ハードオフやオフハウスでコタツは売れる?処分も解説【冬の断捨離】

買取のこと
本記事はこんな悩みを解決します
  • ハードオフ(オフハウス )では、炬燵こたつも買い取ってくれるの?
  • ハードオフで取り扱いできる家電の年数を知りたい
  • 値段のつかないコタツは引き取り処分してほしい

昨年から、こたつなし生活をしているです。

さる
さる

ただでさえ部屋が狭いので、家具1つ減らすだけでもう快適!

当記事では、ハードオフのこたつ買取について解説!

押入れ、物置に「ほこりのかぶった長年使っていないコタツ」を眠らせている方も多いのでは?意外と重さがあり、かつ「スペースを取りやすい」こたつですが、わざわざフリマアプリで売るのも大変ですよね。梱包などに手間がかかることから、大型の品はリサイクルショップでの処分するのがまだまだ一般的。

今回はコタツ本体の買取に加えて、こたつ関連商品の取り扱いから、売れる家電の年数までご紹介。「近所のハードオフ、オフハウスでコタツが売れるか調べていた」「家具1点でも出張買取を利用できるのか知りたい」という方は、ぜひ本内容を活用してくださいね!

スポンサーリンク

「冬の断捨離」で処分高まるコタツ ハードオフで売ることは可能?

結論からいうと、ハードオフなら中古のコタツも買取ってくれます。実際に売り場にてこたつの販売が確認できました!

コタツが売れる店舗は「オフハウス 」

コタツは生活家電、もしくは家具での扱いです。基本的には生活用品を中心に取り扱いする「オフハウス」での買取です。間違ってハードオフだけの店舗へ持ち込まないよう注意しましょう!

下記は、そのほかオフハウスで売れる生活家電です。

その他、生活家電

  • 調理家電全般
  • ファンヒーター
  • 扇風機
  • タワーファン
  • 加湿器、など

ハードオフ店舗ではコタツは売れない?

地域によっては「家の近くにハードオフしかない」場合もあると思います。ハードオフのみの店舗がコタツを取り扱いしないわけではありません。一部のタイプであれば、値段をつけて引き取ってくれる可能性も!

ハードオフで取り扱いできるコタツ、関連商品

  • 一人用コタツ(参考は山善のコタツ)
  • ヒーターユニット
  • コントローラー

コタツ、関連商品の取り扱いは、ハードオフ店舗ごとで異なります。持ち込み前に、電話もしくは来店して確認しておくとスムーズですね!

ハードオフの店舗を調べる

ハードオフでコタツを売る方法

ハードオフでコタツを売る方法は、大きく分けて2つです。

店舗買取で売る

店頭買取は、車などで売りたい品を直接店舗に持ち込み、スタッフ(査定員)がその場で見積もりをおこないます。取り扱いできるかどうかは、次の「買取基準」によって決まります。

買取可能、買取不可の基準

  • 傷、汚れなどの状態
  • 最低限必要な付属の有無
  • 製造年数が新しいor古い
さる
さる

コタツは積み下ろしが大変。いきなり買取カウンターに持ちこまず、査定員の方に車内まで見にきてもらうのがオススメ!

出張買取で売る

出張買取は、店舗まで持ち込むことが難しい場合に利用できる査定サービスです。おもな対象品目は、大型の家具、家電など。

売りたい品が洋服や雑貨のみだと、ハードオフやオフハウスの出張買取を利用することはできません。日時などは、店舗もしくは電話にて受付します。

また、ハードオフには宅配買取はありません。独自サービスの「オファー査定」もありますが、ガジェット、小物家電、ブランド品のみの取り扱いです。

ハードオフ(オフハウス)で売れる家電の年数

家電を売るなら「製造年数」はとても重要です。各家電製品には、その製品が「いつ作られたのか」が分かるよう、本体のどこかに製造年数が記載されています。

そして、ハードオフやオフハウスでは製造年数によっても買取できるかが決まります。今回のコタツにも、本体・コードに製造年数が記載されています。

無駄足を回避するためにも、かならず持ち込み前にチェックしておきましょう!

年数が古いコタツの引き取り

ハードオフでは、値段のつかない「一部の家電製品」を引き取ってくれる場合があります。

さる
さる

過去に、プリンター・マウス・キーボード・マイクを無料引取していただきました!

ただし今回のコタツに関しては「処分が難しい」ことから、いかなる場合も引き取りできません。値段がつかないコタツは、すべて持ち帰りとなります。

【保存版】オフハウスの口コミ評判、注意点、買取レビューまとめ
総合リサイクルショップ「オフハウス」の、買取レビュー、利用する上での注意点、口コミ評判をまとめています。 オフハウスで品物を売ろうか迷っている方は、ぜひ本記事を活用してください!

コタツ関連商品の処分引き取り

前述しましたが、コタツには「コード類」「ヒーター」など大型でない商品もあります。しかし、ハードオフやオフハウスでは「再利用可能な、引き取りできるもの」があらかじめ決められています。

大きい小さいにかかわらず、「値段の付かないコタツ関連商品の引き取り」もおこなわないので注意しましょう。

こたつ布団の買取

コタツと一緒に、敷布団、掛布団、カーペットを売りたい場合もありますよね。オフハウスなら「未使用の場合のみ」布団類を買取します。未使用判断の多くは、以下によって決められます。

未使用かどうかの判断ポイント

  • タグがついているか
  • 元箱があるか
  • ビニールに覆いかぶさっているか

シミがダメージがあるなど「状態によって」引き取りできない場合もあります。どの程度まで買い取ってもらえるのかは、店頭スタッフに尋ねてみましょう!

さる
さる

店内で販売している商品を確認するのも一つ。

まとめ

ハードオフ、オフハウスのコタツ買取について話してきました。

大型商品となるコタツは、売るまでに少々手間がかかります。まずは売れる年式なのか確認しましょう。取り扱い年数なら、ハードオフではなくオフハウスで査定してください。売られる品量、コタツの年数や品物によっては出張買取を申し込むこともできます。

またハードオフグループの各店舗では、コタツ本体・周辺機器の引き取り処分はしていません。明らかに状態の悪いもの、年数が古いものは「資源ゴミ」で処分したほうがスムーズですね。参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました