セカンドストリートの出張買取で売れるものは家具だけ?服は対象外?【手順も紹介】

※当サイト「しゃりうす」は一部アフィリエイト広告を利用しています
セカンドストリート出張買取サービスで売れるものは何?予約方法から注意点も解説買取のこと

出張買取は、専門スタッフが自宅や会社などの指定場所に訪問し、その場で査定・引き取りする買取方法。人気買取サービスの「セカンドストリート(2ndstreet)」では、出張買取も利用できます。

一方で、

・出張買取で売れるものって何?
・家具や家電ならすべて対象なの?

・ブランドの服やバッグは一緒に売れる?、など

取り扱い品目について悩む方も少なくないと思います。

そこで、この記事ではセカンドストリートの出張買取で売れるものを詳しく徹底解説!出張買取サービスの申し込みの手順・注意点も紹介するので、出張買取が初めてという方もぜひご覧ください。

スポンサーリンク

セカンドストリート出張買取で売れるのは家具と家電のみ

セカンドストリートの出張買取サービスでは、「家具」と「家電」のみの取り扱いです。衣料品やブランド品といったほかの種類の品目は、基本的に店頭買取や宅配買取でしか売れません。

出張買取で売れる家具

出張買取では、大型家具が主に取り扱われます。例えば、ダイニングテーブル、ソファ(ソファベッド含む)、食器棚、テレビ台、本棚などが挙げられます。

ただし、コタツやプラケースなど一部の家具は査定を断られる場合もありますので、事前に確認が必要です。

出張買取で売れる家電

家電の場合、デジタル家電や生活家電が対象となります。大型テレビ、洗濯機、冷蔵庫、電子レンジ、掃除機などが該当します。

ただし、最新機種や状態が悪い場合は買取が難しいこともあります。

家具と家電があれば、服も一緒に売れる?

家具や家電と一緒に服を売りたい場合、基本的には買取対象外となります。しかし、一部店舗では口コミでベビーカーやベビーゲートなどのベビー用品が受け付けられた例もあるようです。

さる
さる

詳細は、各店舗に問い合わせましょう。

売れない家具や家電は引き取りできない

出張買取では、買取できない家具や家電については引き取りを行いません。このような場合は、自治体の粗大ごみ処分などの方法を検討する必要があります。

売れないデジタル家電を少しでもお金にしたい場合は、ハードオフを検討するのも一つです。ハードオフは「ジャンク品(不具合のある家電)」も取り扱います。セカンドストリートで買取拒否だった家電が、思わぬ金額で売れるかもしれません。

セカンドストリート出張買取の申し込み手順

出張買取を利用する際の手順は以下の通りです。

店舗または電話で予約する

出張買取を希望する場合は、セカンドストリートの店舗に直接足を運ぶか、電話で予約を行います。出張買取は完全予約制であり、人気がありますので、早めの予約がおすすめです。

また、予約が混雑している場合もあるため、余裕を持って手配しましょう。

申し込み日時まで待つ

予約した日時まで待機します。指定した日時に指定した場所にいることが重要です。遅刻や不在だと、次回の予約が難しくなる可能性があるため、時間に余裕を持って待機しましょう。

査定に納得したら、サインして現金受け取り

出張買取スタッフが到着し、商品の査定を行います。査定額に納得したら、買取契約書にサインし、現金を受け取ります。大型品の場合は、スタッフが適切に搬出してくれます。

さる
さる

査定金額に不満がある場合は、交渉することも可能!

交渉したい方は、あらかじめコツや注意点を理解しておくのがおすすめ。

出張費やキャンセル料はかからない

出張買取の際には、出張費やキャンセル料は一切かかりません。出張買取を利用する際には、気軽に申し込みができることが魅力的です。

セカンドストリート出張買取を利用する上での注意点

セカンドストリートの出張買取を利用する際には、以下の点に十分な注意が必要です。

出張買取は品物による

セカンドストリートの出張買取では、買取が受け付けられる家具や家電は商品によって異なります。

例えば、大型の家具や家電は比較的買取が容易ですが、状態やブランドによって査定額が変動します。

さる
さる

逆に、古くて傷がある家具や動作しない家電は買取が難しい場合も。

そのため、事前に各店舗でのヒアリングや確認が重要です。

具体的には、店舗に問い合わせて取り扱い商品や買取条件を確認し、自分の商品が買取可能かどうかを把握することが必要です。

搬出できないと買取不可

セカンドストリートの出張買取では、商品の搬出が難しい場合は買取が行われないことがあります。例えば、狭い階段や入り口がある場合、大型の家具を運び出すことができないかもしれません。

さる
さる

無理に家具を運び出すと、商品や壁に損傷を与える可能性あり!

そのため、事前に搬出経路や家具のサイズを確認し、搬出が可能かどうかをチェックすることが重要。

買取スタッフに適切なアドバイスを求めることも大切です。

壁に傷がついても補償されない場合あり

セカンドストリートの出張買取サービスでは、商品の搬出時に壁などに傷がついても補償されない場合があります。特に新築やリフォームしたばかりの場合は、傷ついた壁の修復に追加費用がかかる可能性があります。

出張買取を利用する際は、搬出経路や壁の状態について事前に確認し、必要に応じて保護シートなどを利用して慎重に作業することが重要です。

まとめ

セカンドストリート出張買取サービスで売れるものを詳しく紹介しました。

  • 出張買取で取り扱う品目は、基本的に「家具」と「家電」のみで、他の種類の商品は店頭買取や宅配買取でのみ査定可能
  • 家具に関してはおもに「大型家具」が買取対象で、ベッドフレームやダイニングテーブル、ソファなどが含まれる
  • 家電に関しては「大型のデジタル家電や生活家電」が買取対象で、テレビや洗濯機、冷蔵庫などが含まれる

以上のポイントを押さえて、セカンドストリートの出張買取サービスを利用する際には、家具や家電の状態や種類を事前に確認し、スムーズな取引を心がけましょう。

タイトルとURLをコピーしました