが、タダでできます。

ただし、ここまで紹介した交渉術は、実際にすべてのお店で使えるわけではありません。
中にはもちろん、査定金額に厳しいお店もあります。

その場合は、潔くあきらめて、別の買取方法を検討してくださいね。
長い時間、交渉に時間をつかってしまうのは、コスパ的にも悪いです。

また、態度が悪いお店は最初から利用を控えましょう。
ものを売っただけなのに、意外とストレスを抱えてしまうことも多いです。

買取のこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク
OSARUをフォローする
しゃりうす
タイトルとURLをコピーしました